« なぜ没論理がまかり通るのか | トップページ | 「かわいい」の力 »

2018年1月23日 (火)

恐怖の停電

うちに収まりきれない猫4匹を、板厚わずか5センチの木造小屋に置いている。冬の早朝の室温は外気温と変わらないので、アンカやエアコンで暖房している。人間用の家は、断熱性能がある程度あるから、猫はアンカだけで十分だ。

久々の雪の日の夜9時半、突然の停電になった。この停電が長時間だったらやばい。脳裏を恐怖が走る。

しかし幸い、停電は1時間弱で終わった。小屋へエアコンをリスタートしにいくと、室温はあるべき温度より3〜4度すでに下がっている。1時間足らずで。

で、今回痛感したのは、今では灯油やガスを利用する暖房器具でも、運転には電気を要する、ということ。うーん、無理して原発を増稼働するより、節約すべき電気の無駄遣いがいっぱいあるんだ。

グローバルな依存性と、ローカルな自立(自律)性。後者の比重、充実度を高めることが、近未来の最重要課題のひとつだ、と思う。エネルギーに限らず、もろもろ。

とりあえず大慌てで、電池やマッチで着火できる古典的石油ストーブを買ったけど、今後は、ソーラー発電ならぬソーラー蓄電も必要かもしれない。

恐怖の停電は、重要なことをあらためて眼前に突き付けてくれた。

|

« なぜ没論理がまかり通るのか | トップページ | 「かわいい」の力 »

コメント

水道を流しっぱなしにする人はいませんが
電気を繫ぎっぱなしにする人はとても多いです。

なぜか、社会がそういう方向にむいている。


投稿: 南 | 2018年1月24日 (水) 07時50分

天気予報じゃ北陸石川大雪で90センチ積もると言っていたが、金沢全然降っとらんぞー。むっちゃ寒いし風むちゃくちゃやったけど。山形の上杉神社の方はどうなんだろう。誰かおしえてー。(2月の雪まつり行くことになったので)

投稿: n,s | 2018年1月24日 (水) 23時46分

石油ファンヒーターは効率が良いけど、音がダメです
昔ながらの灯油ストーブは静かでよろしおます
やかんに掛けた水が沸いた音も風情があり好きです

投稿: もみじ | 2018年1月25日 (木) 19時43分

ECDこと石田君が亡くなったそうだ。岩谷宏は150歳くらいまで生き延びてくれ。

投稿: 岩谷としぞう | 2018年1月25日 (木) 22時32分

こうした冷え込む時期、野良猫たちはどうしているのだろうかと思ってしまう。ときどき近所の目を盗んでおさかな・お肉などあげていますが(定期的に餌をあげているご婦人はいる模様)。ともあれ昼間見かけるとけっこう元気そうなので、家の近くなど少しでも温かいところを見つけ、お互いに身を寄せ合っているのかもしれません。

投稿: kaoru | 2018年1月25日 (木) 23時10分

以前住んでたところでは、近くの公園や空き地の野良の世話もしていたが、冬は家などの南側の風の当たらない場所の、大量の枯れ草のあるところをねぐらにしていた。また寒い朝は、全速走りこみ、すなわち運動で自分の体温を上げていた。しかしいずれにしても、野良は短命だ。

投稿: iwatani | 2018年1月26日 (金) 08時02分

雪の降っている所じゃ野良猫はどうしてるんだろう。

投稿: bad | 2018年1月26日 (金) 12時19分

ご近所にとても飼い猫を可愛がっているお家があり、そこの猫はおっとりして毛並みも良いです。それに比べ、野良たちは生きるのに必死で表情もどこかふてぶてしい。何年の寿命かわからないが、地域にあまり悪さをせず、したがって排斥されることもなしに生き延びてほしいです。

投稿: kaoru | 2018年1月26日 (金) 20時20分

そーいやケータイというのも電気つなぎっぱなしである。電池の減るのが早いこと。

地産地消。地域地域が個性的になること。そして閉鎖的にならないように。で、余剰ができたら、相互贈与すること。でも人は量と損得で考えるしなー。 まあ人は全社会で生きる、というのを大前提にして欲しい。そうでないと成り立たない。

and more。なんでも、この世のスパンだけで考えちゃいかんと思う。早死にする野良猫も来世はその反動で、恵まれたところに行けるかもしれないし。この世で全てを判断しちゃいかんと思う。くさらずに生きることであろう。ちゃんちゃん。

投稿: n,s | 2018年1月29日 (月) 06時29分

訂正
この世で全てを判断しちゃいかんと思う。
⇒この世が全てと思い込んではいかんと思う。

so sorry,
I'll never do you no harm,Mr.bad.

投稿: n,s | 2018年1月30日 (火) 05時14分

〉グローバルな依存性と、ローカルな自立(自律)性。後者の比重、充実度を高めることが、近未来の最重要課題のひとつだ

誤解を恐れず言うと、国というのもローカルという一つの括りに入るのであれば、我が国も自立性をもっと高めることがまさに最重要課題ではなかろうか?

投稿: musataro | 2018年1月31日 (水) 06時49分

> 国も自立性を
それは国の政策というより、下(最ローカル〜最々ローカル)からの積み上げ、いわゆるボトムアップのイシューだと思います。難しいが、徐々に。

投稿: iwatani | 2018年1月31日 (水) 07時25分

ジャングルにおっぽり出されても、火を起こしたり水を確保することが直ぐに出来る様なスマートな人間になりたいものです。

投稿: musataro | 2018年2月 1日 (木) 07時23分

無駄が多いよね。スマホにクリーンアプリを入れた頃から、迷惑メールが大量に来だした。消費のための消費みたいな。
この間驚いたのが、石油ストーブのタンク用のポンプに電池付き電動のそれがあったこと。しかもモレを防ぐオートストップ機能付きである。ほんとに止まりやがんの(会社で)。スゴイと思ったけど、こんなの要るか~。人間が弱くなっている気がする。

投稿: n,s | 2018年2月 2日 (金) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/66314630

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の停電:

« なぜ没論理がまかり通るのか | トップページ | 「かわいい」の力 »