« コミュニケーション論の骨子…「他者不在」、人間のレベルでそれは「貨幣関係」 | トップページ | 教育委員会に建造物コンプライアンスのエキスパートはいない »

2018年6月11日 (月)

あの国

あの国(orあれらの国々)は、特定の勢力が無理やりでっち上げた国である。未だに、国際社会の承認も祝福も得ていない。将来、得そうもない。なによりも重要なのは、当該地域の住民の意思とその立国とが、完全に無関係であることだ。住民が待ち望んでいたこと、ではない。むしろ、その立国は地域住民に大きな不幸と不安をもたらしただけだ。

住民の意思に反する、住民の賛同を得ていない新規立国は、デファクトスタンダードの世界法から見て、完全に違法である。だから、あの国(orあれらの国々)は、国として認められない。できるかぎり速やかに、廃国すべきである。

ラディカルという言葉の語源は「根」だが、今の世界には、ラディカルな見直しが唯一の正しいソリューションであるという問題が多い。まず、違法なでっち上げであることを、全世界が認めるべき。そして、違法状態を解消すること。

それに取り組まないから、えんえんと悲惨が続く。

-----

おっと、ついでに、パレスチナ人やクルド人は、ちゃんとしっかり国を与えた方が良いのか、これもラディカルに早急に検討結論すべきだ。曖昧が、えんえんと悲惨を招いている。クルディスタンって、あれは何だったのか?


|

« コミュニケーション論の骨子…「他者不在」、人間のレベルでそれは「貨幣関係」 | トップページ | 教育委員会に建造物コンプライアンスのエキスパートはいない »

コメント

米朝トップ会談、これにあの国民の顔が全く出てこないのも嫌ですね。(なにも変わらんだろう、というかもっと...)

投稿: n,s | 2018年6月12日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/66818385

この記事へのトラックバック一覧です: あの国:

« コミュニケーション論の骨子…「他者不在」、人間のレベルでそれは「貨幣関係」 | トップページ | 教育委員会に建造物コンプライアンスのエキスパートはいない »