2017年9月18日 (月)

小説という言語表現物

私は小説というものが好きでないし、自分が小説を好きでないこと自体に対しても、さほど関心がないのだけど、このブログの前回で他者不在==自家化という視点を示したので、その視点の補足として取り上げる意味があるかもしれない。

小説は、言葉の自家化の典型的な営みのひとつであるが、しかも同一のテクストが、ある種の病原菌のように複数者に広まり、かつ、その複数者の各個の孤散の状態は、小説がある前と、あるときと、あったあとで、まったく変わらない。小説は、言葉の孤独な消費、孤独な自家化営為、言葉の自慰行為である。

したがって小説というディスクール・エコシステムは、その総体が、コミュニケーションにとって犯罪的である。ものによっては(人数的に)相当大規模なエコシステムでありながら、どんなに大きくても小さくても、そこにはコミュニケーションがゼロである。

そこに100%あるものは、脳天気な自家化のオンパレード。“言葉の自慰的大ドラッグ・パーティー”と書きたいところだが、パーティーにはコミュニケーションのコの字ぐらいはあるので、パーティーという語は、小説という汚穢な社会現象&&言語現象を言い表すのにはふさわしくない。

それは完全に無コミュニケーションで、コミュニケーションの“幻想”やそれに向けてのメッセージ性、アジテーションすらないから、小説はロック音楽などに代表される現代アートの仲間入りをすることがない。

恣意的な自家化が(恣意的でない自家化は言語矛盾だが)、作者→登場人物→読者という階層の上で拡散増幅する。それで、みんな、大満足している。おのれの為した自家化に。なんたる不衛生な消費者現象!!

小説という、不真面目な、不真剣な、言語使用形態を抹殺しよう。神の自家化(宗教)が、唯一絶対神の複数化という、むちゃくちゃな論理状態を招来するように、言語の自家化は長年の人類の孤散状態を放置し、肯定する。言語の自家化という犯罪的行為は、孤独な、そして矮小な、孤散した自己満足の集まりだけを作り出す。

小説家を、自治体の長など、重要な政治家にしてはならない。もう遅いが。

ノーベル文学賞は廃止し、21世紀とその後の世界にふさわしい、「孤散的自慰的==自家化的アートを破壊する新しい形式のアートや表現や議論に与える賞」を新設せよ。ノーベルの意図が、より良き人類の未来にあるのなら。…これはあくまでも、暗喩的説明的パラグラフにすぎないが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

他者不在とは何か

他者不在は、このコミュニケーション学/コミュニケーション理論の(おそらく人類初の)試行的スケッチにおける、最重要な概念のひとつだ。

この言葉を見て、なんだこりゃ?と思う人も多い、と思うから、ちょっと解説しておこう。

他者不在とは、人間の認識構造の中に他者がないことである。

何千年何万年にわたって、コミュニケーション不能を基本資質としてきた人類は、本当はコミュニケーション努力をすべき他者を、何でもかんでも「自家化」してきた。

神(絶対者、超越者)も宇宙も自然も、動物も植物も、そこらの他人も、そして自分自身も。

たとえば神を自家化する行為が宗教である。宗教は往々にして最上位の支配的規律だから、宗教は他者不在構造のトップに位置する。神は唯一絶対神であるはずなのに、宗教の数だけ神がいて、しかもそれら(==複数神)がすべて、各宗教の信者にとっては唯一絶対神だから、ここにはものすごい論理的錯誤(ルビ:むちゃくちゃ)があり、しかも彼らはそのことに気づかない。

みんな唯一絶対神を仰ぐわけだから、みんな仲良くすればよいのに、宗教を異(こと)にする共同体同士は、喧嘩(戦争)ばかりしている。宗教は神という他者への大々々失礼だから、早急に全廃すべきである。

