« YouTubeは動物虐待動画を取り締まっていない | トップページ | 世界危機としてのアメリカ »

2019年4月12日 (金)

なんかおかしい

みんなに広く知れ渡ってることで書いた方がわかりやすいし、当たり障りも少ないと思うが、こないだの恣意的統計操作に続いて、今度は1型糖尿病の障害者年金問題。

原告被害者は急に年金がもらえなくなった「理由」を知りたいと言っているのに、当のお役人は「等級が下がったからと理由は明確に書いてある」と反論している。もちろん、原告は、急に年金がもらえなくなった==急に等級が下がった(症状は良くなっていないのに)「理由」を知りたいのだ。

人間として考えれば当たり前だし、役人の論理は論理になっていない、まったく。

なんか最近は、おかしい人がうじゃうじゃ多い気がする。

●勉強==受験勉強、という致命的に間違った認識。

●人生の目標==就活(既存の安定企業や組織機構への就職)という無内容かつ希薄すぎる指向性。

この二つの蔓延で、人間としての本来の活力のない、おかしい感じの人が増えてるのでは。

古い中国に、小顔ならぬ小足を維持するための纏足(てんそく)というのがあるが、今の、ある年齢層以下の日本人は纏脳になってるような気配を感じる。

世界遺産などの観光地でなく、巨大なシリア難民村やいわゆる‘途上国’の巨大なスラム、そこの子どもたちに会いに高校の修学旅行でもしたらどうか?、たとえば。

-----

※: 試験の問題なら、問「なぜ年金がもらえなくなったのか?」答「障害の等級が下がったから」、が唯一の正解なんだろうな、たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

|

« YouTubeは動物虐待動画を取り締まっていない | トップページ | 世界危機としてのアメリカ »

コメント

なんかおかしい
終末医療。先日84歳のおばさんがもうヤバイというので見舞いに行ったのだが、翌日にはお亡くなりになった。「どんな状態でも死なさずに生かすのが善」という通念、思い込みってどうなんだろう。本人にとっても有り難いことなんだろうか。それで医療費膨大といわれても。

投稿: n,s | 2019年4月14日 (日) 09時06分

高額療養制度なんかもそうですが、公務員は一般の人たちに、知らせる・分かってもらう努力をあまり(全く?)していません。
「法の不知はこれを許さず」という内容の条文が刑法にあって、これは本来加害者を罰する条文なのではないかと思うんですが、何となく拡大解釈されて公務員全体の免罪符になっているような気もします。
医療訴訟は勝てない、という風潮が変わってきたのは、薬害エイズ問題あたりからではないかと思うんですが、その背景には、みんなの、情報開示への欲求があったのではないかとも思います。

投稿: 佐藤 | 2019年4月14日 (日) 20時14分

なんかおかしい
この間買ったTEACのアナログプレイヤー、33回転がやたら早くてこれじゃダメやろー、ということで回転盤のところにLD盤の重そうなやつ2枚重ねた上にレコードをのせて再生したら、早さも調整できて音質も格段に良くなった。低音も音の広がりも別人である。早いとどちらも相殺しちまうんだな。良かった良かった。

投稿: n,s | 2019年4月24日 (水) 22時16分

おかしいといえば、最近やたらと車の事故が多いのはなんでやろ。高齢者だからそれだけだろうか?原因は。

投稿: bad | 2019年4月26日 (金) 18時55分

関係ないが、ほぼ日刊イトイ新聞で池谷裕二氏と養老孟司氏が、時間や科学の意味とかについておもろい事言ってるので
暇な人は見て下さい。

投稿: bad | 2019年5月16日 (木) 19時59分

いつものごとく、舌足らず。何がおもろいのか全然わからん!! ひとにコンテンツを推薦するときは、URLも必要です。

投稿: iwatani | 2019年5月19日 (日) 13時14分

くっそーなんかおかしい
この前兄貴が入ってるケアセンターの所長さんに提案したことがある。「ここでアニマルセラピーしたらどうですか」と。所長曰く「衛生面でどうもねー」。なんかあらゆる面を阻害している気がする。衛生?そんなに無菌状態にしたいのか。自分本来の抵抗力はどうなるのだ。無菌?他との接触を殺してまで生きる喜びを取り上げたいのか。取り上げられた人たちはどうなのか。人間性まで剥奪され生きる屍にまで落ちるんじゃないか。

ほんとに根底に有る「死」とどう向き合うのかという議論が全くなされていないから、どんな状態でも、生かしておくのが常套と思い込んでいる(死ぬことは悪か)。自分には最終施設なんかは「悲惨な生きる牢獄」にしか思えない。必ず死ぬのだから、「死ぬとはどういうことか」の深い認識は、人社会の充実や安定にとっても必要不可欠だと思うのである。KONO BAKAYARO=

投稿: n,s | 2019年5月30日 (木) 05時27分

「死」を思いっきり祝福してみてはどうか。これまでの人生を労い、あたらしい生への旅立ちを応援するつもりで。名前も「お葬式」から「旅立ち式」に変えたりして。ハッピーな色に変えてみたらどうか。
とにかく生の結末を否定的に捉えるのは、現在の生もゆがめてしまう事ではないか。死を受け入れられないから、、、

投稿: n,s | 2019年6月 7日 (金) 06時51分

「お葬式」⇒「リニューアル式」「再生式」

投稿: n,s | 2019年6月 9日 (日) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YouTubeは動物虐待動画を取り締まっていない | トップページ | 世界危機としてのアメリカ »