« いじめ自殺を過去のものに | トップページ | フード値上げ »

2016年1月 4日 (月)

インターネット憲法第n条

他者の発話を自己の言語観で解釈ないし感取し、それをもってその他者を評価(批判、非難、処罰、称賛など)してはならない。評価には、発話に込められた真の意味や意図を知るための、その他者との十分な対話コミュニケーションが、先立たなければならない。十分なコミュニケーションなく行われた評価には、そうであることの注記が伴わなければならない。

例: 私はこう感じたんだけど、発話者の真意は違うかもしれない…。

※注記: 言語の意味体系は唯一無二であり、それを自分もすべての他も共有している、という暗黙の強固な思い込みも、共同体性の残滓である。


|

« いじめ自殺を過去のものに | トップページ | フード値上げ »

コメント

The words always have two meanings.           
           (Stairway to heaven)

投稿: | 2016年1月 6日 (水) 21時24分

訂正
Someyimes words have two meanings. でした。としたら本稿にはあってないかも。いや、このほうがあっているのかも。ちゃんちゃん。

投稿: s、n | 2016年1月 7日 (木) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/63002952

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット憲法第n条:

« いじめ自殺を過去のものに | トップページ | フード値上げ »