« Quora続 | トップページ | 衆愚の真犯人という平凡な結論 »

2017年3月19日 (日)

犬や猫が噛むこと

先日、赤ちゃんが犬(ゴールデンレトリバー)に噛まれて死亡する事故があった。今さら何を書いても遅いが、今後のための一般論として書いてみよう。

捨て犬や捨て猫を保護するようになって、今年で25年目を迎えるが、これまで犬や猫に噛まれたことは数えきれないほどある。5針縫った傷が最大だから、たいしたことないと言えばたいしたことない。でも猫の口の中はバイキンだらけで、一本の牙がささっただけでも必ず化膿し、全治までに病院通い10日ぐらいは必須だ。

なぜ彼らは噛むのかというと:

(1)加害錯覚
ちょっと手などを近づけただけで、それを、反射神経的に攻撃加害と解釈し、‘加害者’撃退のために噛むことがある。猫同士喧嘩しているときは興奮しているので、人間は手を出さない方が良い、噛まれたくなければ。上記の赤ちゃんのケースでは、私の勝手な想像にすぎないが、這い這いしながら手を前へ出し、犬の顔近くに自分の手を近づけたのではないか。そうでなくても、赤ちゃんと犬が一緒にいて、大人が至近にいないのは、絶対にまずい。

(2)あま噛み(甘え噛み)
猫に多いが、人間への愛情表現とした、負傷しない程度に噛むことはよくある。また、前足を前に伸ばして人間にじゃれつくとき、爪を収納しない猫がいる。どちらも、たまたま加える力の‘程度’の判断を猫が誤って、実際に怪我をしてしまうことが、ごくまれにある。可能性はきわめて低いが、その犬は人間の大人に対するときの力で、その赤ちゃんをあま噛みしたのかもしれない。

(3)生活史不良
前の飼い主の連日の常習的虐待で、凶暴化してしまった犬にまれに出会う。こっちは犬の教育訓練の高度なスキルや知識を持っていないので、残念ながらお世話できない。猫にも、良くない過去の生活史に由来すると思われる暴力はある。たとえば元野良のコーちゃんは、食べ物やミルクなどをあげるとそれはもちろん歓迎されるが、食べ物飲み物を猫の前へ置いた直後の瞬間から、その手(人間の手)は彼にとって、自分のものを奪いにきた者、と判断される。そこで、噛みつく。私は瞬時に手を引っ込めるので、負傷するまで噛まれたことはない。


(以下、20170402追記)
(4)赤ちゃんへの嫉妬
n, sさんのコメントにある「赤ちゃんへの嫉妬」を挙げておこう。新家族である赤ちゃんがちやほやされ、自分の格が下がることへの不満があるらしい。運が良いのか悪いのか、私の過去の経験や見聞の中に、それで赤ちゃんが犬に噛まれた、という話はない。しかしこんな記事もあり、「犬 赤ちゃん 嫉妬」でググるともっといろいろ出てくる。ここでも肝心なのは、親が注視を怠らないことだろう。


でも、まあ、自分の口や手に強力な牙があることと、食肉の準備を専門家(と畜場)に任せっきりであることと、どっちがいいとも言えない。


|

« Quora続 | トップページ | 衆愚の真犯人という平凡な結論 »

コメント

どこからか、こんなのも聞いた覚えがある。
[赤ちゃんに対する嫉妬心]
赤ちゃんを連れてジイちゃんバアちゃんの家へ遊びに行ったんだが、その家の犬が赤ちゃんにヤキモチを焼いた。飼い主たちが孫の来訪に有頂天になり、ワンちゃんの存在を忘れたのではないか。飼い犬も家の中の自分の地位に敏感だと聞く。突然のライバルの出現にヤバさを感じたんじゃなかろうか。それまでお犬様的存在だったのでは。

さみしい話である。

投稿: n,s | 2017年3月31日 (金) 20時21分

@n,s
Thanks。記事本体にこの件を追記しておきました。ごく一般的に言っても、子どもに犬を任せきり(あるいは犬に子どもを任せきり)にするのは、絶対的にノー!ですね。

投稿: iwatani | 2017年4月 2日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/65035059

この記事へのトラックバック一覧です: 犬や猫が噛むこと:

« Quora続 | トップページ | 衆愚の真犯人という平凡な結論 »