« 2018年8月 | トップページ

2018年9月 3日 (月)

黒澤映画の落第生

約70年前の、黒澤明監督の映画「羅生門」が、Amazonで無料視聴できるので、見てみた。その動機はただひとつ。この映画は、子どものころ、ないし少年時代、一度や二度は必ず見ているはずなのに、ストーリーも画面上の場面も、何一つ記憶に残っていないので、その原因を知りたかったのだ。例外的にただ一つ、大きな寺門※の下で人が雨宿りをしているシーンが、自分の記憶から取り出せる唯一のこの映画の残滓として残っている。たぶん、単純にきれいなシーンだからではないか。〔※: ではなく、平安京の主要都市門のひとつ。〕

で、今回見て分かったのは、映画を構成する各シーンが、ものすごく長いことだ。しかも一つのシーンの中での、筋の論理的展開はあまりなくて、たったひとつのこと(ちゃんばら、森の中の疾走や歩き、など)がその長い時間をべったり占領する。それらの“美術作品”の、長時間の“鑑賞”を強いられる。

すると、わたくしは、子ども心に、その長いシーンの途中で関心が映画から逸れてしまうのだ。自分の顔はスクリーンの方を向いているが、意識はもうそこにはない。ほかのことを、考えている。たぶん、日常のつまらないことを。

次のシーン、また次のシーンと映画が進行するにつれて、“前のシーンをちゃんと見なかった”ことへの罰が加わり、シーンの退屈さがいや増す。で、全編見ても明確な記憶はゼロとなる。

これは、いわゆる“波長が合わなかった”というやつで、この映画の作者たちや、この映画を褒めそやす人びとと、この子ども時分のわたくしとは、かなりココロの波長が合っていないのだ。ひとつのことをえんえん見せられる長いシーンは、わたくしには、かったるい。

(アメリカ映画によく(必ず?)ある、カーチェイスの長々シーンも、同様、かったるい。)

で、今回のこのブログ記事の本題は、「学校教育と波長が合わない子どもたち」だ。仮に、偉大なる黒澤監督の偉大なる名画をちゃんと鑑賞できない子を、悪、病、異状と呼ぶように、今の一般世論や教育行政は、学校教育と波長が合わない子を、単純に、矯正すべき悪、と見なしているのではないか。

それよりむしろ、たった一つの教え方を、多数の人間(児童生徒)に無理やり適用しようとするところに、今の、文化〜メディア多様化時代における、齟齬と錯誤がある。

それでも、理解ある親を持つ強い子は、自分の道をどんどん切り拓いて進んでいくだろうが、そうでない、弱い子もいる。少なくとも、学校教育に合わない子==悪、説は廃棄すべきだ。

その子に合った道や、教え方を見つけよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