« 今月のポジティブ(220724): イサク・ディネセン「アフリカの日々」 | トップページ | 今月のポジティブ(2022/0828-1): Twitterの脱アプリ、プロトコル化に言及 »

2022年7月28日 (木)

今月の他者不在(220728): あんなやつを自分の同類と視て処理したいのか

今の福祉とやらは、高齢者等から老いてからのさまざまな楽しみを奪い、社会貢献力にも封をしている。じいさんばあさんは、日向ぼっこをしながら、そこらで遊んでいる子どもたちに説話をすることが楽しみのひとつだ。私の子どものころのそんな説話にひとつに、「悪いことをされて仕返しをすると家族が末代までたたる」という仏教説話があった。悪いことをする人間になってしまった不運な者をむしろ憐れみ、お釈迦様のご慈愛がそいつを救うことを祈れ、というのだ。

法医学の知識や理論について何も知らなくても、自分にとってまったく未知無関係な人間を多数、一挙に殺してしまえる者は、私やあなたや、被害者の家族などと同類の平凡な凡人ではない。本稿の論旨で言えば、それは釈迦の目にとっては、救うべき病人だ。病人をまともで健康な凡人の仲間に入れて、まともな人間の仲間として極刑を科すことは明らかに罰、「仕返し」の論理だ。

問題は、被害者の家族の多くが本当に、死刑という極刑を希んだのか、という点だ。

無意味な無差別殺人を犯すという、とても不運な星のもとに生まれてしまった犯人の、今後の人生をできるかぎり救う、という視点は、まったくなかったのだろうか。じじばばの説話によると、それはたぶん、害者の家族の今後の長い人生の救い、そして充実にもつながる。

仕返しがまずいのは、自分を彼らの同類地平に置いてしまうからだ。

本当なら、より高度な人為であるべき法や社会が、相手と同じこと(人殺し)して悦に入るとは、…。

 

 

|

« 今月のポジティブ(220724): イサク・ディネセン「アフリカの日々」 | トップページ | 今月のポジティブ(2022/0828-1): Twitterの脱アプリ、プロトコル化に言及 »

コメント

今日母ちゃんに「あんたの考え方は極端や。ばあちゃんが言うとったやろ。中庸が大事やと。中庸ってのは、善にも悪にも囚われんことやよ。」と言われた。Aが善なのだからBの悪を叩く。ナショナリズムがグローバリズムを叩く。ナショナリズムでも、グローバリズムでもない生き方。なんかそれって、全地球人がそれを知って意識しないと実現しないと思う。

はて、中庸的な生き方って正しいのだろうか。
善にも悪にもとらわれない。
AでもありBでもある生き方。
それが自由なんだろうか。
コロナなんだから、いつでも全員マスクしろ!
マスクなんか付けても全く無意味だし逆効果だ!
その中庸とは、どちらの言い分も認めて
各個人の判断と状況に任せる事(なのか)。

投稿: ガン | 2022年7月29日 (金) 05時33分

難しい問題だと思います…彼が被害者に対して心を閉ざしてしまったので。

投稿: kaoru | 2022年7月29日 (金) 22時27分

彼に対して、こうあるべき何かを期待するのも、他者不在の典型的な例です。

投稿: iwatani | 2022年7月30日 (土) 06時24分

関係ない他人に対し、有無を言わせずその命を奪うのは究極の他者不在のような気がします。

投稿: kaoru | 2022年8月 2日 (火) 13時26分

葛藤はあったとしても、許すことが大切だと思います。

投稿: musataro | 2022年8月 4日 (木) 05時46分

論理音痴の日本人が得意とする、論点の勝手なずらしが、ここにも現れ始めているが、このスレッドはあくまでも、より有効な「罰」に関するスレッドでありまして、「罪」について議論するスレッドではないのであります。

投稿: iwatani | 2022年8月 4日 (木) 06時19分

より有効な「罰」…私にはよくわかりません。それにしても被害者たちは本当はどう思っているのかと思います。「京アニ事件」にも通ずる問題のような気がしますが。

投稿: kaoru | 2022年8月 4日 (木) 15時19分

 感情と論理の混在がないと他者不在とは

投稿: | 2022年9月 2日 (金) 02時47分

 論理が大事と言いながら感情垂れ流しの姿勢はねえ

投稿: | 2022年9月 7日 (水) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のポジティブ(220724): イサク・ディネセン「アフリカの日々」 | トップページ | 今月のポジティブ(2022/0828-1): Twitterの脱アプリ、プロトコル化に言及 »