« 語尾上げの無意識的な含意 | トップページ | 災害地になってみて、あらためての感想 »

2019年9月 3日 (火)

他者をその他者として認識する良書

この本(ケーキの切れない非行少年たち/宮口幸治)、たぶん本書そのものよりもAmazon上の読者コメントの方が参考になると思う。

これ(家族という呪い (加害者と暮らし続けるということ) /阿部恭子)やこれ(反省させると犯罪者になります/岡本茂樹)も 、そういう意味での良書のひとつ、と言えるかもしれない。

まだ、本当の意味での防犯の取り組みは、始まってすらいない。平均的常人とは違う他者が、認識のゴミ捨てに棄てられたままになっている。それでは、防犯にならない。

警察がひまでひまで、毎日麻雀ばかりしてる時代は、来ないのか。毎日、警察が忙しすぎるよ。

 

|

« 語尾上げの無意識的な含意 | トップページ | 災害地になってみて、あらためての感想 »

コメント

警察は防犯の決定打にならない。

死刑にしてところで被害者は生き返らない。

究極は『時計仕掛けのオレンジ』になるのか??

投稿: 南 | 2019年9月 4日 (水) 08時12分

>反省させると犯罪者に
そうだろうな。本人の気持ち事情を無視して強制的に反省させたら、結局後にな
って問題になる事は目に見えている。いい加減強制とか無理強いとかやめたら?

投稿: bad | 2019年9月 7日 (土) 13時11分

このすごい(そして有効な)他者リスペクト、わかる人badさんしかおらんのかぁぁぁ。

投稿: iwatani | 2019年9月 7日 (土) 19時22分

badさんのような直感力(?)がないので、3冊とも読んでみました。
この本①のケーキの図、コメントにも多くあるように、ちょっとショッキングでした。「同じ人間」という認識があてはまらない...。
何年か前に読んだ山本譲司氏の『累犯障害者』、感銘を受けたのと同時に、ただの怖いもの見たさなんじゃないの?と思うこともありました...。
この本③のあとがき、「私が犯罪被害者だったら、犯人を殺したいと思うでしょう。憎しみを抱いたまま犯人の支援をすることは絶対にできません。...自己矛盾を認めたうえで、私は今後も受刑者の支援をしていきたいと考えています」
この言葉に、少し自分を肯定してくれるものを感じました。

投稿: | 2019年9月22日 (日) 20時31分

すいません、上のコメント、また名前を入れてませんでした。

投稿: 佐藤 | 2019年9月22日 (日) 20時35分

関係ないが今回はまたお父さんの七回忌
で周りと合わすので一苦労。なんでこん
なに疲れるのやろか。

投稿: bad | 2019年9月24日 (火) 21時03分

直感力といってもたいしたもんじゃないです、もっと生き生きしてた頃と比較すると。

投稿: bad | 2019年9月24日 (火) 21時36分

直感力といっても大したもんじゃないです。

投稿: bad | 2019年9月24日 (火) 23時05分

僕も読んで見ます。

投稿: bad | 2019年9月24日 (火) 23時49分

直感力といっても大した事ないですよ。

投稿: bad | 2019年9月25日 (水) 00時22分

直感力と言っても、大したもんじゃないです。

投稿: bad | 2019年9月25日 (水) 07時33分

直感力といっても、大したことないです。

投稿: bad | 2019年9月25日 (水) 10時37分

自分が馬鹿らしいと思うのに、朝夕のバスレーンというのがあります。渋滞時の時間を区切ってバス専用の車線を🚌設けているのである。こんな不経済不合理不効率な道路利用方はない。バスが走ってない部分はガラガラである。バスが近ずいてきたら優先すれば良いだけの話である。一般の道路は大渋滞で遅々として進まない。
なんかこういう優しさとか合理性を、前提的に規定既定してはいかんと思う。当事者の自然自発的な心がけ、態度が求められると思う。他者を前もって既成視するから本質からそれてしまう。他者っていつも目の前にいる新鮮なあなたであるべきで、その対応も独自の目利き優しさを備えたものでこたえたいものである。

投稿: n,s | 2019年10月 6日 (日) 01時53分

ケーキの切れない非行少年たちを読みましたが、なんか複雑な気分です。

投稿: bad | 2019年10月16日 (水) 21時11分

目の見えない人が視力を回復しても、最初は何も見えないそうである。(単に光の刺激があるだけで)という事は構造化して見ているわけで。

投稿: bad | 2019年10月19日 (土) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 語尾上げの無意識的な含意 | トップページ | 災害地になってみて、あらためての感想 »