« 新しいネットワーク活性化社会 | トップページ | 正しいメディアの基本形 »

2018年6月29日 (金)

恐怖の他者不在、宇宙開発

現地の人たちでさえ、何万年来知らなかったような、恐怖のウィルスの出現は、まず間違いなく、某新興経済大国による密林乱開発が原因と思われる。

今度の、探査船が着陸予定の小惑星は、「 潜在的に危険な小惑星」とされている。地球に衝突すれば、軽い事故では済まない。

ほんで、ネット上でさんざん調べても分からないのは、探査船などぶっつけて、軌道が変わるなどして、本当に危険な小惑星になってしまわないか、という点だ。

その検証は、事前にちゃんとやってあるのか、も分からない。

実行主体が、事前にマスコミ上などで説明し、人びとを安心させたのか。それも、私は知らない。

事前検討ゼロの、乱開発の一種でないことを、せつに祈りたい。

意外と象徴的なのは、探査船の詳しい情報は多いのに、他者(その小惑星)の情報がとても乏しいことだ。そして、より深刻に象徴的なのは、探査船(探査機)と小惑星との、動的・物理的・天文学的・等々的“関係”に関する情報が皆無であることだ。他者不在の極致!!

小学校のブロック塀に対する、高槻市教育委員会の、アホぶりの、二の舞いでないことを祈りたい。

誰かひまな人、調べてみてほしい。

|

« 新しいネットワーク活性化社会 | トップページ | 正しいメディアの基本形 »

コメント

無知との遭遇。

投稿: bad | 2018年7月 1日 (日) 17時41分

やりたいことをやっている、だけでしょう。

じぶんの欲求を満たしたいだけ。

むせきにんな子供。

投稿: 南 | 2018年7月 2日 (月) 07時21分

宇宙開発とかって、西洋人って幼稚よね~。元々こういう技術って、戦争の武器開発からきたんでしょ。「宇宙へだってロケット飛ばせるから、犬乗せてみようぜ、人乗せてみようぜ、他の星に飛ばしてみようぜ」てな感じで、南さんも言うように、まるで科学技術をもてあそぶ子どもよね。ほんといい大人のくせに幼稚よ。ああ、あほくさ。

http://nousagimario.m.blog.jp/

投稿: 地球に落ちてきたのうさぎマリオ | 2018年7月 3日 (火) 13時30分

ホリエモンのロケットといい、宇宙開発というと皆さん「壮大な夢物語」のようなポジティヴなイメージがあるようだけれどどうかしら。何とか地球を良くする方策を考えたほうがいいと思うけれど。「足るを知る」です。

投稿: kaoru | 2018年7月 3日 (火) 17時50分

本当の問題と課題と、そして大規模な“惨状”が分かってる人は宇宙開発など志向しないでしょうね。

私のイメージでは、宇宙進出は、かつての日本の“満州進出”と完全にオーバラップします。

ひとの土地を取ってしまえば、自分たちは豊かになる…か?ほんまか?

投稿: iwatani | 2018年7月 3日 (火) 18時18分

だいたい月着陸にしてからが米ソ対立の産物ですから。『2001年 宇宙の旅』は素晴らしい映画だったけれど、キューブリックもアーサー・C・クラークも「超人思想」、あるいは西欧的な価値観に染まっているように思います。人間はもっと偉大なものに進化し得るという思想かしら。

宇宙開発の美名の陰で宇宙は「宇宙ゴミ」で溢れています。変な野心を抱いて宇宙で生きようとするより、足元を見つめて地球を大事にするのが本筋だと思う。でも豪雨やら温暖化やら、もう遅いのでしょうか。

投稿: kaoru | 2018年7月 4日 (水) 17時30分

科学のためにはある程度のことは正当化される、というのはまさにファシズムですね。核開発にしても、すぐに軍事に転用されうる技術ですし。
「潜在的に危険な小惑星」という言葉を初めて知りました。JAXAのHPを見ると今回の探査機は「衝突装置によって小惑星表面に人工的なクレーターを作る」とか、結構おとろしいことをやるみたいですね。
世界は神が人間のために創造したのだからどんどん利用して良い、というのが、科学が由来するところのキリスト教の考え方だと思います。

投稿: 佐藤 | 2018年7月 8日 (日) 11時15分

> JAXAのHP
そのサイトに、Q&Aのページはありますか?

