« 今月のポジティブ: S.I.さん | トップページ | Music is not for competition »

2019年12月22日 (日)

知らん顔する連中の醜さ

多頭飼育に対する苦情が年間2000件を超えたとかいうけど、これまでもずっと、日本の民主主義は付け焼き刃、すぐ剥げるメッキと言われてきたように、アメリカはこのところますます問題多く見えるとはいえ、誰かが気の毒な動物の保護なんか始めると、自然に、近隣の主婦や高校生などの協力体制が育つんや。

自分は協力もなんもせんと、逆に市役所に匿名苦情を言うなんて、なんたるみっともなさ。自分の醜さに気づいてないから、みっともなさの極限やが。

そういう人たちが、長年の地方ボスたる自民党政治家たちを支え続けているのだろう。残念、こちらはネガティブの例になってしまいました。そっちを見てしまうと、日本の未来にものすごく絶望的になってしまう。

絶望的になってる場合じゃないことは、分かっているけどね。

 

|

« 今月のポジティブ: S.I.さん | トップページ | Music is not for competition »

コメント

みっともないというより、醜いですね。

投稿: bad | 2019年12月26日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のポジティブ: S.I.さん | トップページ | Music is not for competition »