« 2017年1月 | トップページ

2017年2月12日 (日)

クロちゃんアホな私を許してな

中学生のころは、動物への関心がまったくなくて、毎日のやることといえば、本を読むか、半田ごてを握っての電子工作か、どちらか、という人間だった。福岡市内の、秋葉原的一画には、よく通(かよ)った。

そして、今でもよくあるらしい、親の、子どもに対する一方的な配念というやつで、あるとき、子犬が一頭やってきた。最初のうーんと小さいときは、自分のふとんの中へ入れて一緒に寝たりしていたが、元々動物に関心がないものだから、そのうち、ほったらかしになってしまった。

食べ物は何を与えていたのか、散歩はさせていたのか、などなど、具体的な記憶がいっさいない。毎日、汚い、冬は寒い納屋につないで放置され、たぶんまだ三歳にもならないとき、死んだと思う。一緒に遊んだ、という記憶もない。死因は、目の瞳が緑色になる、ジステンパーという病気だった。抱きかかえて、橋のない浅い川を徒歩で渡り、町の動物病院へ運んだが、時すでに遅しだった。親から500円札を一枚渡されたが(今の5000円ぐらいの価値か※)、親がその犬に金を使ったのも、後にも先にもそれが最初で最後だっただろう。

※: いわゆる消費者物価指数ベースで計算すると、当時(1950年代後半)の500円はほぼ今の3000円となる。しかし私の主観としては、当時の500円はもっと大金の感じ。

このところ毎日厳寒が続くので、その体重10キロもなさそうな、小柄な黒い雑種犬への、私自身の非情無情を思い出してしまうのだが、当時は社会全体としても、犬や猫は室内飼いすべし、という“常識”はない。予防接種、という慣行もない。今ふうにまともに飼っていれば、三歳にもならずに死ぬことはありえなかったはずだ。

人によくなつき、人を完全に信じている犬は、「純なる魂そのもの」と呼べる宝石のような生き物であり、当時、動物無関心人間だったとはいえ、そんな純なる生き物に粗略な扱いをしたことが、非常に後悔される。その魂に、心から謝りたい。私の人生のその部分は、万死に値する。

幼い犬を冬は連夜、極寒の納屋に暖房も毛布等もなく、戸のない吹きっさらしの中に放置するのは、相当残虐な動物虐待だが、当時の馬鹿な私は全然そのことに気づかないのだ。本当に、ひどいことをした。許される余地はまったくない。犬は、吠えるでも鳴くでもなく、黙ぁっていた。本当に、申し訳ない。

人は、自分の中に、純なる魂そのものを見たとき、感じたとき、その反照として、動物が見えてくるのかもしれない。孤独な個としての自己を、自分の中に(うっすらとでも)感じたとき。それと同じものが、見えてくるのかもしれない。

それが分かっている今の状態で、あの、納屋つきのボロ家(や)に戻り、クロちゃんを抱きしめ、一緒に走ってやりたい。犬に、犬らしい人生を与えたい。

後悔先に経たず。

光陰矢のごとし。


現代も未来も、親が子どものために犬を家庭に導入するときは、その犬の生活・安全・健康・衛生等々に関して親が100%の責任を持つことが重要である。子どもを、“犬の散歩係”とみなしてはいけない。必ず、親が同伴すること。猫やそのほかの動物(あるいは植物)に関しても、同様のことが言える。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

治安と戦争

このブログでは何度も指摘していることですが、政治家レベルでも、全人民レベルでも、明確に認識しなければならないのは、戦争と治安努力(まだ存在しないグローバル警察の活動)はまったく違う、という点です。

それがないから、いつもいつも、ぐだぐだした議論がえんえんと続いてしまう。警察官が発砲しなければならない状況がどうしてもあるように、南スーダンのように政府軍による残虐な犯罪行為が(抑止力なく!)続いているところでは、PKOが武器を使用する局面が必ずあるはず。

まさに、そのための武装であるはず。おかしな、つまらない、国会議論はえーかげんやめてもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オトコの敗北:東京都政

なにも言うことはない。薄汚い、醜い顔をしたオトコたちが、次々とゴミのように水面に浮上して掃除されていく。まだまだ、とうてい不十分だろう。女性都知事の女性力には、今後もおかしな妥協をいっさいしないことを期待したい。いかがわしい経緯で決まった怪しげな土地と、その上に建てられた物理的科学的にいかがわしい建物は、完全に無視、廃棄する、忘れてしまう、でお願いしたい。

個人的には、オリンピックも廃案にしてもらいたい。国際的に有無を言わせられぬ口実を見つけて…。

例: フクシマ≒チェルノブイリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