« 科学技術と自然との健康的な接点を探そう | トップページ | 言葉の民主化(という一見陳腐な話題) »

2018年4月16日 (月)

世界一訳詞が難しい歌詞

We skipped the light fandango
軽い曲になったので休んだ
Turned cartwheels 'cross the floor
給仕のカートを部屋の向こうへ転がした
I was feeling kinda seasick
これは船酔いか?
But the crowd called out for more
もっとやれとみんなが騒いだ
The room was humming harder
前よりも騒々しい部屋になってきた
As the ceiling flew away
天井が上の方へ抜けたんだ
When we called out for another drink
もう一杯頼んだら
The waiter brought a tray
ウェイターは空のお盆を持ってきた

このへんは、まだまし。でも、全体の文脈の中では、ここもすでに難しい。全体は、高度な象徴詩で、ふつうの意味での意味はない。だが、「個」というものに関し巨大ピラミッド級の確立と孤独を教える。地球にいながら、自分が別の天体であるかのような違和感。ある英語のサイトが、「これは、この直後に沈没が始まる、タイタニック号の上の最後の夜のダンスパーティーをうたった歌詞だ」、という独創的で奇抜なヒントをくれたので、やや、訳せる気になった※。

※: 上の部分では、すでに床(ゆか)が傾いているようでもある。本人は自分の船酔いだと思ってる。

ひまな人は、このページと、ここからのすべてのリンク先を読んでみよう。

YouTube上には、“現在の”Gary Brookerが歌ってるビデオがある。今の方が、パワフル。


|

« 科学技術と自然との健康的な接点を探そう | トップページ | 言葉の民主化(という一見陳腐な話題) »

コメント

あたし、小学生のころ、「空きっ腹に半だんご~」って歌ってたにょ。ごめんなさいにょ(^-^)

投稿: アフォウサギ | 2018年4月17日 (火) 22時43分

この難解な詩についての私の解釈は岩谷さんとは異なりますが、『青い影』がロック史において類い稀な名曲であることは間違いないと思います。

投稿: kaoru | 2018年4月18日 (水) 22時12分

さまざまな異なる解釈が載るようになると、このブログの魅力は倍増するでしょう。お互い、勉強になるし。

投稿: iwatani | 2018年4月19日 (木) 07時29分

2行目のturned cartwheels across the floorは「床のはじからはじまで側転して見せた」という意味だと思います。

投稿: kaoru | 2018年4月24日 (火) 23時04分

むむ、turn cartwheelという熟語があるんですね。しかしそうだとすると、ますます難解な歌詞になりますね。

カートが部屋の向こうはしへ転がっていったのなら、すでに床が傾いているわけだから、タイタニック沈没直前の解釈にぴったりですが…。

投稿: iwatani | 2018年4月25日 (水) 21時02分

もともとcartwheelというのは腕立て側転を意味します。側転で床をぴょんぴょんと跳ねたら船酔いしたように気分が悪くなったけれど、周囲は皆喝采して「もっとやれ!」と騒いだ、といったところでしょうか。あくまで私の解釈ですが。

投稿: kaoru | 2018年4月25日 (水) 21時53分

この詩の最大の謎は次のリフレインですね。

And so it was that later
as the miller told his tale
that her face, at first just ghostly,
turned a whiter shade of pale

粉屋の話を聞かされた時、なぜ彼女の顔面は蒼白となるのか?

様々な可能性をハゲシク検討した結果、私は次の仮説に到達しました。

「彼女」は異界から来た魔女だから。

彼女は「どこからともなく」現れた魔女であるため、「僕」やその他の客と同じ共同体には所属しておらず、それらの人々とは生活様式を共有していない。

このため、彼女はエロティックな笑い話を聞かされた結果、「僕」が想像だにしなかった反応を示す。彼女は笑いもしなければ、「まぁ下品ね」などと顔を背けることもしない。彼女の幽霊(この世のものではない者!)のような顔は、ただただ蒼白の度合いを増すだけなのだ。このような彼女の反応は、特定のシモがかった笑い話を共有できる共同体のメンバーである「僕」にとって、非常に不可解であり、不気味でもあり、かつ恐ろしいことなのではないか。

というような仮説を踏まえて、この詩を全部翻訳してみました。興味のある方はこちらをご覧くださりませ。

なお、"The room was humming harder"の動詞"hum"は英国の俗語である「〜は不快な匂いがする(to smell unpleasant)」と解釈したほうがぴったりくるかもと思いました(参考:https://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/hum)。

投稿: kawabata | 2018年4月30日 (月) 17時01分

全体は無い、宇宙はない。
だから、部品は無いし、統一も無い。

または、

全体のために個があるのではなく、
個のつながりや、組み合わさりの結果として、

そのとき、そのつど、それぞれ、それなりの、変化や流動がある。

としたら、

一つ一つが、活き合ってる、ことが、そのまま、
分かち合っている、分け合っている、分かり合っている、

ということなんじゃないのか。

全体とか個とかいうのは、言葉の組み合わせの間違いじゃないのか。

投稿: nakah | 2018年5月 7日 (月) 11時26分

バラバラとか一体とかいう言葉は間違いで、
そもそも最初から、
バラバラのままで一体だったのじゃないのか。

ずっと勘違いして、バラバラを治そうとして、一体が崩れているんじゃないのか。

投稿: nakah | 2018年5月 7日 (月) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/66618871

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一訳詞が難しい歌詞:

« 科学技術と自然との健康的な接点を探そう | トップページ | 言葉の民主化(という一見陳腐な話題) »