« 新しい形の再配分 | トップページ | 他者をその他者として認識する良書 »

2019年9月 2日 (月)

語尾上げの無意識的な含意

語尾上げは、このブログまたは前身であるエッセイ集「コミュニケーション有能への進化」で取り上げた記憶もあるけど、今日たまたまググってみたら圧倒的に否定的意見が多いのに驚いた。とくにオトコどもは全員、強烈に語尾上げを悪者扱いしている。というか、検索結果ページを数ページ見ただけでは、そこに肯定的な意見はゼロだ。

現代特有の語尾上げ現象は、英語など他の国にもあるし、私はそこに勝手に、肯定的なものを感じている。

つまりそれは、一方的に喋るのではなく、「他者を意識している」ということだ。つまり、軽い問いかけである。「じゃない?違う?」という。

なにしろ人類は今後ますます、他者不在を卒業して他者をきりっとした他者として屹立した存在として認めなあかんくなっていくのである。

宗教の伝道なども、語尾上げの「じゃない?違う?」でやれば、会話性対話性を持ち、もうちょいおだやかになるだろう。

 

 

|

« 新しい形の再配分 | トップページ | 他者をその他者として認識する良書 »

コメント

〉現代特有の語尾上げ現象は、英語など他の国にもあるし、私はそこに勝手に、肯定的なものを感じている。

皆さんの様に英語力が無くて恥ずかしいのですが、会話の合間によく聴かれる「you know?」ってやつですか?

投稿: musataro | 2019年9月 8日 (日) 07時57分

語尾上げという社会現象?は、you know?など特定のフレーズを指すものではなく、一般的に会話のセンテンスの末尾の音が疑問含意のように上がることです。

投稿: iwatani | 2019年9月 8日 (日) 18時11分

英語だとuptalk、upspeak、high rising terminalなどと呼ばれるようですね。
https://en.wikipedia.org/wiki/High_rising_terminal

YouTubeを検索すると解説や批評、実例など色々出てきます。

たとえば、これ↓
https://youtu.be/-wBJrnpDfbA
(YouTubeの設定ボタンの左横にあるポタンをクリックすると英語字幕が表示されます。YouTubeの自動生成英語字幕は、ゆっくり明瞭に話しているものだと、相当正確に音を拾う能力があるようです。)

これ↓は
https://youtu.be/z756L_CkakU
1994年の報道番組の映像のようですが最後にキャスターの女性がuptalkを真似て締めくくっているのが面白いです。

この解説↓もわかりやすいです。
https://youtu.be/q3o0jz2ocCw

これ↓は若い女性2人の実例
https://youtu.be/Tj4EIGje4dA

これ↓はuptalk弁護論
https://youtu.be/-JIcs3oJMhY

ご参考になれば。

わたしはテレビを持ってないのですが、遠い昔の記憶だと、古舘伊知郎さんも会話で語尾を上げる話し方をしていたような・・・ いや久米宏さんだったかな? 

投稿: takashi | 2019年9月 8日 (日) 20時36分

千葉県は停電で大変みたいですね。猫犬をかかえるiwataniさんが巻き込まれてないといいけど・・・

投稿: takashi | 2019年9月 9日 (月) 16時24分

語尾上げじゃないけど、「…って」という言い方や書き方が気になる。なんか責任逃れのような他人事のような本気じゃないような感じがする。

「トマトってありますか」「10時って空いてますか」など。

コトバンクで調べると下記のように書いてある。やっぱり他人事のような皮肉が入っているように感じる。

>ある事柄を話題として取り上げて示す意を表す。…は。…というのは。「あなたって親切な人ね」「彼ってだれのこと」

https://kotobank.jp/word/%E3%81%A3%E3%81%A6-572021

投稿: nakah | 2019年9月13日 (金) 16時38分

> 事柄を話題として取り上げて示す
そのものやことを、“対象化”しようと努力しているので、語尾上げと同じく、意識とコトバの良い進化方向のようでもある。私の身辺では、あまり聞かないけど。

投稿: iwatani | 2019年9月13日 (金) 18時50分

takashiさん、リンクを豊富にいただいて、この記事はよい資料になりましたね。停電はつらいけど、ニ日ですんだ私なんかは、超ラッキーな方です。

津波最高13メートルと想定して設計建造し30メートルが来た、どこかの原発と似てますな。幼児や高齢者がかわいそ。

投稿: iwatani | 2019年9月13日 (金) 18時56分

自分も知らないうちに「…って」って言葉を使ってるかも。

でも、「トマトってあったりしますか?」とか「トマトってあったりしませんよね?」まで言ってるのを聞くと、「トマトありますか?」って言えよって思っちゃう。

下の例では、「抵抗とかあったりしますか?」の「抵抗」の方が分からないようですが。
https://hinative.com/ja/questions/566892


電力や水道もインターネットみたいに、どこかが不通になっても、他を回って通るようにできないか。

家の中は、どこかの部屋が壊れたら、別の部屋から電気を一時的に配線したりできるが。

投稿: nakah | 2019年9月14日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい形の再配分 | トップページ | 他者をその他者として認識する良書 »