投稿: iwatani | 2018年7月 8日 (日) 12時49分

お問い合わせ・FAQのページがあります。

投稿: 佐藤 | 2018年7月 8日 (日) 13時47分

> そのサイトに、Q&Aのページはありますか?
実は、問い合わせページに、危険性に関する質問をしてみようかなとも思ったのですが、忙しさにかまけて無精してしまいました。面倒くさがりの公務員と一緒ですね。
先程質問を送りましたので、返信が来ましたらアップします。

投稿: 佐藤 | 2018年7月 8日 (日) 19時38分

今日は見舞いの帰り際、食事しとる患者さんが、あの人女の人や言うたが、いつからワイ女になったんやろ?

投稿: bad | 2018年7月11日 (水) 19時42分

@佐藤
返信期待してます。

投稿: bad | 2018年7月11日 (水) 23時40分

誰とは言わないけど、コメント欄に記事とは全然関係ない個人的な出来事を書く人がいるけど、ブログのコンテンツの内容に興味を持って読む人の目に有無を言わせず触れるわけだから、ずるいんじゃないの?
記事と全然関係ない内容を書きたいのなら、自分のサイトに書いて、URLを張るなりすればいいんじゃない? マナーとして。
http://nousagimario.blog.jp/

投稿: 辺境のはだかうさぎ | 2018年7月12日 (木) 22時40分

すいません。反省します。

投稿: bad | 2018年7月13日 (金) 00時13分

@bad
コメントありがとうございます。残念ながら、1週間経ってもJAXAからの回答は来ていません。質問時の自動返信メールで、数日返信がない場合は再度送信せよとのことなので、先程再送しました。一応、質問内容だけ上げておきます。
■件名
ryugu探査の危険性について
■お問い合わせ内容
はやぶさ2の到着おめでとうございます。
ryuguは「潜在的に危険な小惑星」に分類されていますが、はやぶさ2の到着、その後の人為的なクレーター創出等で、ryuguの軌道変更や回りの天体に与える影響などで、危険性はないのでしょうか?
色々と調べても分かりませんでしたので、事前の検討があったのかどうかも含めて、質問させていただきます。

投稿: 佐藤 | 2018年7月14日 (土) 08時18分

なんかマズイ事質問されたんで、返信がなかったりして。

投稿: bad | 2018年7月14日 (土) 13時20分

追伸ですが、結局JAXAからの回答はありませんでした。黙殺ですね。
「マズイ事質問された」というよりは、「そんなこと考えてもみなかった」というのが本音かと。
(到着するまではryuguの形すら正確には分からなかったようです)
こちらのブログの過去の記事にもありましたが、はやぶさ2が2020年に無事地球に帰還したとして、採取(搾取?)した物質が地球上で何の危険性もないという保証もどこにもありませんね。

投稿: 佐藤 | 2018年7月21日 (土) 10時32分

佐藤さん、JAXAへのお問合せお疲れさまでした。

やはり回答はなかったのですね。マスメディアに肯定的に取り上げられているのとは違った側面が見えてきました。

投稿: kaoru | 2018年7月21日 (土) 13時03分

てことは、また想定外というわけかいな。

投稿: bad | 2018年7月21日 (土) 19時24分

全然門外漢の素人が、iwataniさんに乗っかってJAXAに質問をぶつける。何か意味があるの?とも思うんですが、例えば、
前回の戦争時にも反対者・批判者・アホらしいと思う人、はいたと思うんですが、有効な抵抗はできなかった。
現代はよりソフィスティケートされてきて、支配のされ方もマイルドになっている。
「科学という聖域」を作ってはいけないのではないのかなあ、というのが私の気持ちです。

投稿: 佐藤 | 2018年7月21日 (土) 23時17分

> 有効な抵抗
ニッポンの馬鹿オトコは、決めたことまっしぐらで、まわりの声に関心がない。かつてのひでぇ軍部も、高校生を雪山で死なせ、小学生を学校行事で熱中症死させる教師たちも、おそらく体制的科学者たちも、みな、視野狭窄、論理無視、決めたことまっしぐら馬鹿です。彼らの社会には、コンピューターもプログラミングも絶対に浸透普及しない。

投稿: iwatani | 2018年7月22日 (日) 08時23分

@佐藤
>現代はよりソフィスティケートされてきて、支配のされ方もマイルドになっている。

その通りだと思います。

投稿: kaoru | 2018年7月23日 (月) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/66883596

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の他者不在、宇宙開発:

« 新しいネットワーク活性化社会 | トップページ | 正しいメディアの基本形 »