« 今月のポジティブ(2022/10/22): 五ノ井里奈さん | トップページ | 今月のポジティブ(2022/12): 「晩婚化」という言葉の欺瞞をあばく »

2022年10月25日 (火)

今月のポジティブII(2022/10/25): 中村淳彦氏; 人の話の聴き方

コミュニケーションの具体的で細部的な技術を述べた記事は珍しいし、貴重だ。

とことん相手を尊重する

聴き手の論理を優先しない

このブログの重要なテーマである「他者不在の廃絶」が、ここにはすごく具体的にある。あらゆる人が参考にするべきだ。

 

|

« 今月のポジティブ(2022/10/22): 五ノ井里奈さん | トップページ | 今月のポジティブ(2022/12): 「晩婚化」という言葉の欺瞞をあばく »

コメント

Thanks for the great information.
I've got surprised that you could write a practical article.

投稿: hey, | 2022年11月 1日 (火) 23時47分

岩谷さん、こんにちは。

XORでお世話になりました小林と申します。

おひさしぶりです。

まず、対象学→コミュニケーション学、という抜本的かつ全面的な転換の必要があります。

その場合に、世界~宇宙観のベースに「自己-他者」というコミュニケーションにおける基本的な関係性を、何にも先んじて、あらかじめ繰り込んでおく必要がある、というご指摘がありました。

“量子的相補性”という、“波動性と粒子性”などの、一組の双対(そうつい)性を、コミュニケーション的な“自己-他者”の構造にあてがう、という試みをやっている研究があります。

YouTubeに最近の研究内容がアップロードされておりますので、お時間のある時に、軽く目を通していただけませんか?

こちらも、ずっとコミュニケーションのことを考えています。

猫ちゃんたちの世話で悪くしている腰の調子はいかがでしょうか?

アドレス:https://www.youtube.com/watch?v=yWNWlye_1Eo

投稿: 小林 | 2022年11月11日 (金) 14時51分

@小林
相対論も量子論もほとんど無知な者ですが、物理学(世界把握、世界理解)もどうやら、自者他者軸を欠くものは『古典』&『無能』のゴミ箱に放り込まれてしまう、ということでしょうか。もしそうなら、刺激的でスリリングですね。コミュニケーションが、物理学のベースになりそうですから。一般人が理解できそうなコンテンツを、今後もいろいろ教えてください。

投稿: iwatani | 2022年11月11日 (金) 18時20分

さっそくのお返事、ありがとうございます。

研究者に、数学畑、物理学畑の人が多いようですが、現代思想という側面からのアプローチも為されているようです。

この学者さんは、コンピューターサイエンスやコミュニケーション論の人のようですが、

フッサールの現象学や、ハイデガーなどが扱われていました。

「現象学に見る相補性」
https://www.youtube.com/watch?v=RTAKpw9mBTk&t=1061s

「存在論的差異を媒介する自他」
https://www.youtube.com/watch?v=WcUvC-4YKRg&t=307s

投稿: 小林 | 2022年11月12日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のポジティブ(2022/10/22): 五ノ井里奈さん | トップページ | 今月のポジティブ(2022/12): 「晩婚化」という言葉の欺瞞をあばく »