« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月23日 (月)

江戸城無血開城

明治維新の最終期、江戸の町、そして江戸城が、官軍の総攻撃を受けることなく、最後の征夷大将軍徳川慶喜が死刑に遭うこともなく、城は単純に明け渡し、慶喜は故郷の水戸に引っ越す、という完全平和な事件を「江戸城無血開城」という。

それは多数の複雑な状況を含み、また江戸城引き渡し後もしばらく各地で戦闘があった明治維新において、ほんの一瞬のワンシーンにすぎないけど、このブログの、コミュニケーション学というテーマからは関心をそそる。

平和な権力移行がそこで成功した最大の理由は、両方の代表交渉者がともに優秀で立派な人物だったこと、かねてから互いに、相手を尊敬していたこと。両者間に、若干の交友関係もあったこと。そして、両者に、戦争ではなく条件交渉で決着をつける、という意思があったこと。

どうなのか。前世紀前半の日と米(ほか)の上級政治家間に、そのような「人格的関係」はあっただろうか。今の、日本と中国(など)はどうか。今後は、どうか。

江戸城無血開城は、しっかりした、人間的コミュニケーションがあれば戦争が起きないことの、典型的な証明例だ。

防衛とは、強力な軍備を持つことではない。防衛とは、戦争になりそうな敵が存在しないことである。味方を増やす、努力である。もちろん、それは、安易な努力では実現しない。たまたま運良く実現する個人プレーでもだめだ。

この歴史上の事件をよく知らない方は、まずWikipediaの記事でも読んでみよう。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

完全無欠の他者不在、ドナルド・ジョン・トランプ

彼が地球温暖化などの環境問題を、その存在を否定するのは、環境規制がなくなり、アメリカのエネルギー産業がフル稼働したら、産業界も労働者のふところも潤うからだ。雇用も、増えるかもしれない。

人類はやっと、「自然」という他者をうっすらと自覚し初めた。しかるに、アメリカファーストは、他者を犠牲にする自己繁栄策であり、長期的には自滅策でもある。すでに海水面上昇で水没が始まっている南太平洋の島国の人たちは、今後、アメリカ政府を国際司法に訴える資格を持つかもしれない。いや、もしかしたら、全世界の人びとが。

そもそも、「移民排除」と「メキシコに自動車工場作るな!」という矛盾にも気が付かない馬鹿。メキシコ人も、今度のアメリカ政府に対して怒る資格を持つだろう。

民主主義は往々にして衆愚主義となり、やがて醜怪な大悲惨を招く。21世紀も、それの繰り返しか。進歩らしい進歩もなく。

ところで、昔も今もえんえんと薄っぺらな美辞麗句ばっかし垂れ流している(周囲がそれをチェックしない怪と怖)どこかの無能バカソーリも、まさに、衆愚主義の産んだ子かもしれない。

そもそも彼らは変化が見えない人たちだから、変化の陰の部分を近視眼的に「衰退」と見るのだ。なくなるべきものはなくなるのが、変化である。それをgreat againを志向するのは根本的な間違い。正しくは、変化の中に旧のagainはない。ありえない。例:従来的なエネルギー産業の大復活は、ない、ありえない。

※: ちょいと乱暴なたとえで言うと、明治維新が明日に迫っているのに、徳川幕府great again!と叫んでいる人たちに似ている。

アメリカを、世界を、その末端までも、未来へと導くリーダーが必要である。彼のような懐旧主義者ではなくて。彼に投票した人は、自己と彼の馬鹿にまだ気づいていない。単純愚かに、過去にあったもののagainを夢見るのみだ、現時点では。

あるとき、最広義の環境産業が大雇用を作り出す、と自覚できれば、彼の救いもあるかもしれないが、まああのバカ面(日焼けスプレーによるorange face)じゃ無理かな。いや、どんな人間にも成長変化の可能性はあるけどね。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

いい加減やめろよ欺瞞的疎外的コンピューター観

うちでは新聞紙が重要不可欠な「資材」のひとつなので、同じ住宅地内のUさんやOさんにいただくだけじゃ申し訳ないので、一紙とっている。記事はほとんど読まないけれど、一面の大きな見出しは目に飛び込んでくる。その馬鹿新聞の新年早々の馬鹿見出しに、「AIでヒトは進化するか」とか、「人工知能を愛せますか?」、などとある。

