« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

「貨幣」==「他者不在」

つい数日前のひらめき記述で素描したように、貨幣は全人間を単一・共通の測度でベタ塗りするのである。だから、貨幣関係においては互いの他者性がimplicitにもexplicitにも不在であり、他者性認識はどこか脳の外の遠くの不可視の宇宙の果てへと忘却されている。忘却は‘思い出す’こともあるから、ここではあまり適切な語ではない。

やはり、不在、「他者不在」がいちばん的確な語だろう。

貨幣関係、交換価値関係が複数の人間間(かん)を完全に支配してしまう、その根因は、人類が遺伝子の中に持っている「沈黙交易」のトラウマではないか。しかし、そのように相互疎外関係にあった原始共同体間にも、かなり頻繁にロメオとジュリエット物語は発生し、それは大きな共同体間コミュニケーションへ発展することはなく、マイナーな悲劇へと封殺されたと思われる。

コミュニケーション不能には、各共同体がいだく強烈な鎧兜(よろいかぶと)、宗教・神も強烈に貢献するが、宗教批判の起源がニーチェの「神は死んだ」だったとするなら、その歴史は浅く、まだ大衆的普及にはほど遠い。よく知らないが、当時ニーチェは、社会から狂人扱いされたのではなかったか。

貨幣という単一・共通の測度のグローバル支配には、したがって人間の遺伝子の中にしぶとく残る旧共同体性(≒オトコの戦争愛好癖)を融解する力はない。むしろその支配は、宗教勢力等によっても都合よく利用されるのだ。

9月28日加筆
「ローカル権力(II)」の後半を、かなり加筆しましたので、おひまな人はぜひお読みください。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

新しい世界福祉思想

今、世界中の善意の人びとの99.9999...%が理解していない、しかも最重要なことは、貨幣が持つとされる‘価値’の本質が差異であり、したがって貨幣制度の温存と貨幣的(なるべく!)平等の実現、この二項は、互いに矛盾していることだ。貨幣の分布がフラットになれば、貨幣はその価値を失う。

したがって善意の人びとの100%が、貨幣に支配されないグローバル社会の実現を目指さなければならない。

関連して、十分な貨幣収入が得られる定職があることを、人間としての自立と見なすことも、人間の尊厳に対するとんでもない犯罪である。ある時点で、アクティブな労働力は、その時点の社会が必要とするだけあればよい。そのほかの人は勉強とか、好きなことをしてればよい。まだ教育をはじめ基本的なインフラが充実していない国や、あるいは障害者の人びとに、(いわゆる、貨幣収入的)自立のみが善であるという思想を押し付けるのは不正であり、一種の虐待だ。

必要な課題が見つかる(〜〜を見つける)ことによる、労働力ニーズの増加はありえるが、その発見や創造は、つねに成功する保証はない。それでよいのだ。

貨幣を稼ぐことのみが正しい生き方、とする粗悪思想を、できるだけ早期に抹殺する必要がある。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

フォルクスワーゲンとソフトウェア部品

自動車製品を構成している成分は、ハードウェアもソフトウェアも同格に「部品」である。発売後に、ある部品の不具合が見つかったら、迅速にリコールすればよいだけの話。

今回の、“不正”と呼ばれている事件は、もっと一般的に言うと、特定の部品の不具合をVW社自身が見つけることができず、したがってリコールもしなかった、という事件だ。見つけたのに黙っていたのなら、企業として自殺行為であり、まさかそれはないだろう。

ソフトウェアの作成には錯覚によるミスもよくあり、今回のはif~ A else BのAとBを錯覚で逆に書いたようにも思われる。そうではなく、報道されているように、意図的な悪事だったのかもしれない(自殺行為だが!)。

しかし、そのへんはどうでもよい。

重要な問題は、巨大企業VW社の品質管理部門に無能部分がある、という点だ。コンピュータ化が進むと、ソフトウェアという厄介な部品が増えるだけでなく、ハードにも、自動車作りの古参たちにとって見慣れない部品が増えてくる。しかし、品質管理部門の能力をアップデートする、アップ・ツー・デートに維持することは、困難だが必須の課題だ。

少なくともあと数年は、VW社および傘下ブランドの車を、世界中の人が、買うべきでない。同社の体質改善のためには、当分、厳しい不買に徹するべきである。というより、買う(&乗る)のは危険である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

価値交換(==貨幣)の欺瞞

戦争そのものが欺瞞だ、とする、レノンの直観に倣って:

だれかが何かを必要としていること、何かを欲しいことと、わたしが何かを必要としあるいは欲しいことは、それぞれ、別のことやん。互いに、全然関係ないことやん。ひとつひとつは、それぞれ、完全に独立・孤立している。

それを、無理やり(しかも共通測度的に)関係付けよう、結びつけようとするところに貨幣の無理があり、そのグローバルな悲惨の根因がある。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

ローカル権力(II)

