« 存在という貧困な誤謬、動物番組よ死ね | トップページ | 他者不在とは何か »

2017年9月 4日 (月)

今どぎつく目立つようになっている世界のからっぽぶり

今荒れ狂っている中東とその周辺ばかりでなく、他の地域や民族、たとえばビルマ西部のロヒンギャの人たちなどもだけど、「昔々は一応みんな融和して今ほどギスギスしたことはなく暮らしていた」と言えるだろう(文献例)。中東も、ヨーロッパ人が木綿布などと交換にコーヒーや香木などを買い入れていたアルチュール・ランボーの時代など、文献等からは概して「のどかな」感じしかない。

荒廃は、貨幣経済のグローバル化とともに始まり、深刻化が進んでいる。

社会のほぼ全員がグローバル貨幣経済へ拉致され、それまで人びとの生活を支えていたローカル共同体は解体無力化する。

日本のような金持ち国は、共同体が担えなくなったぶんを貨幣経済+調停調節機能としての政府で代替しようとするが、それすらまだ十分ではない。日本ですら、クッションのない酷薄な格差貧困が進んでいる。たとえば、伝統的な“三世代家族共同体”がないと、子育てはきわめて困難。

日本ですらそうだから、政府機能が未成熟不安定で、お金もあまりない、というところでは、非常に分かりやすい例としては、金と女を恵んでくれる大規模暴力集団(その資金源の多くは犯罪行為である)に若者が流れる。

経済のグローバル化と並行して、本当に必要なものは、グローバル司法(+司法執行力)とグローバル福祉、すなわち世界政府である。世界政府として今の国際連合は、食糧配布などで努力はしているものの、あまりにも非力である。

一国内で政府のような調停調整調節機能の重要性がいよいよ増しているのだから、まして、世界においておや、だ。

日本国内で、日本政府の日本国民への機能発揮に仮に70点をつけるならば、明示的に存在しない世界政府(国連や一部のボランティア、一部の“国際努力”など)の現状に点をつけるなら、四捨五入で0点か。いや、マイナス点の部分も…。

今若い人は、今後の自分の活躍分野として、何らかの“世界機能”を目指すべきだ。そここそが、文字通り“最後のフロンティア”だから。

(宇宙はフロンティアではない。宇宙のフロンティア視は、失礼野蛮なる他者不在である。)

|

« 存在という貧困な誤謬、動物番組よ死ね | トップページ | 他者不在とは何か »

コメント

資本主義のエンジンである競争(主義)を一旦止めてはどうか?

もう、競争の余地は無くなった現状を認めてはどうか?

投稿: 南 | 2017年9月 5日 (火) 07時28分

上へ向かう余地がなくなった分、そのパワー(欲)は今度は下叩きに向かってる気がする。

欲は上下運動をするのか。けしてヨコには広がらない。

ヨコってのは「今」(公)である。上下とは「今以外」(私欲・私怨)である(「明日のために‥」「去年の恨みを‥」)

ヨコってのは、手をつなぐことである。上下とは階層・分断を作ることである。

はて、将来必要となる相互依存・協力関係を築くには、皆さん同じ地面に立ってもらった方がやりやすい(つながっているならば)。
勝敗にこだわる意味が分からない。  
スポーツの熱狂が分からない。

投稿: n,s | 2017年9月 6日 (水) 07時13分

ジャックスの歌のように、空っぽの世界だ。

投稿: bad | 2017年9月 6日 (水) 18時53分

しかし共同体が空洞化してるのに、やたら近い所で共同体の規範を要求されるのはなんでやろ。

投稿: bad | 2017年9月15日 (金) 12時26分

@bad
ほぼ全員が、空洞化していない、と思い込んでいる。彼らの仮想の中で、共同体は健在である。

投稿: iwatani | 2017年9月15日 (金) 19時00分

駐車場に置いていた自転車のタイヤの虫ゴムを誰かがいじくって壊れてる。陰険な事するよなー。なんも助けてくれる人は数少ないけど変な事したり言う人はいっぱいおって、うんざりだ。

投稿: bad | 2017年9月21日 (木) 20時07分

今日は病院で隣の人が東京出身とは聞いていたが、なんと僕がいた府中からこっちに来た言う事で、不思議な事もあるなあと驚いた。であそこの祭りは粗暴でヒドイのも知ってた。

