« 個人の現実の複雑多様性と、それに対する援助の仕組み | トップページ | 食べログ問題とネットワーク社会の正規化 »

2022年6月15日 (水)

うーむむむ…

QuoraのポストはURLを取れないので、メッセージだけを引用します:

「ロシア-ウクライナの問題を詳しく調べるとウクライナ側にもじゅうぶん非があるように思いますが、日本国内ではウクライナ同情論が主流です。なぜですか?」

これらのビデオは、その出来栄えからして、フェイクではないと私は感じます。

「https://www.bitchute.com/video/TRA1W61xvaPJ/」

上のURLで見れなければ、下のYouTubeビデオを、字幕を日本語にして見てください。

「https://youtu.be/b8j0tJsKltg」

もちろん、'「'や'」'はなしです。

ロシアからのU国東部入植は歴史の長い話ですから、ロシア系住民という分類の正規の国民として、平和共存以外の道はいまさらない、と私は思います。

以下は、このポストに対するコメントの一部です:

「ウクライナは、『一方的な被害者なのではなく、加害者でもあった』ということにも(ゼレンスキーは)触れてほしかったです。なぜなら、それを知ったからと言って、ロシアへの非難は変わらないからです。」

-----------

(付録)

中国の新興経済ブーム(やや古いが)

 

 

 

|

« 個人の現実の複雑多様性と、それに対する援助の仕組み | トップページ | 食べログ問題とネットワーク社会の正規化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個人の現実の複雑多様性と、それに対する援助の仕組み | トップページ | 食べログ問題とネットワーク社会の正規化 »