« クロちゃんアホな私を許してな | トップページ | 例によってオトコの光景 »

2017年2月27日 (月)

“労働市場”を廃語に

“労働市場”は、オトコの粗雑な脳が考えだした粗雑な概念/言葉のひとつだと思うが、今では為政者や経営者をはじめ、多くの人びとの心脳に無反省無批判に浸透し、今日の粗放な貨幣経済社会を作り出し維持する原因のひとつになっている。

そもそも、市場、マーケットというものは、多数の狭量と恣意とエゴの集積複合体が作り出す貨幣価値動態であり、つまり賭博場の一種である。そして賭博場であるからには、そこには必ず「失敗」がつきものである。

賭博場では、多くの「失敗」と少数の「成功」が相補関係にある。

そして、労働に“市場”を認めるならば、その動態に「失敗」が認められることになる。しかし労働は、他の一般的な市場財と違って、自由化処分財ではない。言うなれば労働は人間の人格とほぼ同一不可分であり、そこには「失敗」は許されない。しかし現状では、多くの失敗者が作り出されている。“市場”(==賭博場)だから、当然である。

「失敗」が許されない==市場視が許されないものが、粗雑粗暴な(そして今や無意識的な)労働市場概念によって、失敗もあって当然とされているところに、今日の非正規労働の過酷な扱いに代表される、あるのがおかしい、あってはならない、不合理な格差社会の起因がある。

たとえば、そういう、迂闊で粗暴な市場概念に立てば、労働も他の一般的自由化処分財と同じく、安く買えれば安く買った者の勝ち、悪いのはそんな安値で売ったやつの方だ、となる。しかし繰り返すと、労働はAさんならAさんという人間が手に持つ、自由可処分財ではない。労働はむしろ、Aさんの生命と人格そのものだ。それは、市場財となってはいけない。

そして、“労働市場”が古語辞典の上にしか見つからなくなった未来の、正しい労働法においては、非正規労働は企業にとって(当然のように)正規労働よりも高くつくものでなければならない。なぜなら非正規労働者には、同一労働同一賃金原則のほかに、正規労働者に与えられているものと同質以上の、福利厚生や教育訓練等を担保しうる、十分な額の給与がプラスアルファされなければならないからだ。

言い換えると、今の(あってはならない)“労働市場”において、安上がりとされている非正規労働労働力は、労働が市場財であることが禁じられた社会の正しい労働法制下においては、やむをえず一時的に使う高価な労働力となる。

#だいたいそもそも、日本企業が、労働力とその代価に関して、そんなえーかげんな経営姿勢をとり続けてきたところに、日本企業の、“挙句の果てに中国に買い叩かれる空洞化”の根因がある。寝てても一生高給が保証される正規社員(職員)や、賃金を超安く値切った非正規労働から、本物のイノベーションが生まれるはずがない。むしろ正規労働者がたくさんいて、彼らのあいだに競争やコラボレーションが日常化していた方が良い。中国の安物産業の土俵に自分も乗ることを、グローバライゼーションと誤解したために、日本企業は道を誤ったと言える。

労働を、セーフティネットもないまま自由な市場財として放置し、さらに今度は露骨な円安誘導。安い給料の価値が、ますます安くなる!! 近年の自民党政権による労働者虐待は、どこかの国々の女性虐待なみに残虐だ。今の野党に、その悪を暴く力はあるのだろうか。

|

« クロちゃんアホな私を許してな | トップページ | 例によってオトコの光景 »

コメント

日本では労働市場すら存在していないのではないでしょうか?解雇規制が厳しくて会社は採用を抑制し、辞めたら一生派遣という恐怖で社員は辞められない、サービス残業を我慢するという状態ですから。とりあえず労働市場があったら非正規労働は企業にとって正規労働よりも高くつくものに自然となるでしょうしIT業界はもうそうなっていますよね?社員のしがらみを嫌って正社員にならず社員より高い給料もらっている契約社員や派遣社員もたくさんいますよ。

投稿: ゆも | 2017年2月28日 (火) 03時07分

何時まで経っても無くならない

人身売買の風習。

「商品」という一般化。
という錯誤。

投稿: 南 | 2017年2月28日 (火) 08時13分

@ゆも
ご指摘の現象は、市場があって、そこに勝組(「成功」)と負組(「失敗」)の両方がある、というふつうの状況です。

労働を相当露骨に(“裸に”)市場財にしてしまったのは、近年の自民党政権です。だから当然、露骨に、「失敗」も大量に出現します。

> 労働市場があったら非正規労働は企業にとって正規労働よりも高くつくものに自然となるでしょう
それは、ないんじゃない? 市場の成功失敗は相補的です。

投稿: iwatani | 2017年2月28日 (火) 11時37分

枯葉ひとつの重みも無い命(労働)。

昔の経営者には、社員とその家族の生活まで含めて配慮する姿勢があった気がする。それが今では、大企業が(グローバルというのもあって)安い方へ安い方へとなびいていっちゃったりする。そりゃ企業収益過去最高にもなるだろうよ。
何故そんな現象が起きるんだろう。やはり教育である。どうも知識ばっかりつめ込んで哲学がない。アタマデッカチで、ハートやガッツのないフラフラ人間ばかり量産するからじゃないのかい。自分が小中学生のころでも、「なぜ働くのか、なぜ生きるのか」という話し合いを、一度も持ったことがない。9年間一回もである。これはおかしいし危ないだろう。基盤に対する論証が全くないというのは、人生に対して受身にならざるを得ないのではないか。せいぜい教育ママから「いい大学に入っていいとこに就職するのよ」ぐらいではなかったか。   ご覧のとうりである。

投稿: n,s | 2017年3月 1日 (水) 01時24分

仕事の能力に応じた報酬になることが労働市場の成功であり、その結果給与が低くなることは失敗ではないでしょう。同一労働同一賃金や解雇規制緩和等で労働市場が機能するようにし、職業訓練やセーフティーネット整備で十分と思いますが、日本では実現しそうもないことが残念です。でもIT業界なら
「リッチ派遣」が登場
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/080700025/081000003/
ここまで高くなくても年収500万円以上なら20年前以上前からよく聞く話ですし、高卒や専門学校卒で活躍している人もたくさんいます。逆に労働市場がなかったらどうやって報酬額を決めるのでしょう・・・
>それは、ないんじゃない? 市場の成功失敗は相補的です
いくらIT業界でも派遣なら仕事が空くリスクはあるので正社員より派遣社員の報酬が高いのは普通ですよ。

投稿: ゆも | 2017年3月 1日 (水) 02時15分

今日本屋で書籍の検索をしたときふと岩谷さんを思い立ち検索させていただいたらちょうど最新の単行本の出版がちょうど10年前になっていました。ネットもいいですが私のようなアナログ人間はぜひ紙ベースでもう一度岩谷節に触れてみたいと思ってしまいました。

投稿: | 2017年3月 2日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/64947182

この記事へのトラックバック一覧です: “労働市場”を廃語に:

« クロちゃんアホな私を許してな | トップページ | 例によってオトコの光景 »