他者不在はその唯一の他者を他者として認めることができず、複数の自家化された「元他者」を作り出す。

宇宙は他者としてリスペクトされていないから、今人類はそこをゴミ屋敷にしつつあるし、他の惑星などを平気で勝手に自分のコロニー(植民地)にする気だ。

一部の珍しい動物が自家化されたものを、動物園と呼ぶ。動物園は明らかに動物虐待だから、絶対に廃止すべきである。

他者の自家化は、いちばん分かりやすい例が、子どもの進路を自分で決めてしまう教育パパママだが、そんな“他者を勝手に操作する”の例は、家庭、学校、会社など至るところにたくさんありすぎる。独裁者〜独裁政権は、自家化に逆らう他人を排除拘束抹殺してきた、いや、している。

自然の自家化は、自然という他者からの厳しい復讐を受けることが多い。アフリカという、何万年もの人類居住の歴史があるところに、なんで今頃急に、おかしなウィルス病が発生蔓延してきたのかというと、その原因は某大国による原始林等の大規模乱開発だ。先祖伝来、荒らすことを禁じられていた原始林の資源略奪は、貨幣制度の強力な支配によって生じた、原住民たちのやむを得ない行為だった可能性もある。

他者不在の起源は、コミュニケーションという意思や努力のないところでは、他者は単なる恐怖と不安のかたまりだから、それらを大急ぎで自家化してしまうのである。

そして、偽り(いつわり)の安心(あんじん)を手に入れて、気持ちが落ち着く。他者は、永遠に疎外されっぱなしになる。

そして他人〜他共同体とは、互いに相手とのコミュニケーションではなく、有価財(のちの貨幣)の等価交換で関係の安定を維持しようとする。

このノン・コミュニケーション状況が、今や全世界全人類を支配しつつある。それこそが、テロをはじめ新しいタイプの犯罪の温床だ。

(この稿、今後更新あり)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

存在という貧困な誤謬、動物番組よ死ね

「存在」というものはない、あるのはさまざまな「関係性」のみだ、ということは私はかなり前から言って(書いて)いるけど、まだまだそれは世界の常識になっていない。むしろ至るところで、錯覚と誤謬の「存在」、その頑(かたく)なな、虚しい、強硬な頑張りが見られる。私は3歳で運良く戦場(不正な被植民国)から帰還したが、今や毎日のように多量の子どもたちが殺され、女性が虐待されている。存在の固着、同士の衝突。単純にいうと、馬鹿。

関係性は、固着したらそれは存在(==誤謬、錯覚)になってしまうので、真の関係性は、時間という流れる体液を必要とする。その体液は生成という名の変化をつねに誘発する。関係性は、関係性という存在ではなく、それ自身も関係性にさらされている。だから、トランプと彼の支持者は間違っているだけでなく、アメリカ自身を死に追いやりつつある。関係性のその動態性の拒否によって。アメリカの存在視、という誤謬。

よく知られているように、Steve Jobsはシリア移民の子である。

私はテレビの動物番組(飼養動物、野生動物両方)が大嫌いで、番組に対し殺意すら感じるのは、動物をていよく存在視しているからだ。すなわち、自由勝手に見物できるオブジェクトである。そこが、腹立つ。

すべての動物番組は、間違った動物観を広める。

大量の金と機材と人と時間を投ずるのだから、動物とのあいだに、なにかリアルな関係性を築けるだろうが。ただ見物する(==撮影する)だけでなく。良い「仲」を築くためにリソースを投じてみろ。そしたら、たまに見てやってもいいや。言い換えると、他者とのあいだで、『本物の苦労』をしろ。この、くそったれども!!


