« 論理力の貧困を解消せんとやばい! | トップページ | 言葉のガラパゴス化: 「暗号資産」は間違い「暗号通貨」が正しい »

2022年6月 1日 (水)

今月のポジティブnr1 0601: 「平和の原動力は婦人の心の中にあります。」

戦犯(とされた)山下奉文(やましたともゆき)氏の、処刑直前の遺言は、WikipediaやQuora など、リンクでご紹介すると、将来のリンク切れというおそれも十分にあるので、ここに(ほぼ)全文を引用した方がベターだろう:

1つ目は、日本人が倫理的判断に基づいた個人の義務履行。

「自由なる社会に於きましては、自らの意志により社会人として、否、教養ある世界人としての高貴なる人間の義務を遂行する道徳的判断力を養成して頂きたいのであります。此の倫理性の欠除という事が信を世界に失ひ醜を萬世に残すに至った戦犯容疑者を多数出だすに至った根本的原因であると思うのであります。

此の人類共通の道義的判断力を養成し、自己の責任に於て義務を履行すると云う国民になって頂き度いのであります。

諸君は、今他の地に依存することなく自らの道を切り開いて行かなければならない運命を背負はされているのであります。何人と雖も此の責任を回避し自ら一人安易な方法を選ぶ事は許されないのであります。こゝに於いてこそ世界永遠の平和が可能になるのであります。」

2つ目は、科学教育の振興。

「敗戦の将の胸をぞくぞくと打つ悲しい思い出は我に優れた科学的教養と科学兵器が十分にあったならば、たとへ破れたりとはいへ斯くも多数の将兵を殺さずに平和の光輝く祖国へ再建の礎石として送還することが出来たであらうといふ事であります。私がこの期に臨んで申し上げる科学とは人類を破壊に導く為の科学ではなく未利用資源の開発或は生存を豊富にすることが平和的な意味に於て人類をあらゆる不幸と困窮から解放するための手段としての科学であります。」

3つ目は、女子の教育。

「従順と貞節、これは日本婦人の最高道徳であり、日本軍人のそれと何等変る所のものではありませんでした。この虚勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び忠勇なる軍人と讃美してきました。そこには何等行動の自由或は自律性を持ったものではありませんでした。皆さんは旧殻を速かに脱し、より高い教養を身に付け従来の婦徳の一部を内に含んで、然も自ら行動し得る新しい日本婦人となって頂き度いと思うのであります。平和の原動力は婦人の心の中にあります。皆さん、皆さんが新に獲得されました自由を有効適切に発揮して下さい。自由は誰からも犯され奪はれるものではありません。皆さんがそれを捨てようとする時にのみ消滅するのであります。皆さんは自由なる婦人として、世界の婦人と手を繋いで婦人独自の能力を発揮して下さい。もしそうでないならば与えられたすべての特権は無意味なものと化するに違いありません。」

4つ目は、次代の人間教育への母としての責任。

「私のいう教育は幼稚園或は小学校入学時をもって始まるのではありません。可愛い赤ちゃんに新しい生命を与える哺乳開始の時を以て始められなければならないのであります。愛児をしっかりと抱きしめ乳房を哺ませた時何者も味う事の出来ない感情は母親のみの味いうる特権であります。愛児の生命の泉としてこの母親はすべての愛情を惜しみなく与えなければなりません。単なる乳房は他の女でも与えられようし又動物でも与えられようし代用品を以ってしても代えられます。然し、母の愛に代わるものは無いのであります。

母は子供の生命を保持することを考へるだけでは十分ではないのであります。

子供が大人となった時自己の生命を保持しあらゆる環境に耐え忍び、平和を好み、協調を愛し人類に寄与する強い意志を持った人間に育成しなければならないのであります。

………これが皆さんの子供を奪った私の最後の言葉であります。」

とくにここで注目したいのは、婦人、すなわち女性が、one of言及項目の一つとしてではなく、基本的『大原理』の一つとして言及されていることだ。愚かな戦争と悲惨な敗戦の上位責任者の一人だった、山下元陸軍大将は、最後の最後に、「やっぱ、オトコはあかんわ!」とつくづく悟ったのではあるまいか。なにしろ日常的にも立派な人物だったので、その裁判とも呼べないひどい裁判の過程でも、米軍将兵の多くからも氏は尊敬され、慕われたそうだ(Wikipediaの記述による)。

 

|

« 論理力の貧困を解消せんとやばい! | トップページ | 言葉のガラパゴス化: 「暗号資産」は間違い「暗号通貨」が正しい »

コメント

1945年8月15日はオトコ(イズム)の命日ではないでしょうか?
それを山下氏は痛感していたのではないでしょうか?

その後の歴史は、オトコというものがゆっくりとではあるが確実に死んでいっているのを証明している。

投稿: 南 | 2022年6月10日 (金) 06時33分

@南
公(おおやけ)の表(おもて)の文脈で、「おっさん政治からの脱却」とか「マッチョ的な体質を改める」などという言葉が出てくることは、確かに日本の歴史上初めてでしょうね。まだまだ地球の西の方では、強大なマッチョが、がむばっていますが。

投稿: iwatani | 2022年6月10日 (金) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論理力の貧困を解消せんとやばい! | トップページ | 言葉のガラパゴス化: 「暗号資産」は間違い「暗号通貨」が正しい »