« 餓死寸前の犬 | トップページ | 共同体の残滓が目と心を塞ぐ »

2021年4月30日 (金)

下書き

[未完]

この記事に登場する、イギリスのワクチン接種の総合企画進行係ケイト・ビンガムさんは、なにしろすごい。システム思考がすごい。緻密で現実的で厳密で徹底的である。

|

« 餓死寸前の犬 | トップページ | 共同体の残滓が目と心を塞ぐ »

コメント

「注射打ちのボランティア」ってすごいなぁ。凝り固まった常識っていうのが通用しない非常事態に、臨機応変に対応することって必要ですよね。それにしても我が国みたいに、ちょろっと自粛しては解除、自粛しては解除を繰り返すというのは、何の効果ももたらさないように思うのですが、皆さんはどう思いますか?

投稿: musataro | 2021年5月 5日 (水) 12時54分

基本的にコロナは嘘だと思ってます。
コロナよりも経済破壊、産業縮小の方が問題だと思う。
若者はほとんど死なないらしい。
感染症の類別を下げるべき。

投稿: 新保誠次 | 2021年5月 6日 (木) 05時28分

@新保誠次
なんで、我が国はしっかりと補償することができないのでしょうか?政府、官僚、医学会とよくわからないしがらみがあって、思い切ってシステムを変えることができないことも一因としてあるのでしょうか?「医療がひっ迫している」といいますが、そしてベットの数が足りないとか言いますが、他の先進国と比較しても日本は実際には数としては充分に足りているとも言われています。自民党の中には「コロナ税」とかバカなことを言い始めている政治家もいるようです。絶望しか見えない。

投稿: musataro | 2021年5月 7日 (金) 09時04分

@musataro
つらつら考えてみますと、なぜ補償がなされないか。国民が特に飲食店や観光業者達らが黙っているから。苦しみや窮状を国会議員に訴えないから。それが一番腹立たしい。営業を制限させられるんなら、その分補償を求めるのは当然である。こっちはなにも悪いことをしてないんだから、当然の権利である。怒りを団体で絶え間なくぶつければ、政府も緊縮を変えざるを得ないと思う。
医療逼迫については、YouTubeで正義のミカタチャンネルを見てもらえれば解説投稿がアップされていますよ。

投稿: 新保誠次 | 2021年5月 8日 (土) 03時40分

@新保誠次
ありがとうございます。おっしゃる通りで、平和ボケが
何にも逆えない状況を作ってしまったのかもしれませんね。でも自分もある意味そういう気風に乗っかってしまった世代なのかなと思い反省しきりです。
ちょっと正義のミカタチャンネル見てきます。

投稿: musataro | 2021年5月 8日 (土) 20時07分

ほんとやね。「平和ボケ」がすべての根原なんかも知れん。すべて人任せ。ほっといても誰かがするやろ。わしの手は汚さんでもいいやろ精神。   これがGHQに刷り込まれた戦後日本人の総意なのかも知れません。奴隷根性、家畜精神、アアアァ!   生きることは戦いなんだろうか。死んでしまえば水泡なんだけどな。(失礼しました)

投稿: 新保誠次 | 2021年5月 9日 (日) 04時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餓死寸前の犬 | トップページ | 共同体の残滓が目と心を塞ぐ »