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

「自己も他者である」のひとつの視点・言い方

地球上の生命〜生物というやつは、ものすご、複雑不可解である。そもそも、動物/植物の二分制というやつも、その設計動機や必然的意味がよーわからんし、そればかりか、種(種類)もめちゃめちゃ多い。

ほんで一挙に「自己」というところまで話がストーンと落ちてくると、これがまた一匹の生物として複雑不可解のかたまりである。摂食、排泄、呼吸などの生命機能の仕組み。それに関わる臓器や器官もまた、気持ち悪いという形容詞すらふさわしいぐらいに、怪奇である。まあ、触ったりいじったりできるのは、医師のような専門的知識技能のある者が、かろうじてできるぐらいのもんや。こんなぐにゅぐにゅびしょびしょしたもん、さわりとうないわ。

そして複雑怪奇の極みでありながら、植物も含めて生物は意外と弱い。簡単に病気、怪我、障害、死の状態になってしまう。まことに、もろい。

言いたいのは、この複雑怪奇は、わしが設計したもんでも、わしが望んだもんでもない、っちゅうことや。誰に頼んだわけでもないのに、事前事後に説明もなく、ただ、こういう、ややこしい、弱いもんとして今日あたりもまあまあ、生かされておる、ちゅうだけのことや。なんや、これ? この自己っていうやつは?

わからんまま生きて、わからんまま死ぬ。一個の、よーわからん不可解な他者として。その前も、その後(あと)も、わからんままや。

勝手に生を受け、勝手に死を受ける。知らんがな、そんなもん、わては。

というわけで、自己というこのわけわからんけったいなもんも、100%、不可解な他者であるにすぎない。

まあ、できるだけ頑張って生きておる、という仮の自己納得があるだけである。

どの自己もどの自己も、まずその自己自身にすら、不可解な存在にすぎない。生誕も死も、自分のコントロール下にはない。

自己は、なによりもまず、けったいな他者である。

この生の種(たね)を蒔いた者も、最後に刈り取る者も、私ではない。私自身は、何も知らず、何も分らず、ただ生まれ、生かされ、終わらされるだけである。

その存在(とその終わり)の一部始終、わしに自身にまったく責任がないぶん、楽でもあるが。

…、勝手にしてくれ。知らんわ。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今本当に必要なことに気づく視野はオトコには無理

あんなところに原発、も、あんなところを檜の放置林だらけ、などなども、すべて、どこにも美のないことを特徴とするオトコという生き物の無学視野狭窄の産物である。自己利益をベースとする、超ローカルな浅い判断しかできない。落とされずにすんだはずの原爆を、ずるずるしてて二発も落とされたのは、責任は日本のオトコ指導者たちにある。目先の自己利益で、視野が狭く浅い。まわりに死屍累々多大なる犠牲者を作り出し、そして平気だ。

今度は彼らは、高校無償化という黴の生えた古い図面を今ごろ持ちだして、もっともらしく何か言っている。

古い図面ではなく、今と未来に必要なことを考えよう。

それは、義務教育無償を前提として、義務教育の期間を今の倍にすることである。

アメリカのテクノロジー業界のエリートなどが言っている、高等教育無償化では、実は足りない(移民法の緩和に期待するしかない)。テクノロジー業界自身にとって足りないのだから、全社会的にはまるっきり全然足りない。

重要なのは、これまで高等々々と言ってきたものが、今および未来、高等でも何でもなくて「ふつう」&「必須」になることだ。昨日まで高等教育と言ってきたものはすべて、今日および明日以降、万人のふつうの教育になる※。

今および今後の社会や企業などが必要とする労働は、70年前に決まった9年制義務教育では担保できないし、高校の3年間も不十分である。

ふつうのものは、すべからく、義務教育でカバーすべきである。

原爆のときと同じく、これをやんないでえんえんと、ぐずぐずしている国は、たちまち、世界の最下等国になる。間違いない。

少数の一部の技術エリートだけが偉くたって、そんなのは何にも貢献しない。みんなの、全員の、『学』のレベルが上がることが、ものすごく重要である。

しかし、オトコは本当に重要なことに気づかない下等動物だから、何を言ってもだめかもしれない。でもそのとき、救命ボートはどこにもないだろう。

自民党の女性議員たちとは違って、あらゆる意味できれいな、女性がリーダーシップを執るべきだな★。その中に、脱オトコを実践した生物学的雄がいるのは、かまわない。

★フクシマを視察して、「あ、こりゃ、原発ってダメだな」と一発で気づいたドイツの女性首相(物理学博士)は、‘きれいな女性’のひとりと言える。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ルーズな土地管理・土地利用の犠牲者

