« 人類はプログラミングと無縁ではない | トップページ | 交通事故の起き得ない都市構造を作る »

2019年4月29日 (月)

連休と格差社会

ネット上のお店も、その多くはいっちょまえに休むので、久々に犬猫用品(フードなど)の買い物で苦労した。でも物理店の多くは連休で休んでないから、ありがたい。

しかしおそらく深刻に困るのは、時給制の多い非正規労働者だ。休日の仕事は簡単には見つからないから、5月の収入減はひどいだろう。

非正規労働者は、(1)給与ベースが安い、(2)福利厚生がない、のダブルパンチかと思っていたら。(3)祝日に無給になる、というトリプルパンチだ。

子どもでも分かる正しい論理としては、非正規労働者の給与ベースは、福利厚生がないぶん、正規社員職員より高くなければならない。

でないとそれは、現代の奴隷制だ。stolen laborの上の会社と正規社員たちの繁栄と安寧。その“安定”を目がける“就活”。このパターンは、日本の未来にとってやばい。いや、もう、現にやばいと思うけど。

 

|

« 人類はプログラミングと無縁ではない | トップページ | 交通事故の起き得ない都市構造を作る »

コメント

社員のかたは、断固として自分の立場をまもりたいですからね。まぁ、それは当然なんですけど。あたしなんか、貧乏フリーランスっていう、ホームレス一歩手前よ。え?自分で独立したわけじゃなく、働いてた部署がなくなったりで、しかたなくなの。←こういうアホコメントがこなくなったら、餓死したと思ってね(おいおい)

投稿: 異星人のうさぎどん | 2019年4月29日 (月) 20時33分

ホンマだぜ。

投稿: n,s | 2019年4月30日 (火) 12時59分

あたしなんかはもうすぐ星の世界にいっちゃうからいいけど、いまの若いシトたちの将来がほんとに心配。だから最近は、なるべく仕事しないようにして若いシトに仕事がまわるようにしてんの(←働くのがきらいなだけだろ!!)。

投稿: 辺境の異星人 | 2019年5月 2日 (木) 21時16分

今日は休みのド快晴日和であり、家にこもっているのも飽きたので、自転車で地元金沢の観光地巡りをしてみたのだ。最初は浅野川沿いを探索して、そこから東茶屋街へ回ってみた。普段走らないルートなので、土手から自転車を引きずり下ろしてのスタートとなった。しかしこれが絶景。ゆるくとうとうと流れる水と、崖際に茂る緑のコントラストがきわだち非常に美しく気持ちよかった。
人一人通れるような小道を川沿いに走り東茶屋へ。あとはもう、人人人の波である。So onと今日一日外を走っていたのだが、普段滅多に行けないところも歩いたり楽しい日であった。市役所前の広場では思いがけず、近所の人が出演するジャズフェスの演奏が聴けたり楽しかったのである。
まぁ、わざわざ遠いところに出かけなくても一日新鮮な出会いや発見というのは、そこらに転がっているものだと思う。今日の最大の収穫てのは、まっさおな空の青さとその日差しに輝き放つ新緑の眩しさだろう。それに幸せを感じることができるなら、充分観光したと言えるのである。

投稿: n,s | 2019年5月 3日 (金) 01時11分

私の勤めている会社は、ブラックとは言わないまでもグレーゾーンの会社なので、やっと今日からささやかな連休です。グレーゾーンなので給料も少なく、どこかに遊びに行くお金もない。
「今日は既になく、明日ももはやない」の世界ですが、「ア・ソング・フォー・ジャパン」という名曲を歌ってくれるミュージシャンもいない。
日経Linux連載中の「シス管系女子」をAmazonでポチったので、明日からその予習です(←まだそんなところかよ!!)。

投稿: 佐藤 | 2019年5月 3日 (金) 20時02分

なんだかなぁと思うのは、大型連休の不効率性である。これだけ国民的な連休の混雑、渋滞、不便利を毎度毎度繰り返しても日本人てのは改善の実行に働きかけない。お上のいう通りや、皆がやるからという集団心理に飲み込まれて、改革に頭が向かない。
せっかくの連休なのに、これだけ疲れる目に

投稿: n,s | 2019年5月 5日 (日) 04時08分

すんません、スマホでやってたら誤信しました。要は
1.国民的大型連休は不効率の極み。
2.なんでもっとパーソナルな連休の取り方に手が向かないのか。
3.日本人てのは、慣習には黙って従う国民性なのか。
でした。
翻って、非正規労働者の存在も当然視されてる現在の不幸矛盾も感じました。終わり。

投稿: n,s | 2019年5月 5日 (日) 05時19分

労働力を提供する代わりに賃金を得る、というあり方そのものが、すでに「奴隷制度」ですね。私も結局、「賃金奴隷」の一人に過ぎません。

会社からどんな理不尽なことを言われても、どれだけ手当無しの残業を強いられても、すべて従わなければならないのは、「お金がなければ生きて行けない」という厳しい現実があるからです。

こんな社会になんて、生まれて来なければ良かったと、つくづく思います。

投稿: 高柳 | 2019年5月 6日 (月) 15時13分

年寄りが既得権を守ることしか頭にないから、駄目なんだよなぁ。後進に引き継いでいかないと。

投稿: musataro | 2019年5月13日 (月) 06時31分

「奴隷制度」「賃金奴隷」ということでお勧めの一曲。エレファントカシマシの「奴隷天国」。元気が出ると思われます。ビートとアタックで思わず笑がこみ上げます。30th aniversary bestの音がいいでしょう。

投稿: n,s | 2019年5月22日 (水) 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人類はプログラミングと無縁ではない | トップページ | 交通事故の起き得ない都市構造を作る »