« スマホのない空間 | トップページ | オリンピック考 »

2017年4月23日 (日)

AIが人の仕事を奪う、という妄言

この文では、コンピューターという言葉を、実際に仕事ができるコンピューター、すなわち微小なトランジスタの集合などでできたハードウェア、とそれを動かすプログラム、別名ソフトウェアが一体になったもの、という意味で使う。

そしてAIないし人工知能という言葉がこのところやけに独り歩きしているけど、そんなに特別扱いする必要はない。AIも、上記の意味でのコンピューターにすぎない。

で、コンピューターは機械である。機械が人間の仕事を奪うことは、相当昔からあり、だからAIという種類であろうがなかろうが、コンピューターが人の仕事を奪うのは当然である。

認識すべき重要なことは、機械が普及すると人間の新しい仕事が生まれることだ。単純で分かりやすい例としては、内燃機関を動力源とする移動機械(自動車)が普及したことによって駕籠かきや駅馬車便は職を失ったが、自動車の運転手という仕事が生まれた。また自動車によってローカルな物流が発達し、小売業がローカルに充実し、そこに膨大な数の第三次産業の仕事が生まれた。今アメリカでは、男子の最多職業はトラックのドライバー、女子は(さまざまな形の)売り子、という州が多い。田舎に物を売りに来る、曳き売りや担ぎ屋の人たちは、仕事を失った。

コンピューターの普及は、現状はまだ飽和状態にほど遠い。コンピューターは今後もっともっと、社会と生活のあらゆる部分に浸透していく。

そうなると、コンピューターの開発生産からエンドユーザーによる利用にいたるまでの、さまざまな場所で、ものすごく大量の仕事が生ずる。人間にしかできない仕事が。ここでも分かりやすい単純な例を一つだけ上げると、AI、人工知能と呼ばれるコンピューターは、開発が人間の仕事であるだけでなく、それがまともな仕事ができるようにするための“教育訓練”も、単純なもの以外は人間の仕事だ。とにかく、コンピューターの周辺には膨大な数の、人間の仕事が、どうしても必要なものとして生まれてくる。

AIは人間の仕事を奪う。そして同時に、人間の新しい仕事へのニーズをおびただしく作り出す。AIは、という言葉を消して、機械は、に置き換えれば、それは普遍的な歴史的事実だから、大騒ぎする理由はどこにもない。

トランプのように、地球温暖化説を捏造と称して、石炭産業を再興しようとする方向性は、自動車の普及期に飛脚産業や駕籠屋産業を再興しようとする動きに等しい。たとえばこの私は長距離移動をしなくなって長い。コンピューターがあればアフリカ奥地にいても仕事ができるからだ。石炭を燃やす必要性が、そのぶん減っていく。

ちなみに私個人を例にとれば、コンピューターは、ドキュメンテーションがとっても重要である。本当に役に立つドキュメンテーションは、人間にしか書けない。


|

« スマホのない空間 | トップページ | オリンピック考 »

コメント

最近、将棋はAIの方が断然強いがそれにどれだけの数の人間が関わって時間を掛けている事か・・・。

投稿: 南 | 2017年4月24日 (月) 07時10分

機械にできなくて人間にしかできないことはある。
やっぱこうでねいと。  ふ、ふるい。

機械は、無感情であることをよーく頭に入れとかなくては。

投稿: n,s | 2017年4月25日 (火) 08時02分

微妙なニュアンスを必要とする翻訳などはどうなるのでしょう……機械翻訳ですべてことたりる日がいつか来るのでしょうか。
友人でイタリア語通訳をしている女性が「通訳は機械ですべて処理できるほど甘い業務ではない」と書いていましたが、まあ、そのとおりでしょうね。

投稿: かおる | 2017年4月25日 (火) 08時23分

 AI(コンピュータ)も人間なり。

投稿: 市川智 | 2017年4月25日 (火) 23時12分

囲碁などの対戦ゲームの人間対AI戦も、欺瞞的虚飾を剥げば人間対人間のタタカイですけど、片方は大量の時間とお金をかけて作ったコンピューターを使える、他方は使えない、という不公平があるだけです。AIが人間に勝った、などは、噴飯もののウソ。人間名人にも、強力なコンピュータープログラムを作る時間とお金を与えよ! それでやっと、フェアな試合になる。

投稿: iwatani | 2017年4月26日 (水) 07時48分

AIやコンピューターは、言葉の意味を理解してないというのも読んだ。ほんとかいなと思う。ペッパーくんがいくら 「いらっしゃいませ、ありがとうございました、もうしわけありません」 といっても、やつは意味が分かってないし、心が入ってるわけがない。そういうカラ念仏でしゃべられてもなんか薄ら寒いだけではなかろうか。また、そんな機械に「ああしたらどうでしょう、こうしたらどうでしょう」と命令されても素直に聞くことができるのだろうか。ディープラーニングがいくら発達しようが、心というものが入ることはないだろう。20年先人間がAIより優れていると言えるのは、「心と心で接する、思いやりで接する」という点に特化されるのではないでしょうかね。(新井紀子 東ロボ君 で検索しました)

すいませんが、"教育訓練”とはどんなことを指すのか教えてもらえたら幸いです。プログラミングでしょうか。

投稿: n,s | 2017年5月13日 (土) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/65188027

この記事へのトラックバック一覧です: AIが人の仕事を奪う、という妄言:

« スマホのない空間 | トップページ | オリンピック考 »