« ×第九○ペール・ギュント | トップページ | 消費者という他者不在 »

2017年12月 9日 (土)

他国の首都

なんでA国の人が、B国の首都はここだ、と決めるのか。
みんなおかしいとも思わず、それどころかB国の人など欣喜している。
このおかしさ、異様さは、事態激化の兆候だと思えてしかたがない。

トランプおっっさん、早く辞めて、もっとおだやかで賢明な人に代わってくれぇ!!
アメリカは平和の推進工作員としてのみ、great againになれるのだぞ。

(Twitterでトランプのツイートを11分間不能にしたTwitter社員に、ノーベル平和賞を、という本気のようなジョークがある。わずか11分じゃ、しょうがないね。)

|

« ×第九○ペール・ギュント | トップページ | 消費者という他者不在 »

コメント

なんかグローバル化って、地域地域の個性をぶっ壊していく恐ろしいものに思えてくる。
我が地元、金沢の近江町市場だけど、もはや壊滅的な状態になってるのでは。’15年に新幹線が通りその年の市場は観光客で溢れ返っていた。お盆・年末と人ごみが、ところてん式に押し流されていく状態であった。でもその頃は今のインスタ映えなんてことはなく、平日はお土産品も順調に売れていった。ところが今は観光客は、流行の海鮮丼やお寿司を食べに集まってくる。お土産なんかは二の次である。また、混雑を嫌って稼ぎ時でも地元の客(本来の客)は寄り付かなくなった。

なにが言いたいかといえば、新幹線によるミニグローバル化によって、近江町市場の死期は極端に縮められたということである。前に指摘された通り、もともと町中央にある巨大市場の役割は終わってるんだろうが、それでもグローバル化・観光客によってとどめを刺された感がある。しかし、それも運命なんだろうか。

グローバル化は、恐ろしい。地元経済(個性)をブッ壊していく。
ドッとやって来て、アトのことは知らんぷりである。

投稿: n,s | 2017年12月11日 (月) 05時26分

補足
寄り付かなくなった。そして市場内で極端な二極化(勝ち組負け組)が発生した。

投稿: n,s | 2017年12月11日 (月) 06時08分

グローバル化が進むと、国内労働者の賃金が劣悪化するという話を聞いた。労働価の価格競争が発生しちゃうのである。労働移民者は入れてはならないってか。

投稿: n,s | 2017年12月21日 (木) 02時42分

訂正 移民労働者。
また、グローバル化は、安いコストを求めて行くため国内空洞化も起きる。企業経営者のための話であり、国民のための話ではない。

投稿: n,s | 2017年12月21日 (木) 03時13分

アンビリーバボーなトランプは、またやった。高校の銃乱射事件に対して、今度は教師全員に銃を装備させるとか。何でもトランプになってから銃の売り上げが落ちているとか。永遠に銃や利権から逃れられないアメリカなのか。なんまんだぶ、なんまんだぶ。

投稿: n,s | 2018年2月25日 (日) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/66138138

この記事へのトラックバック一覧です: 他国の首都:

« ×第九○ペール・ギュント | トップページ | 消費者という他者不在 »