« 'America First' can destroy America first | トップページ | リンクのアップデート »

2016年11月20日 (日)

Microsoftの金儲けテクニック

これはもう古い話題で、自他ともにうんざりしていると思うし、アフリカなどの排泄物垂れ流し地域に対する、ビル・ゲイツ財団のトイレ普及整備活動が、ものすごく巨額のものであれば、われわれにとっても多少は癒やしになるかもしれない。

それはともかく、最近、(これも多くの人はとっくに知ってることかもしれないが)「Microsoft Office同梱のパソコンにおけるMicrosoft Officeは、客が買ったその特定のマシン一台に対してしかライセンスされていない」ということを知る経験をした。当然当方は、唖然とし、ア・タ・マにきた。

ワン・ノブ、Microsoftの鴨タイプ、WindowsとOffice(Word, Excel, ...)しか使えないパソコンユーザーのマシンが壊れた。患部は、よく壊れるハードディスクではなく、もっと内部的な故障らしい。

その人は、仕事で、毎日パソコンを必要とする。修理に出していたら、いつ直るやら分からない。そこで私がやってあげた名案(その後“冥案”と判明)は、ヤフオクで中古の同型機を買う、そのハードディスクを故障機のハードディスクで換装する。うまくいった!!…のは最初の1か月ぐらい、ExcelやWordの文書数にして20ぐらいか。その後、Microsoft Officeは「ライセンスされてないマシンだ」と主張し、門前払いをくらわす。

Microsoftのサポートに電話したら、ベトナム訛り(?)の日本語で、上述の「その特定のマシン一台に対してしかライセンスされていない」を主張するのみだ。言い換えるとそのMicrosoft Officeというソフトを、ほかのマシン上では使えない。

そんなあほな!としか言えないが、それが絶大なる金儲けテクニックの一つだ。

新たに4万円近くを出して、新しいMicrosoft Officeを買うしかない。特定マシン同梱品ではなくて、一般市販品でも、最大で2台までにしか有効インストールができないから、阿漕な金儲けテクニックの形としては、まったく、今回の体験と同じだ。

コンピューターの、OSのレベルと主要アプリケーションのレベルで、コンピューターらしい正しい姿を持っているのは、私の知るかぎり、Linuxとその界隈だけだ。『ソフトウェアの特定マシン縛り』なんて馬鹿げたものは。そこにはまったくない。長年そんな世界に住んでいる者なので、今回の体験は一層ア・タ・マにきてしまった。

ビル・ゲイツさん、せめて、全財産をアフリカのトイレ整備に投じなさいよ。

[後日談]上述の、“特定のマシンのみのライセンス”はウソ。真実は、1台のPCにしかライセンスされないMicrosoft Officeが、最初、そのマシンにライセンスされていただけ。ライセンスを別のマシンへ移すことは可能。ライセンスされていないマシン、というエラーメッセージを出すボックスを画面上に見ながら、Microsoftの「ライセンス認証」のところへ電話をする。電話機上とコンピューター(キーボード+画面)の両方で、大量の数字を正しく入力する“拷問”に耐えたあと、Officeのライセンスはそのエラーマシンへ移行し、ふつうにOfficeを使える。

------
【別件】この、子犬たちの里親募集へのリンクを、友だちや知人などにシェアしていただくと、ありがたいです:
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-122312.html


|

« 'America First' can destroy America first | トップページ | リンクのアップデート »

コメント

革命家なのではなく、商人なのですね。

投稿: 南 | 2016年11月21日 (月) 08時36分

コンピューターという新しい文化が、Microsoft的なものであったら(==ノン・オープン、ノン・コミュニケーション)、私をはじめ、誰も、それをおもしろい、楽しいとは思わなかったでしょう。

私のような、専門技術者でなくドキュメンタリストである者も、UNIX〜Linuxやプログラミング(C言語〜Java)をめぐるオープンでフレンドリーなコミュニケーションに魅力を感じたのです。技術そのものも、それをベースに進化していった。

Oracleは、Javaの、そんなクラウドソーシング(crowd sourcing)な進化過程を理解していない。古い、Microsoft的タイプの企業。

しかしそれはまだ、一般大衆レベルの楽しさにまで変容していない。そこが、今後のコンピューター教育、プログラミング教育の重要な課題のひとつ。プログラミングを、楽しい、おもしろいものとして教えること。

投稿: iwatani | 2016年11月21日 (月) 11時56分

>コンピュータの、os レベルと主要アプリケーション レベルで、正しい姿を持っているのは、私(=せんせい)とする}知るかぎり、Linux と、その界隈だけだ。

わぃとこの所帯に、Windows XP Professional で遣り取りしよった IBM machine が、1台ありますのや、

HD が、コロコロいぃだしよったさけぇ、抜き取って捨てたんや、

で、本体は死んだ儘や、そこで、せんせいに御指南いただきたいんや、正しい姿で活き返らせるには、どないしたらよろしぃやろぅか?

投稿: ぶん | 2016年12月 7日 (水) 14時39分

> 正しい姿で活き返らせるには、どないしたら
車の運転にたとえると、今のあなたは、自動車の構造や仕組みや運転技術をまったく勉強せずに、いきなり運転を始めた人と同じ。しかも、コンピューターは車よりひと回り難しい。

本も、ネット上の情報も、たくさんあるから、難しい機械を使いこなすためには、まず勉強。これは、常識。

投稿: iwatani | 2016年12月 8日 (木) 08時29分

やっぱり、わざわざ(=)せんでも、せんせいやったな、

勉強はしたんやけど、忘れたんや、それに、「 勉 強 」は、もううんざりやし懲り懲りや、

構造や仕組みを勉強せずに、いきなり運転を始める。これまた、世間の常識。

投稿: ぶん | 2016年12月 9日 (金) 15時10分

> 世間の常識。
車なら、不勉強の人は、道交法違反で人を轢き殺して刑務所行きじゃわ。コンピューターをなめてんなら、最初から手を出すな!

投稿: iwatani | 2016年12月 9日 (金) 17時34分

不注意と不勉強は、別もんやと思うんやが、、、

最初からって、、そりゃ無茶ちぅもんやで、わてかて、コンピュータに手ぇ初めたよってに、こうやって此処に type してまんねゃ、

それになぁ、ひとは、事が解らんよって、とりあえず手ぇ出してみるんとちゃいまっかぁ?

投稿: | 2016年12月10日 (土) 17時37分

> とりあえず手ぇ出してみる
自分だけ死ぬなら、えーけどな。

投稿: iwatani | 2016年12月11日 (日) 07時40分

えっ!自分だけ死ねるんけぇ?

投稿: | 2016年12月13日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/64518673

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoftの金儲けテクニック:

« 'America First' can destroy America first | トップページ | リンクのアップデート »