« この国 | トップページ | インターネット憲法第n条 »

2016年1月 4日 (月)

いじめ自殺を過去のものに

生物の進化史を漠然と想像してみると、新しく登場した種は最初のうちは、既存種によって、ばかすか殺されたと思うよね。でもだんだん知恵をつけて、既存種にやられないようになり、新しい種としての生活圏を確立していく。

「個」というものを比喩的に一つの新しい種と考えると、大きな過渡期のうんとうんと初期である今は、古い既存種、すなわち共同体性の残滓のだま的結晶であるいじめグループに、やられる機会が多い。新しい種は初期には孤独で弱い。どんどんやられる。

でも、そろそろ、親たちの世代が変わるとともに、転機が訪れてもよい。いじめグループと断固として戦う、のは時間とエネルギーの無駄遣いだから、基本戦略は『無視』と『逃げること』だ。そして毎日、自分が本当にやりたいことに、没頭してればよい。それがあれば、いじめの憂鬱さ、悲しさ、腹立たしさに、人格を直接やられずにすむ。そこから、新しい、充実した中身を持つ「個」ができていく。

親やまわりの大人は、それを示唆誘導しなければならない。

|

« この国 | トップページ | インターネット憲法第n条 »

コメント

賢明な答えだと思う。しかし柄谷さんなんか、僕は礼儀と常識がないって言われるが礼儀と常識あって頭の悪い人にどれだけ被害を受けたかわからないと言ってるように、ある意味天才的に頭よかったりするとロクな目に会わないのである。

投稿: bad | 2016年1月 4日 (月) 19時04分

そうだよな~、’70年代の黒人音楽には“get away"といって、逃げる・関わらないというのがモチーフになっていたよなー。はむかうんじゃなくて、こちらの中身を充実させていく。そして立場を逆転させる作戦。
もっと皆さんに読んでほしい。

投稿: s、n | 2016年1月 4日 (月) 20時39分

@bad
前にも申したように、文脈レスの引用は意味不明になるので、やめていただきたい。分かっているのは引用した本人だけで、しかも、それすら勝手な誤解である可能性が高い。

投稿: iwatani | 2016年1月 5日 (火) 08時00分

社会がいじめを本当に何とかしたいと思うならば、いじめられっ子ではなく、いじめっ子のほうに着目すべき。

彼らは一種の精神疾患に罹っている。

今はその気がないのでいじめられっ子のほうにばかり着目している。

投稿: 南 | 2016年1月 5日 (火) 08時31分

@南
ほんとそうですよね。

投稿: bad | 2016年1月 5日 (火) 09時07分

@南
現社会は圧倒的な比率で、共同体の残滓側なので、それは、ないものねだりです。

学校は、教師は、教委は、もっと抑止力をつけろ、という主張と同じ。

投稿: iwatani | 2016年1月 5日 (火) 18時36分

その人の尊厳が回復不可能になるまで、イヤがらせをしつこくするのがいじめだと思うが、あんまり酷い場合学校ならやめて他の方向に行くしかないと思いますが、、

投稿: bad | 2016年1月 5日 (火) 23時03分

関係ないが、生物は意外に簡単に、地球上に生まれてしまったらしい。

投稿: bad | 2016年1月27日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/63002883

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ自殺を過去のものに:

« この国 | トップページ | インターネット憲法第n条 »