« 他者不在: 戦争編 | トップページ | 今月のポジティブ(2205-1): 市民と政府の両方に説明責任がある台湾のデジタル化 »

2022年5月18日 (水)

他者不在: 子ども編

いまどき、こんな話を書くのは遅すぎるかもしれないが、でも数名の読者の今後の生活の役には立つかもしれない。

子どもは、自分が今いる環境の構造的・論理的な把握力理解力が未熟なので、自宅までほんの数メートルの距離でも迷子になってしまい、あらぬ方向へどんどん行ってしまい、より深刻な迷子になってしまうことがある。

重要なのは、外では「絶対に子どもから目を離さないこと」である。うかつに、子どもの認知能力を過信してはいけない。

車の教習所では、「だろう運転をしてはいけない」と教わるし、とくに子どもや高齢者は「次の瞬間に何をするか分からないし、彼らが次にどう動くかを予測してはいけない、予測に基づいた運転をしてはならない」と叩き込まれる。外で子どもから目を離すことは、たとえ一瞬でも、これと同種の危険を招くことになる。

|

« 他者不在: 戦争編 | トップページ | 今月のポジティブ(2205-1): 市民と政府の両方に説明責任がある台湾のデジタル化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他者不在: 戦争編 | トップページ | 今月のポジティブ(2205-1): 市民と政府の両方に説明責任がある台湾のデジタル化 »