★画像の上でマウスを右クリック、そして「画像だけを表示」をクリックしてみて。

なんとそこには原発もあった!という超ルーズは、先祖代々のものではなく、むしろ先祖たちは、「ここから下には家を建てるな」と厳命していた。ご先祖が死をもって毒キノコだと実証したキノコを、どんなにうまそうだからといって、食べるべきではない。

今回のは豪雨による鉄砲水の被害で、あまりにもできすぎ、シンボリックなひどさをわれわれに伝えた、母60台、娘20代、孫1歳、おなかの中の二人目の孫、全員一挙死だ。

全国の里山を貧弱な檜の放置林にし、今日まで長年放置していれば、その長い年月に豪雨鉄砲水ぐらい必ず起きる。本来の里山は植生が多様豊富で、適度に手入れされた天然林に近く、保水力と表土剥離流出防止機能がある。昔から、これまたご先祖の偉大なる言葉として、「真の治水は山の手入れだ」「治山と治水はワンセット」と言われる。

私も当時(終戦直後)の無知な田舎モンだったら、無知な政策に従って、せっせと里山を削って檜の苗を植えまくったと思われるが、今、林業のしろうとが考えても、それで銭(ゼニ)になる優良材が得られるとは思われない。林業も、プロの仕事として精魂込めてやんなきゃダメに決まってる。

檜の放置林だらけの光景は、日本中至るところにあるから、うちの近くにもうんざりするほどある。何年も何十年も変わらない。

今回の、福岡県朝倉市黒川(くろがわ)地区も、そうだ。

お粗末な檜の放置林(1)

この道路が通れなくなるのは時間の問題。


お粗末な檜の放置林(2)

無意味なままごとのような土嚢。


山中(やまじゅう)檜の放置林

家の背後に竹やぶすらない。


家々の背後も檜の放置林

ここは罹災地の黒川(くろがわ)地区。
鉄砲水の標的になるような場所に家々がある。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

A Song For Europe (仮訳by Iwatani)

Here as I sit
At this empty café
Thinking of you
誰もいないカフェに座ってあなたのことを思い出している

I remember
All those moments
Lost in wonder
That we'll never
Find again
魔法のように消えてしまったあの日々はもうどこにもない

Though the world
Is my oyster
It's only a shell
Full of memories
世界がぼくの牡蠣であっても殻の中にあるのはたくさんの記憶のみ

And here by the Seine
Notre-Dame casts
A long lonely shadow
ここセーヌの河畔ではノートルダムが長い孤独な影を落とす

Now, only sorrow
No tomorrow
There's no today for us
Nothing is there
For us to share
But yesterday
今は悲しみがあるのみで明日はない
私たちの今日もなく
共有するのは昨日(きのう)のみ


These cities may change
But there always remains
My obsession
都市(まち)がどれだけ変わっても
私の妄執はしぶとく生き残る

Through silken waters
My gondola glides
And the bridge, it sighs
絹地のような水面を私が乗ったゴンドラがすべる
橋がありそいつがため息をつく

I remember
All those moments
Lost in wonder
That we'll never
Find again
魔法のように消えてしまったあの日々はもうどこにもない

There's no more time for us
Nothing is there
For us to share
But yesterdays
私たちにもはや時はなく
昨日(きのう)のほかに共有するものもない

Ecce momenta
Illa mirabilia
Quae captabit
In aeternum
Memor
すばらしかった日々は記憶の中にしかない

Modo dolores
Sunt in dies
Non est reliquum
Vero tantum
Comminicamus
Perdita
心にあるは痛みのみ音信は途絶えてしまった

