« プラットホーム無罪説の廃棄を | トップページ | 今月のポジティブ(2)山梨大学学長島田眞路氏 »

2020年6月22日 (月)

今月のポジティブ: 最強の防御==自己の健康

こういう話は、今の支配的な大産業(とくに食品系)を批判することになりがちだし、また個人差が大きく、速効性のある話でもないので、なかなかメジャーなメディアの上のメジャーな情報になりにくい。

また、一般性のある話として書くことも難しい。

ここでは、大体の輪郭のような話として、「アウトブレイク」というアメリカ映画(私はまだ見ていない)のAmazon上の、Making Goldさんという方のコメントから引用したい。正論と思われるものの、大体の雰囲気である。

免疫システムが働かない時とはどういうときなのだろうか?それは”栄養過多”、”食べ過ぎ”、”満腹”、”疲労状態”、”泥酔”など。健康を維持するのに本当に必要な食材は最低限度の玄米、野菜、少々の魚だけで、動物性たんぱく質特に肉は大幅に免疫力を低下させる。満腹状態も風邪を引きやすい極めて無防備な状態。

要するに、健康であれば一般的に免疫力が強く、大病にはかからない、という説だ。私は個人的に、食べ物と同列に重要なのは毎日の適度の労働(体を怠けさせない)も重要ではないか、と思う。もちろん、お金が得られるものだけが労働ではない。

私も数十年来、かなり「不純な」玄米菜食主義者で、玄米菜食原理主義者の人たちからは否定されてしまうかもしれないけど、また、それが理由だと断言する気もないけど、大病はないし、今のところ新型コロナ症状もない。

いや、ここで言いたいのはただ一つ、最強の防御は自己の健康、自己の免疫力が強いことだ。これがマスメディア上のメインの話題にならないのが、ア・ヤ・シ・イ。

また、健康な食生活の基盤は、健康にいいから食べるではなく、おいしいから食べることだろう。白米食は、卵にたとえれば白身だけ食ってるようなもので、肝心の複雑多様濃厚な栄養分を捨てている。

そして食の話は個人差が大きく、いわゆる不摂生な生活(食事も含め)で元気で長生きする人もいる。そして健康のためと言っても、数日〜数週間で効果が得られるものでもない。なお、胚芽には毒物も貯まるので、玄米は無農薬有機栽培のを使うこと。

 

 

|

« プラットホーム無罪説の廃棄を | トップページ | 今月のポジティブ(2)山梨大学学長島田眞路氏 »

コメント

健康は資本主義と相性が悪いのではないか?

カネにならないのではないか?

人々が病気にならないと経済が回らないのでは?

だからメジャーな話題にならない。

投稿: 南 | 2020年6月22日 (月) 16時35分

@南
相性が悪いというより、差異--資本の無限増大欲望--は必ず外部不経済(犠牲となる他者)を必要とするから、それでなければそもそも未知のウイルス被害も発生しないわけですね。不健康は、資本主義のコストです。相当前に、誰かが言ってたように。

投稿: iwatani | 2020年6月22日 (月) 17時50分

ぼくは日雇いの異星人ゆえ、いつも貧しいので、むかし岩谷さんが言ったように「ヤサイ・サカナ・トウフ」と唱えながらエサ探しをしているよ。ぜいたくをしないので、ポンコツだけど今んとこなんとか元気だよ。耳は慣れないちきう生活のストレスで不調だけどね。メニエールなんとかだって。米は炊くのがめんどうだし、太るからめったに食わないな( ̄ー ̄)

投稿: ちきうに落ちてきたノウサギ星人 | 2020年6月23日 (火) 21時36分

ほんと何やってんだよ、という感じデス。大事なのは自己防衛力=免疫力があるかどうかですよね。それさえあれば、その自覚があれば、たとえ罹患しても軽症でイケルと思うな。因みにそのアップ食には納豆+キムチが良いらしいですよ。皆さんも⒊蜜でも行けるくらいに体鍛えましょう、オー🎉🎉🎉🎉㊗️

投稿: 新保誠次 | 2020年6月24日 (水) 03時10分

3密でした。笑

投稿: 新保誠次 | 2020年6月24日 (水) 04時07分

唐突に思い出したんだけど、まだ幼虫だったころ、おなか空かして帰ってくると、ちきうでのおっかさん(2年前に星の世界に帰った)が味噌つけておむすびを握ってくれた。
あれ、白米のたりない栄養素を補完してくれて、けっこう優れものだよね。おっかさんは「栄養素とか考えてごはんをつくったことはないよ」っていってたけど、経験的に栄養バランスをとってたんだろうね。みそおにぎり、やってみようかな。でも米炊くのめんどうだな()

投稿: ノウサギ星人くん | 2020年6月24日 (水) 08時53分

ご飯のおかずがじゃがいも炒めだけでも、不満にも思わず淡々と食べていた。塩じゃけのチャーハンも昼によく食べさせられた。でも、安い蛋白源として鯨肉の塩漬けとかブタさんウシさんのレバーとか、よく出た。当時のウシさんは、高齢化した農耕牛(“赤牛”)だから、今の牛肉とはまったく違う味。今更ながら、おっかさんの粗食に感謝しよう。

資本家が儲かる食品産業==不健康、では?

投稿: iwatani | 2020年6月24日 (水) 20時40分

つおい体をつくるには、雑菌に慣れていることが大事だと思う。殺菌、無菌状態が常態だと、いざという時に一発でやられちゃうんじゃないかと思う。複数のちいさな抵抗力がトータルで免疫を生成してくれると思う。

投稿: 新保誠次 | 2020年6月24日 (水) 22時40分

新保さんのおっしゃる通り、雑菌に慣れてる、勝てる身体にしておく事が大事ですよね。見た目が綺麗だとか整ってるとかは、あんまし関係ない事が多い。人が無理矢理手を加えて形を整えているものは疑ってかかるのが良い場合が多い。

投稿: musataro | 2020年7月 3日 (金) 07時02分

東京にいた頃、バカに風邪をうつされてそれがこじれて肺炎になった(と思われる)が、バカなもんで医者にも行かずにヒジョーに死ぬような恐ろしい目にあった事があります。肺炎にはご注意を!

投稿: bad | 2020年7月 6日 (月) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラットホーム無罪説の廃棄を | トップページ | 今月のポジティブ(2)山梨大学学長島田眞路氏 »