« David Bowie逝く | トップページ | 世代の更新が人類を徐々に変える »

2016年1月18日 (月)

論理裁定の必要性

世界司法(+強力な法執行能力)は迅速に必要であり、国連でもどこでもよいが、有効性の点で発起者にいちばんふさわしいところがなるべく早期に発起してほしい。実現までは長期のすったもんだがあると思われるが、実現の必要性という点に関してコンセンサスを形成する努力がまず必要だ(あくまでも法より力!と信じて乱暴狼藉を働いている連中を平定するためにも、世界司法とその法執行機関は必要だ)。

ちっちゃな無人島の領有権問題などで、未来の戦争を恐れるなんて、そんな、あほなー。
(世界司法は、特定一国に属さない地片を前向き法定すべきである。)

そして、上のような広域圏の司法と並行して必要なのが、非常な狭域圏のための司法equivalentだ。

それが、「論理裁定」である。

いじめ、なんとかハラ、かんとかハラ、モンスターなになに、それらに近い非論理のゴリ押しを防止し、いわれなきストレス源をなくし、癌死亡率を減らす。

前回は某国総理大臣の論理性欠如を指摘したが、いまや、まともな対話の成り立たない非論理ゴリ押し人種は多い。このブログにもときどき、どーしょーもない無残でみっともないお馬鹿さんが登場するが、仕事関係のコミュニケーションでも、たいへん疲れるお馬鹿暴弾に遭遇することがある(いずれも100%オトコ)。論理を無視しているのではなくて、脳内に、論理というものが最初から欠落しているのだ。伝統的に、戦争の使い捨て兵器でしかなかったオトコは。

知人で某有名大企業のカスタマサービスをやってる人によると、「単純な、子どもでも分かるような理屈が分からず、一方的に自分の要求や主張を押し通そうとする人が最近多い。全員、若いオトコだ」そうだ。

だから、今では、論理も“社会化”されなければならず、それを担うのが「論理裁定」サービスだ。議会の議事堂だけでない、社会のあらゆる細部に、それは必要だ。

脳内に論理性のない人とは、対話しようにも対話が成り立たない。相手は、同じことを何度も繰り返しつつ、がみがみと怒鳴るだけだ。たとえばこないだの例では、

(1)それまでの議論で証拠(論拠)としては棄却されたものを、またすぐに繰り返してくる;

(2)それはコミュニケーションのルール違反*だ、と言っても、またそれまでと同じことを言ってくる;

*: この場合は、ひとの言葉をいきなり自分の語感(観)で勝手に判断解釈評価し、その判断等を正当視すること。

(3)こっちが言ってない(書いてない)ことを、言った(書いた)と主張する(←このムチャクチャの例は意外と多い!)。

こういう、非常に無意味に疲れる場面では、当人では無限にらちがあかないから、第三者としての論理裁定サービスの登場が待たれるのである。「ほら、ここの談話の論理構造は〜〜〜これこれだから、あなたのXXXはまったくそれに合ってないよね」、と言ってくれる人が。

もちろん、第三者の言すら無視して無論理の暴虐を続ける人はいると思うが、もうそうなると、こっちは、無視・沈黙・逃げるしかないね。

でもこの超ローカルな司法相当にも、いずれは強力な法執行力が要請され、芽生え、育つだろう。わしなんか、馬鹿を半分ぐらいは楽しんでしまう方だが、なんとかハラやいじめの被害者には、たぶんそんな余裕はない。


|

« David Bowie逝く | トップページ | 世代の更新が人類を徐々に変える »

コメント

声が大きい者の勝ち
という社会を止めにしなければいけません。

考えることが嫌いな人のなんと多いことか。

進化・進歩を願ってはいない??

投稿: 南 | 2016年1月19日 (火) 08時12分

東京くんだりまで大学行って驚いたのは
、周りの連中や講義で見る生徒がなんも考えていない事だった。

投稿: bad | 2016年1月19日 (火) 23時06分

岩谷さんに必要なのは論理性以前の客観的事実認識力ですけどね。
論理性も事実認識力も薄弱な岩谷さんのため、頼りないお仲間に代わって論敵を思想弾圧してくれる存在をお望みのようですが、仮に「世界司法(+強力な法執行能力)」だの「論理裁定サービス」だのが実現したところで、岩谷さんのお力にはなれないかと。
馬鹿馬鹿と罵るだけのお方を正当化する論理はあいにくこの世に存在しませんので。

投稿: ★ | 2016年1月19日 (火) 23時42分

それにしても、仮にも文筆業者の端くれである岩谷さんが思想弾圧機関をご所望とは、いやはや驚きました(笑)

投稿: ★ | 2016年1月19日 (火) 23時47分

>一方的に自分の要求や主張を押し通そうとする人が最近多い。
私は今、まさにそのような人に仕事の中で捕まっておりまして、、、、しかも還暦むかえた、いいおっさんですよ。特徴としては、こちらの言い分をいっさい受け付けて(聴こうとして)くれない。それなのにこちらと何かとコミュニケーションを取りたがるのです。そんな人と仲良くなれるわけないし、仕事なんかしたくないですよ。

投稿: musataro | 2016年1月20日 (水) 10時57分

論理性もさることながら、充実した議論とはなんなんだろう。なんというかそれは、どのような最終目標に向かってかの議論によるのではないだろうか。なにを確認するための議論であるか、みたいな感じの。けして相手を打ち負かすための議論であってはならない。そこら辺を混同してはいけない。  こんどぉーです。

投稿: s、n | 2016年1月21日 (木) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 論理裁定の必要性:

« David Bowie逝く | トップページ | 世代の更新が人類を徐々に変える »