Tous ces moments
Perdus dans l`enchantement
Qui ne reviendront
Jamais
Pas d´aujourd´hui pour nous
Pour nous il n´y a rien
A partager
Sauf le passé
あのすばらしい時と日々は
魔法のように消えてしまった
もう決して戻らないだろう
私たちが分かち合う今日はもはやなく
共有できるものは過去だけだ

-------

ヨーロッパの栄華は、他者の犠牲の上に建つまぼろしだった。今はその背後にあった問題が、激しく露呈している。どう収拾するつもりか?。私たちはそれを手伝えるか?。アメリカも、そろそろやばいようだけど。なにしろ、たいへんな時代が始まっている。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

貨幣はサブイシューである

このブログが扱うメインイシュー(main issue)はコミュニケーションであり、ほかにメインイシューはない。この環境で貨幣は、したがってメインイシューであるコミュニケーションに属する部品的イシュー、すなわちサブイシュー(subordinate issue, sub issue)のひとつであるにすぎない。

そして、そのように、コミュニケーションという視座の中における貨幣は、コミュニケーションの、特殊な、一様態ないし一様相である。では、貨幣とはコミュニケーションのどんな様相か? 今さら言うまでもなく貨幣は、最初から他者を疎外している、非常に粗悪で有害なコミュニケーション様式である。それが一種の、コミュニケーションの病気であることを指すために、様態や様相よりも容態(ようだい)(ないし容体)という言葉を使う方がふさわしいかもしれない。

こうやって、貨幣を単独の独立のメインイシューとして扱わずに、コミュニケーションという座標系の上に移して見ることは、人類の社会思想の、久々の「一歩前進」なのである。貨幣をメインイシューとして扱っているかぎりは、どうにもこうにも埒があかず、もっとましな社会へと前進することができない。

貨幣の本質がコミュニケーションの問題だ、と分かれば、ふんじゃあコミュニケーションを良くしていけば人類は貨幣という悲惨==差異および差異の階層から脱することができるかもしれない、と思えてくる。そして、貨幣経済という言葉は従来、物々交換(実はここにすでに貨幣の母胎がある!)などのより原始的な経済形態に対して、より効率的一般的な交換価値物形式について言われたが、今後は、贈与経済、共有経済(ないし共生経済)など、貨幣症状のない、あるいは軽い、新しい経済形式に対し、古くて劣位な経済形式を相対化して指すための語彙になる。

説明的に似ているかもしれないが、「鬱(うつ)」を単独の“状態”として扱っていると、迷信のような詐欺的対策がのさばり、ついに本人の自殺を防げないが、今のように“病気”という座標軸上に移してしまえば、その病気(体調異変)に対する有効な治療法がありえる。

貨幣は、まともに扱うことの困難な巨大で厄介な怪物ではない。それは、重病のコミュニケーションの容態にすぎない。治療法はすでに、ささやかながら芽生えている。

--------

「貨幣をめぐるコミュニケーション」があるのではない。貨幣そのものが(貨幣現象の総体が)コミュニケーションなのだ。有害で病的な。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

機械翻訳と人間翻訳

12世紀か13世紀に建てられて、今は地域社会の公民館のように利用されている、ロンドン西部郊外の教会St Mary's Perivaleに関する英語Wikipediaの記述の一節に、こんな文がある:

The church is built of rag-stone and flint, and its tower is unusual, being clad in white weatherboarding.