投稿: bad | 2017年9月21日 (木) 21時55分

言ってもしょうがないが、いじめ自殺とか、過労自殺とか、精神病院入院とか、
自分の問題として、考えへんからなあ。

投稿: bad | 2017年9月23日 (土) 12時41分

ブログが盛り上がってますね。あいにくかぜをひきました。医者には行ってきましたが、誰かなんか良い対処法教えてくれませんか。

投稿: bad | 2017年10月 3日 (火) 20時33分

かぜは、ひきはじめは葛根湯で抑える。ひいてしまったら、医者が処方する薬を5日〜1週間まじめにのむ。以上、私の場合。

投稿: iwatani | 2017年10月 3日 (火) 21時00分

分かりました。

投稿: bad | 2017年10月 3日 (火) 21時56分

抗生物質をもらわなかったのがよくなかったのか、あいかわらずセキはでるし
しんどい。とくに夜中目が覚めてぜんそくのようなせきが出て酷い。また明日医者に行かんとあかん。

投稿: bad | 2017年10月 5日 (木) 22時11分

>しかし共同体が空洞化してるのに
まったく同感ですが、どういう訳か酔った勢いで町内の獅子舞保存会の会長をやることになった。3年間夏休みに練習して、2020年に町内外を演舞して回るのである。もれずにうちのところも少子高齢化絶賛進行中なのに、ほんとにできるのか、全く分からないのであるが・・・。
まあまあまあ、実体験として面白がるしかないか。やるだけやるのである。

投稿: n,s | 2017年10月 8日 (日) 05時32分

全然共同でないのに、なんで共同体なんや。

投稿: bad | 2017年10月 8日 (日) 11時16分

正しくは、旧共同体。伝統的共同体。その名残が、濃厚。

投稿: iwatani | 2017年10月 8日 (日) 20時30分

気管支ぜんそくみたいになってもた。タバコはやめた。

投稿: bad | 2017年10月11日 (水) 22時22分

こんなショボい生活してほんでいつか死ぬんけ。殺生な。

投稿: bad | 2017年10月12日 (木) 21時19分

しょぼいなどと言うと、これまで一瞬でも友だちであった人(最長はたぶん母親)に対し、失礼である。

投稿: iwatani | 2017年10月13日 (金) 07時33分

Jeff Beck -Live Full Concert 2017というのをYouTubeで見た。“Living in the dark"が良い。Jeff Beckも御年73ぐらいか。死ぬほど変わってない。遠めで見れば40代である。才能が有るってのは素晴らしい。楽しんでらっしゃるのだろう。そんな彼もいつかは死ぬのである。素晴らしいことじゃないか。   生きてくれて、ありがとう。   (永遠に生きてたってロクなことはない)

投稿: n,s | 2017年10月15日 (日) 02時02分

カゼでせきがひどく死ぬそうになった。いや死は不安なもんだ。柄谷氏が死は消極的なものではなく、何か積極的なものなのだと言ってたが。

投稿: bad | 2017年10月18日 (水) 23時30分

かってに呼び出してすみません。にぎやかさに浮かれてしまったので。それに上のコメントに気付いていなかったので。
>死は不安なもんだ。
私なんかは、再生・来世に期待するけどね。勿論次が何に・何処に生まれ変わるか全くわからないけど、だから余計に善因の貯蓄をしたいと思う。それに平和できれいな環境で生まれて幸せだったとも思うし、地味に元はとったんじゃないかと。あとはご恩返しに10年ほど生きれれば、バンバンである。   都合のいい考えである。

投稿: n,s | 2017年10月19日 (木) 06時11分

超トートロジー。
恋愛は、希少材であってはならない。人は、三又五又が普通でありますように。愛が空気のように誰もが共有できる普遍材でないと、平和になんかなりっこない。愛を特別視してどうなるの。
行き歳いける誰もが、広く強い愛情を持っていますように。

投稿: n,s | 2017年11月 3日 (金) 05時37分

そういやスポーツのメダル授与式のあの段差って、格差や階層そのものだよな。あれって勝てば格差もオッケーというのを刷り込ませるいい装置だよな。
努力するしないの格差はあっても良いが、競争による格差はいらないのである。(努力の有無と競争は必ずしも一致しないと思う。別の土俵である。)
あんなに大げさに、晴ればれしく、格差を認めさせる茶番劇もないよな。   やはりスポーツを称賛し過ぎるのは良くないと思う。

投稿: | 2017年11月 4日 (土) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/65751076

この記事へのトラックバック一覧です: 今どぎつく目立つようになっている世界のからっぽぶり:

« 存在という貧困な誤謬、動物番組よ死ね | トップページ | 他者不在とは何か »