« やっぱ女性の時代になるべきや、できるだけ早く | トップページ | グローバル化vs宗教反宗教の「きしみ」 »

2019年3月18日 (月)

超えられない異次元の扉

「世界一平和な国」でかつ「世界一銃保有率の高い国」と聞けば、銃で平和が担保されている国とイメージしたくなるが、“平和目的にしか使えない銃”は、ありえない。銃を自由に保有できる国では、いずれこうなることは当然だ。crime-freeな理想郷は、存在しないから。
宗教はよく大量人殺しの動機になる、と前に書いたけけど、しかしまだ人類の大勢は宗教の禁止へは動いていない。
『他者不在』という概念。宗教が、神(絶対者、超越者)という他者の不在であること。宗教が、神という他者への許しがたい不敬であり失礼であること。
残念ながらこのことを、説明によって分かってもらうことは非常に困難、または不可能だ。各宗教の神は単純に、自己肯定の道具、そして他者排斥の口実としてまつり上げられ、搾取されている。
もうひとつ分かってもらえないのが、『貨幣がコミュニケーションのイシューである』という観点。ふつうの観点は“貨幣をめぐるさまざまなコミュニケーションがある”、となるが、本当にラディカルな(問題の根っこまで掘り下げた)コミュニケーション論では、
貨幣トランザクション、貨幣のやりとりは、人間(じんかん)のコミュニケーション現象の一種であり、コミュニケーションの忌避と不能の普遍的な現れである、となる。こちらは、神ではなく人の他者不在の普遍形だ。
それは、他者に希少財(“貨幣の価値の本質は差異である”)を…神ではなく人に…お供えして前もって懐柔ないし鎮静化する、これまた一種の他者不在である。
それを前もって説明し、分かってもらい、宗教が違うからといって大量銃殺などしない人間になってもらう方法がない。このことが、このコミュニケーション学コミュニケーション理論のどーしょーもなく無能な限界である。
この異次元の扉を、なんとかして開かなければならない。
ところで、イスラム教を悪と見立てた彼の側の宗教が何か、それはおそらく永遠に対象化されない。彼自身にとっては単純にそれは、「正義」でしかない。反イスラム教教、とでも名付けるか。


|

« やっぱ女性の時代になるべきや、できるだけ早く | トップページ | グローバル化vs宗教反宗教の「きしみ」 »

コメント

3月19、20日と、niftyのシステム更新不具合により、このブログの管理者ページへアクセスできず、この最新記事の推敲ができません。しばらく、荒削りなまま、ご辛抱を。なお、ご覧のようにブログのコメントは、正常に投稿できます。

投稿: iwatani | 2019年3月20日 (水) 19時57分

反宗教が新たな宗教になってしまうのを回避しなければなりません。

人間は宗教を求める生き物です。
例えば、健康法や格闘技や(前も言った)ロックも宗教です。

投稿: 南 | 2019年3月22日 (金) 14時03分

異次元の扉。新秩序の扉。新社会の扉。
何しろカネが生死を握ってるんだから。
カネがあるやつが得をして、ないやつが損をする。
経済とはカネの奪い合いであり勝ち負けである。
生きてくことは戦いでありそれを進歩という。
利己が横行し利他が縮小されてく。

利己は戦いであり、
利他は互いに生かされることである。

投稿: n,s | 2019年4月 6日 (土) 04時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超えられない異次元の扉:

« やっぱ女性の時代になるべきや、できるだけ早く | トップページ | グローバル化vs宗教反宗教の「きしみ」 »