« 犬猫失敗談第xx回: 暖房 | トップページ | デマやフェイク情報 »

2020年2月24日 (月)

未だにメジャーな話題にならないこと

今度の武漢周辺だって、あるいは遡ってHIVやエボラ等の疾病発生地だって、そこは、これまで何千年何万年と、人間と自然がある意味調和して、ふつうに生活していた場所でしょう。「そこに突然現れる」ということが、未だに、国連などのレベルでメジャーな問題にならない。かつて私が書いてからでも10年以上経つ。

私自身とその周辺は現状ではウィルス台風の被害地になっていないけど、近いうちにふつうの「新病」になってしまい、どこで何人感染者/発病者が出たなんて情報は、正確な収集も発表も不可能になるだろう。多すぎて、そして広すぎて。そしてありがたいことに、おそらくそこらの町医者でも標準的に診療可能な疾病になってしまうだろう。

そうなってもらわないと困るけれども、このところ乱発する物理的な自然災害は地球温暖化という原因に結びつけやすく、対策も分かりやすいけど、今までなかった、初めて急に現れた生物学的災害は、一般的な話題になりにくい。

そしてまた、いくつかの限られた国を悪者扱いすることになりそうだ。

しかし、しょせん人間も生き物として自然の一部であり、しかも比較的弱い方だから、他の生物やまわりの生態系との「棲み分け」を、あらためて、非常に真剣に考えるべきだ。

それをしないと、これまでそこにいなかった、まったく新しいウィルス(等)による疾病は、これからも次々と登場するだろう。乱開発等により、自然の、これまでアンタッチャブルだったところにも、ずかずかとタッチし、ときには破壊している歴史的現代だから。

金(貨幣)という強迫が人類を支配しているかぎりは、自然破壊や乱開発は止まる動機がない。そう、この巨大な強迫の軽減や治癒も、そのうちメジャーな話題にならないと、いよいよやばいかもしれない。

 

|

« 犬猫失敗談第xx回: 暖房 | トップページ | デマやフェイク情報 »

コメント

やってはいけないことなんて無い

という思想の限界が見えてきました。

むかしから言われる通り

やっていいこととやってはいけないこと

は厳密に存在します。

投稿: 南 | 2020年2月25日 (火) 07時30分

> むかしから言われる通り
伝統的なローカル共同体社会には、環境や自然との付き合い方に関してさまざまな禁忌があり、それらの多くは合理的です。わかりやすく説明されないと分からない合理性もありますが。

グローバル化と貨幣経済の優勢的蔓延により、それらの禁忌を無視してもよくなった、という理屈は合理的には成り立たない。

ご先祖が遺した禁忌、「これより下に家を建てるな」は、いつ、無視してもOKになったのか。なってなんかいない。金の勢いで、そういう無謀な生き方を強いられただけです。

恐ろしい生物学的災害と、恐ろしい物理的災害の一部は、ルーツが共通しているのではないでしょうか。

伝統的禁忌を研究する学問があってもいいですね。もっと若ければ挑戦したい。

投稿: iwatani | 2020年2月25日 (火) 18時45分

死や死後という恐怖が人間を支配しているかぎり、競争や、いじめや、囲い込み(愛)が解消される日はないでしょうね。生と死でニコイチなのに、死を無視しケ嫌いすれば、生もゆがんでしまうのは当然である。真っ当に生きて死ぬことは不可能である。
自分も周りの人もみんな、生と死を同時にかかえ込んで生きていると覚れば、つまらん我欲はだいぶ削減されると思うけどな。いずれどうせ、みんなバラバラになる運命なんだから、せめてと言うか、無駄な執着はというか。

投稿: n,s | 2020年2月25日 (火) 23時53分

あと、
できることと、してもいいこと
とはイコールではない。

というのもあると思います。

投稿: 南 | 2020年2月26日 (水) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬猫失敗談第xx回: 暖房 | トップページ | デマやフェイク情報 »