« 空気のように遍在する「他者不在」 | トップページ | Another 他者不在s in Nations »

2016年5月18日 (水)

「他者不在」の純粋巨大な結晶サイクス・ピコ協定

今のあの残虐なテロ集団の思想的背骨のひとつが、「サイクス・ピコ協定の廃棄/リセット」らしい。私はまた違う意味で、あの小さな半島の直線(という悪い冗談)による二国分割をリセットせよというのと同じ、前向きの理由から、サイクス・ピコ協定は完全リセットすべき、と考える。

他者がいない。当事者がいない。当時の列強三国による中東という「対象物(オブジェクト)」の勝手な分割案である。他者不在の、巨大ダイヤモンドのような、ピュアな結晶がそこにある。列強にとっての他者である当事者たち(あの土地の上の住人たち!)は、完全に聾桟敷に置かれている。後日、“他者からの復讐”が起きて当然である。

今、同じことが、「宇宙」に対して行われている。その他者からの復讐は、今のテロ集団の何千倍も巨大で深いだろう。鎮圧は不可能。人類が全滅する可能性すらある。

宇宙は、お前らの勝手な、オブジェクトじゃねぇ!!!くそったれ!!!

中近東は、お前らが勝手に、分割支配してよい対象物じゃねぇ!!!空っぽ脳みそどもめ!!!

今や、サイピコ100周年を祝う者たちはいない。
が、もっと重大なのは、
協定を公に問題視する勢力が存在・成長していないことだ。
テロ集団は、その空隙をつく。

(いわゆる列強…とくにイギリス…による対中東他者不在乱暴狼藉、三つ巴四つ巴の矛盾は、もっと大きな問題であるけれども、ここではその重要部品の一つであるサイピコだけをあえて取り上げた。)

|

« 空気のように遍在する「他者不在」 | トップページ | Another 他者不在s in Nations »

コメント

アフリカの国境線もひどいですよね。

開拓者・冒険者という小児的愚行。

投稿: 南 | 2016年5月19日 (木) 07時49分

アフリカはもう回復の余地はない、誰かが言ってたが,,,,,

投稿: bad | 2016年5月20日 (金) 18時38分

> アフリカはもう回復の余地はない
どーゆー意味?

投稿: iwatani | 2016年5月20日 (金) 20時12分

すいませんが、良くしりません。

投稿: bad | 2016年5月20日 (金) 21時29分

癌という病も、ある意味他者からの復讐なのかもしれません。

投稿: musataro | 2016年5月23日 (月) 07時43分

そこらへんをブラックボックスにしている歴史の恣意性。ルネッセンスにおけるイスラムの知識とか、ギリシャ彫刻の色彩を剥がして白くして美術館に保管とか、根深いものを感じる。アジアの一員としてそこらへんが見える位置にある人が日本にもいるのでしょうが、沈黙を余儀なくされているのか。私もまた、お客様的な意見で申しわけない。「塔型からカモメ型へ」のフレーズが浮かぶ。再鎖国論だっけ…。「自然観~世界観の革命」が必要。

投稿: S-D | 2016年5月23日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「他者不在」の純粋巨大な結晶サイクス・ピコ協定:

« 空気のように遍在する「他者不在」 | トップページ | Another 他者不在s in Nations »