昔から一般社会に蔓延しているこの種のコンピューター観の共通点は、コンピューターと、そいつに読ませる、その動作を定義する文書であるプログラム(ソフトウェア)を、人間の現実世界の外の外界(げかい)へと疎外していることだ。

このようなコンピューター観では、ソフトウェアはどっかの未知の非人間的集団が作って、人間社会に送り込んでくるもの、すなわち“よそ者”だ。

コンピューターとそのソフトウェアは人間が作るものであり、その人間が「だれでもありうる」という視点がここには欠けている。コンピューターとソフトウェアは、自分も作る(かもしれない)ものだ、という内在性が欠け、それらは完全に、ディスクリートに、疎外されている。山深いイナカのジーサンバーサンのコンピューター観のように。

彼らの観点では、AIも人工知能も、単に、どっかよく知らないところから押し寄せてくるものだ。自分が作るもの、自分も作るもの、という正しい見方が欠けている。ソフトウェアは、人間なら誰もが書ける文書の一種にすぎない。コンピューターやソフトウェアを、人間自身のイシューとして、そろそろ扱え!!、バカオトコたちよ。

こうして、馬鹿新聞に代表されるメジャーな(間違った)視点のおかげで、多くの人間がいまだに、コンピューターやソフトウェアに関して主体的な認識、主人公としての認識を持っていない。自分のものである、と認識していない。かつて日本人の識字率は世界最高と言われたが、コンピューターに関するイリテラシー(非識字状態)は、あまりに長く放置され、しかも2017年の冒頭においてもそれが大部数マスコミの馬鹿見出しによって甘やかされている。

私は馬鹿メディアも嫌いだけれど、Appleのような人間を単なる消費者扱いしてしまう企業や製品も、同じ理由で大嫌いなのだ。ついでながら、単なる惰性的スター屋稼業へと墜してしまったD**** B****氏も、クソ以上に嫌いだ。

私は主にアメリカの、ソフトウェアやプログラミングをめぐるドキュメンテーションやコミュニケーションの、独特のフレンドリーさを新鮮に感じ、過去ほぼ30年間、その方面の本の執筆や翻訳で生計を支えてきた。

それらが平均5000部売れれば、生計は成り立ったと思うが、実際には2000〜3000部である。まず、年金を払えないから今および未来の私は無年金者である。最晩年は、ホームレスとして飢え死にする可能性が高い。国民健康保険も払えなくて、保険証をもらえなかった時期もある。住宅ローンも、そのために、してはならないタイプの借金をしたこともある。(住宅ローンは後日、日本で「おれおれ詐欺」が一大産業として安定確立している原因の一端によって、幸運にも完済できた。)

要するに、プログラミングは人間なら誰でもするもの、できるもの、おもしろいし達成感もあるもの、という、コンピューターに対する正しい主体的認識が、コンピューターイリテラシーの逆のコンピューターリテラシーとして普及していれば、平均5000部は楽勝だっただろう。プログラミングは誰もがやるもの、になっていただろうから。

コンピューターのプログラム、ソフトウェアを、外界(げかい)へと疎外した馬鹿見出しが、早くも年頭から、紙面に踊る馬鹿な光景は、ありえなかっただろう。

複雑巨大なプログラムであるAIも、私たちと同じ人間が書いたものであり、当然、バグもある。

ときどき利口でときどきアホな人工知能と、小学生が書く単純なプログラムコード:

if (夕方の西の空==明るいオレンジ色){  print("明日は晴れ"); }

は、完全に同じものである。プログラムのサイズ以外は。

-----
追記:
馬鹿記事馬鹿見出しを長年連発しつづけるマスメディア側の基本動機は、大衆を、消費者を、永遠に、無知・受け身に維持することである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年最初の苦労: gvimにおける矩形貼り付け

vim/gvimにかぎらず、テキストエディターを使っていて矩形操作(ブロック操作)をする機会は少ない。めったにやらないから、一度成功したことでも、忘れてしまう。しょうがないのでvim-userメーリングリスト(今ではgooglegroups)に久しぶりに質問したみた。最後のKen Takataさんの解は、まだ試してない。マウスを4回クリックするなんて、オトロシイ!

[自分]
On my gvim screen, there are two sections on a same column:

abc
def
ghi

rst
uvw
xyz

and I'd like to have two different columns aligned on same lines, like this:

abc rst
def uvw
ghi xyz

Yes, I think I have read all of the related docs available on the net, but they can't help. So I'm going to rely on the old friends here. TIA.

