« スポーツがまるで免罪符であるかのように | トップページ | 今月のポジティブ(06r1): 女王がジョークを言う文化 »

2021年6月12日 (土)

一応言っておく

無名個人が何を言っても効果がない日々が続いておりますが:

1)自宅感染(者)が非常に多くなっているのに、初期の韓国のような初期感染者の隔離受け入れ体制がないので自宅感染は今後も増える。

2)さらにプラスして、入院不能につき自宅で死亡する人も増えている。入院は物理的リソースの不足+人的リソースの不足+人的リソースの疲弊でますます不可能が増える。「1日36時間労働」で、疲弊は限界に達しつつある。

私なんかも感染発病したら、上の1+2になることはほぼ確実。家族とまわりにも広がる。

愚かな愚かな固執により、若者の無駄死に(特攻隊等)+原爆投下に至った昔と似ている。

あるいは、あんな海辺に大丈夫大丈夫と原発を作った愚かさにも、似る。

自動車運転教習所に並んで、政治家教習所がぜひ必要では、この国では。おそまきながら。

偶然の幸運を祈るしかないか…。

●そもそも病気のときは医師の判断に従うのに、今回は医師が医療ドシロートどもに馬鹿にされ無視されている。それを、異常、恐怖と思わぬ異状!!

 

 

 

|

« スポーツがまるで免罪符であるかのように | トップページ | 今月のポジティブ(06r1): 女王がジョークを言う文化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツがまるで免罪符であるかのように | トップページ | 今月のポジティブ(06r1): 女王がジョークを言う文化 »