これをGoogle翻訳は、こんな日本語に訳す:

教会はぼろ石とフリントで建てられていて、その塔は白い天気予報で覆われていて珍しいです。

ちなみにMicrosoft Bingの翻訳は、こう訳す:

教会はぼろ石とフリントの構築され、その塔は、白い雨戸に覆われて、珍しいです。

人間(私)が、あちこち調べて苦労しながら訳すと、こうなる:

この教会は砂岩と燧石(すいせき)で作られていて、塔は白い下見板で覆われていて珍しい。

今回私が初めて知った日本語(建築専門用語)は「下見板」だ。「下見張り」とも言うらしい。これは、横方向に張った板の下(下辺)が見えるから下見と言うらしいけど、私たちふつうの日本人が「羽目板(はめいた)」と呼んでるものと同じだ(下図)。

Images_2

だから上の「塔は白い下見板で覆われていて」は「塔は白い羽目板張りで」でもよいだろう。

翻訳は、人間がやっても永遠に難しい作業だから、コンピューター技術にとってはなおさらだ。でも機械翻訳は、日常的なありふれた短い文なら、だいたい役に立つね。今回は、建築の専門語が多すぎたのだ。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

自業自得の大規模被害

いろいろ書いてると多すぎて面倒なので、読者は「一を聞いて百も千も知って」ほしいのですけど、Facebookというインターネットサービスはユーザー数が数億という巨怪サイトで(ゆえに巨額な広告収入)あるため、ニュースの頻度も多い。

だが、まず、
これぐらいのネットワーキング機能が、なぜ特定のアカノタニンの巨大サーバーに依存しなきゃできんのか?
という根本的問題もある。

この根本的な問題に迫るために、最近のFacebookニュースを取り上げてみよう。最近の同サイトの新機能を知らせるニュースとして:

Facebook上の「グループ」という機能…同好の士が集まって議論や情報交換をする場だ…に、“グループの管理者が参加希望者に質問をしてその答によって参加の可否を決める”、という機能が新たに付加された。

問題は、なんでそんな機能を、Facebook様が作って提供するまではできないのか?

という点だ。コンピューターやネットワークの機能は、人様の迷惑にならないかぎり、ユーザーが自分で自由に設定できるべきだ。

今のコンピューターやインターネットを自動車にたとえると、「自動車はつねにタクシーやハイヤーなどのサービスを利用して使わなければならない」状態と同じだ。自分で運転できない。Facebookは、巨大ハイヤー会社の一つだ。

そして、今回の、ランサム・ウェア問題だ。今は人間の99.99999%まで、コンピューターやインターネットに関する自主性が育っていない。ハイヤーとタクシーに依存するのなら、自己に運転技術は要らない。

すべてのコンピューターユーザーは自主性を持つべき、お粗末で危険なWindowsを捨ててLinuxに乗り換えよう、という運動があった。「日経Linux」誌などの上で今でも細々とある。私も啓蒙の一環として「Linuxの哲学」という本を書いたことがある(2002年、ソフトバンク社)。

だが、誰も自主性を持とうとしない。ネット犯罪者にとって、今のコンピューターユーザーは、“赤子の手をひねるように”、犯行がらくちんだ。しかも、自主性を持たないコンピューターユーザーは、Facebookのユーザー数以上に膨大な数だ。

今回の件に関しては、Microsoftは、「3月にパッチを公開した」ことを、免罪符とするつもりのようだ。あとは、そのパッチをあてなかったユーザーが悪いのだ、と。

しかし、今日の無自主性のユーザーにそれを求めるのは、無理であり無意味である。Microsoftの態度は、ゆえに、不誠実である。

インターネットもパーソナルコンピューターも、現状は、「超初期的原始時代」と言うしかない。ひどすぎる。お粗末すぎる。

次の「超初期的古代」ぐらいにおいては、“インターネットは自分のサーバーから使う”が常識化していてほしい。Facebookのような巨怪な恐竜は、そのとき、完全に絶滅しているだろう

「Linuxの哲学」で、せめて1年ぐらいは食いたかったが、実際には、1か月も食えない程度の収入しか得られなかった。赤子の手をひねるような大規模ネット〜コンピューター犯罪は、今後もますます頻発するだろう。しょうがないね。

個人だけでなく企業ですら、社員のコンピューター利用教育、そのイロハのイを教えていない。という悲惨な現状。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

コミュニケーション学