« 人類の新しい常識(2) 地球社会が公正強力な司法を持つこと | トップページ | 人類の新しい常識(4) 非対話的な言語表現を禁ずる »

2017年3月21日 (火)

人類の新しい常識(3) 植民地主義の巨大な残滓のポジティブな解決

これ(数百年にわたる西欧の犯罪の贖罪)を、誠実に、大規模に、深く展開しないと、たとえば、“いわゆるテロリスト”は、増加とグローバルな拡散の一途をたどるだろう。ヨーロッパ植民地主義が、数百年かけて、彼らの社会をめちゃくちゃにしたことを、もっと深く自覚すべき。

Jimmy Cliffの最有名曲Many Rivers To Cross※からは、いわゆる“移民”の人たちの気持ちがよく伝わってくる。植民地を搾取し、それにより資本を蓄積した人たちが、彼らの故国に大々的な還元をしないかぎり、彼らは、西欧に押し寄せる移民になるしか、生きる方途がない。EU離脱に投じたイギリス人をはじめ、今の広義の「右勢力」は、全員狭量エゴイストな馬鹿であるだけでなく、自らの未来の敵を増幅し、招いている、大馬鹿である。

※: 歌詞の最後に、おそろしい1行がある。

トランプも、増やしているのは健全で持続可能な雇用ではなく、明日以降の、アメリカを敵視する人びと、すなわちアメリカの敵だ。「オトコのバカ」の典型。

メキシコからの移民を入れたくないなら、本格的に、メキシコの社会開発産業開発にテコ入れしろ!!!
トヨタがメキシコに工場作っても、文句を言うな!!!


Many rivers to cross
But I can't seem to find my way over
Wandering I am lost
As I travel along the white cliffs of Dover

Many rivers to cross
And it's only my will that keeps me alive
I've been licked, washed up for years
And I merely survive because of my pride

And this loneliness won't leave me alone
It's such a drag to be on your own
My woman left me and she didn't say why
Well I guess, I have to try

Many rivers to cross
But just where to begin, I'm playing for time
There are times I find myself
Thinking of committing some dreadful crime

|

« 人類の新しい常識(2) 地球社会が公正強力な司法を持つこと | トップページ | 人類の新しい常識(4) 非対話的な言語表現を禁ずる »

コメント

右翼は夢想家、左翼も夢想家。

どちらも現実を見ていない。
だから、現実的解決法を提示できない。

宗教の出来損ない?

投稿: 南 | 2017年3月22日 (水) 07時37分

テレビを見てたら女児殺害の事件だ。人間自分の快感のためなら何でもするのか。こーゆー事いうのも隣のバーサンが
しつこくいじめるからだが、、、

投稿: bad | 2017年3月26日 (日) 21時43分

結局目先の利益しか考えないのがオトコ。イギリスだって自国の経済状況がボロボロになってEUに助けを求めて入ったくせに、割りに合わないと思ったら、とっとと脱退。移民達は全部とはいわないけど勤勉なんですよ。苦労してるから。癪にさわるんだろうな。

投稿: musataro | 2017年3月29日 (水) 15時26分

こちらの記事で引用されていたジミー・クリフの代表曲『Many Rivers To Cross』の歌詞を翻訳してみました。

渡るべき河は幾多あれど
その彼方にあるべき「我が道」を見つけられない
方々(ほうぼう)をさすらい歩き
完全に道を見失っている
あの白い崖に沿ってドーバー海峡を渡るたびに
そのことを身に染みて感じる

渡るべき河は幾多あれど
自分の意志だけを頼りにこれまで生きてきた
何年にもわたって
打ちのめされボロボロになったのに
それでも自殺しなかったのは
私が辛うじて自尊心を持ちえていたからだ

今まさに私が感じているこの孤独感
それは今後もずっと私に付き纏うだろう
一人ぼっちでいることがこんなに辛いものだとは
体験してみなければ分かるはずもない
かつて一緒に暮らした女もいたが
彼女は何の理由も告げずに私の元を去った
多分私は挑まなければならないのだろう

私には渡るべき幾多の河がある
だが一体どこから始めれば良いというのか?
それすらも分からず
ただただ無為に時間をやり過ごしている
時にはいっそ
恐るべき犯罪に手を初めてしまおうかと
考えることすらある

今回の英国マンチェスターで起きた犯罪の根本的な原因、それが何なのかを真剣に問わなければならないと感じます。

投稿: kawabata | 2017年5月23日 (火) 22時11分

Many Rivers To Cross
まるで今の僕の気持ちそのまんまの詞だ。凄い。

投稿: bad | 2017年5月24日 (水) 01時19分

>ヨーロッパ植民地主義が、数百年かけて、彼らの社会をめちゃくちゃにしたことを、もっと深く自覚すべき。

そのとおりだと思います。
その結果としてマンチェスターのような事件が起こるのだとしたら、あまりにも無残です。

投稿: かおる | 2017年5月24日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/65046412

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の新しい常識(3) 植民地主義の巨大な残滓のポジティブな解決:

« 人類の新しい常識(2) 地球社会が公正強力な司法を持つこと | トップページ | 人類の新しい常識(4) 非対話的な言語表現を禁ずる »