[Paul(Jan)]
Visual block select (control-v) and yank the second block. Enter two spaces after the c. Either enter normal mode and paste, or control-o and p.

[自分]
We only get the [p] result as:

abc rst
uvw
xyz
def
ghi

That is, and has been, our current perpetual problem.

[Pongthep]
You did something wrong.
Well, you have...

abc
def
ghi

rst
uvw
xyz

In exit mode (escape), move the cursor to 'c'.
Type 'a' to enter insert mode, then type 2 spaces.
Escape again, then move the cursor to 'r'.
ctrl-v to enter visual block mode.
Then type 'l', 'l', 'j', 'j', to cover the block to move.
The current cursor will then move to 'z'.
Type 'd' to delete them.
Then repeating 'k' until the cursor points 'a'.
Then type '$', and finally 'p'.

Hope that helps.

[Aswin]
With cursor on the 'r' of 'rst', do this key sequence:

<ctrl-v>lll jj d gg A <space><space><esc>>p

This is same as what Jan said, just putting down the keystrokes.

[自分]
Thanks Aswin and Pongthep. I think I was doing the same thing as suggested by using the gvim gui, that is, using a small animal-like good-old hand device and everytime got the funny pasting result by hitting [p].

On the jEdit program which is one of the new generation of the text editors on Linux, you have [rectangular select] and [clipboard extension]>>[vertical paste] menu items under the [[Edit]] primary menu. This "vertical paste" thing did the task I wanted long perfectly.

I shall use the jEdit editor when some table-like editing operation is needed.

Any way, thanks very much for your valuable helps. Thanks again.

[Ben Fritz]
If you were to actually, correctly, use CTRL+V to select the text you copied, then Vim will AUTOMATICALLY do a "vertical paste".

Either you aren't following directions, or you have a mapping interfering. You shouldn't need a different editor to do this. It's built into Vim and has been for years.

[自分]
Oh Ben, you are right.

This morning I tried to do THE same task by using ONLY vim key commands like [h][j][k][l] for cursor movement, then I got the perfect desired result i.e. a vertical pasting. The lesson I may have learned is "don't use mouse for cursor movement for gvim rectangular operations", and, "You only should use those venerable vim key commands".

I prefer an appropriate set of menu items and mouse operations, though. Gvim must be a GUIed vim.

Thanks, any way.

[KF]
Use Alt-LMB (Left Mouse Button) to do a VISUAL BLOCK selection.
Add two spaces, and do a paste...

HTH

[kamaraju kusumanchi]
Does not seem like a portable solution. For example, in Debian + KDE
setup, + drags the window as mouse moves along.

[自分]
Kamaraju may be right. It doesn't work on my environment which is Linux/Ubuntu too. Did KF mean a Windows environment, or ...?

[KF]
I'm on Windows, maybe this will help for KDE/Genome:

" .vimrc settings...
" Alt-Mouse-Left for block selections
" You need to disable/switch the Alt key for KDE/Gnome (Windowsettings for KDE)
nmap <A-LeftMouse> ms<LeftMouse><C-q>`so
imap <A-LeftMouse> <Esc><C-q>`^ms<Esc>gi<LeftMouse><C-o><C-q>`so
vmap <A-LeftDrag> <LeftDrag>
vmap <A-LeftMouse> <C-q>

Ref: http://code.jity.de/Jack12816/linux-environment/commit/85e397753e5cceb505dfd1f7ccbfe1955fd83c29?view=inline&w=1

HTH

[Ken Takata]
See ":help gui-mouse-select".
It says "quadruple clicking makes it rectangular block-wise."

Regards,
Ken Takata

【2017/01/29追記】
[自分]
Hi Ken,

Thanks for giving us one of the deepest esoterica of the gvim editor.
But we somehow feel the four consecutive mouse clicks on a same position and in a very short time so horrible that we haven't tried them yet. When a good time should come someday, we'd surely try them, though.

Thanks again.

[Ryan Nabinger]
A quick note:

I find P more useful than p because of columns' typical left-alignment and my desire to not mangle the tailend of my paste destination.

Also, 1v is very useful when dealing with blocks (:he visual-start), especially when transposing blocks / overwriting blocks.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »