« 永遠のすれ違い | トップページ | 未開の荒れ地を快適なグラウンドへ均(なら)す »

2016年2月19日 (金)

文脈(コンテキスト)がすべて

丸山さんという人については、昔テレビでよー見たなぁ、ぐらいの認識しかないけど、今回の、「オバマ大統領は黒人だから奴隷の子孫」とか「日本がアメリカの州のひとつなら」などの言葉は、これらを孤立させて見るとたしかに奇異だけど、いろいろニュースをあさって、発言全体の意図を知れば、そんなに悪質な言葉ではない。

言葉の切れ端だけを取り上げて、人の発言を非難する人※が多いが、非難する前に全体の文脈を知るべきである。

※: このブログのコメントにも、そういうお馬鹿な批判や非難が昔からよくある。

言葉の意味は、文脈で決まる。文脈の中に、発話者の本当の発話意図==意味がある。文脈がすべて。

真の文脈が、物理的に目の前にある言葉だけでは分からない場合もある。「その人の全人格的文脈」というやつだ。仏陀の言葉など、その典型だろう。

まあ、なにしろ、文脈(コンテキスト)がすべて、である。

引用に際しても、それの文脈によく注意すべきだ。勝手に都合よく利用するのではなく。

|

« 永遠のすれ違い | トップページ | 未開の荒れ地を快適なグラウンドへ均(なら)す »

コメント

勝手に利用する人はいるんですよ。~すべき
とかおまえはガキか。

投稿: | 2016年2月26日 (金) 10時29分

コンテキスト・レスで勝手に利用するのはあかん、と言うとるんどす。「すべき」は、英語ならmust、should、have to、need toなど、ごく当たり前の言葉じゃ。神経とがらす方が異様じゃわ。

投稿: iwatani | 2016年3月11日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/63233959

この記事へのトラックバック一覧です: 文脈(コンテキスト)がすべて:

« 永遠のすれ違い | トップページ | 未開の荒れ地を快適なグラウンドへ均(なら)す »