今や世界はたいへんなことになっておりまして、太平洋の片隅の勤勉有能な労働者の多い小島の(比較的)平穏も、やがて崩れるかもしれない。

想定しなかったことは、往生際の悪い、武力暴力大好きのローカル権力の健在と、彼らによるグローバル化への抵抗だ。数世紀、そこらを搾取してきたヨーロッパは、その社会構造を放置した。北朝鮮などその一部は、もちろん、数世紀とは言えないが、北朝鮮の場合、親勢力たるロシアも中国もその社会育成は完全に怠ってきた。

しかし、あのジャーナリスト殺害事件のようなことが、日本国内で起こったらどうか。当然、警察という名のlaw enforcementが動いただろう。今回は、日本もどこも、law enforcementは動いていない。グローバルには、法も治安もどちらも不在だから、今のところは。何もできず、手をこまねいている間に、殺人行為は彼らのプロモーション込みで行われてしまった。治安の不在のエアーポケット内で、ローカル権力の残滓が暴力を肥大させつつ、のさばる。

しかし重要なのは、解決手段が「戦争」であってはならない、という点だ。戦争なんて言うと、まったく尊敬すべきでない相手を、尊敬しちゃったことになる。解決手段は、国際協力による治安活動でなければならない。

日本の保守勢力も、また反保守勢力も、どちらも、頭の中、心の中で、治安行為と戦争行為のくっきりとした分別がなされていない。それが明示的に確立しないかぎり、力の行使場面の是非をめぐって、無意味な議論の泥仕合が今後も繰り広げられるのだろう。

アメリカが行う戦争に助っ人するのは、完全に馬鹿げているし憲法違反だが、グローバル治安行為への参加は、どの国でもしなければならない義務だろう。

例:ベトナム戦争は、明らかに戦争(しかも完全に愚劣無意味な戦争)であって、小指の爪の先ほども、治安行為ではない。

無残に殺されてしまう罪なき人びとの霊にしっかり報いるためにも、国際治安の強力化を急ぐべきだ。そのために絶対に必要な国際司法/グローバル司法は、並行して徐々にできていけばよい。最初は、人類共通の道徳観みたいなものがグローバル司法の芽であればよい。

乱暴なローカル権力の平定と並んで、いや、平定努力そのものの強化のためにも、かつての搾取とは逆の、各地元の社会育成がぜひとも欠かせない。マララさんは喝破していた: 「彼らには教育が与えられていないし、まわりに本がなかった・今もないだけだ。だから銃を持つ」と。

「戦争」と「治安行為」をはっきり分けて考えるようになれば、今のマスコミや論者等における…戦争や軍備の是非等をめぐる…ぼあぼあもわもわと混乱した議論が鎮静消滅するだけでなく、国際社会のあり方・考え方が抜本的に変わるはずだ。国際的コンセプトとして、「治安行為」がexplicitに確立していない。この曖昧模糊としたままでは、コンゴなどで死んでしまう国連などの人たちが、あまりにも気の毒である。そしてもちろん、「治安行為」は、国際協力による計画であり行為である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

うーん、またまた女性だ

この記事と、この記事

ギリシャなんかもIT立国で行けば、50年後にはGDPでドイツを抜くかもしれない。このままではますます、脱国者が増えるばかり。富裕層の金も国内で資本として投下されずに、どんどん脱国している。あのおっさん(名前を失念!)が首相であり続ければ、なーんもできない年月が重なるのみ。

難民と自称難民たちの身元審査をまったくやらない(できない!)メルケルさんは、はたして大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コトの発端

そもそも、私なんかが大学入ったころは、学生は「安保反対集会」に出るのが務めとなっておりまして、安保の何たるかを詳しくは知らない私も、まわりの雰囲気に押されて集会の一員になったことが何度かある。

そのときのニッポンのソーリダイジンが、今のソーリの祖父である。「反安保」==「打倒岸」であった。彼についても私はほとんど無知であったが、「顔が良くない」という印象は確実に持った。それは、今のソーリについても同じ。オトコで、しかも顔の良くない人は、仕事でも良いことはできない。それに“世襲”(親/祖父の七光)が加わると、最悪である。

職人さんのような特殊技能以外は、親(〜親の世代)に対する批判の上に新しい何かを築くのがまともな人間。

安保(1960年代)の前の「警察予備隊」(自衛隊の前身)(1950年代)から、アメリカによる日本の再軍事化は着々と進んでおるのであり、今回のあれも、その第何歩目かにすぎない。きもちわるいことが、えんえん、繰り返され、積み重なっている、ということ。

そのきもちわるさの深化が背景になることによって、「平和憲法」の歴史的重要性も次第に、よりくっきりしてきていると思うが、重要性の認識が最上位的政治勢力にまでは成長していない。

このブログと、前身のエッセイ集で何度も言っているが、「平和憲法」は、その実装努力がこれまで、あまりにも希薄僅少だったのだ。これからが勝負だ!、とも思うけど。でも実装努力の希薄が続けば、「平和憲法」はあいも変わらず日本人にとって、“指のあいだから流れ落ちていく水”みたいなものであり続ける。最終的に無になる可能性もある。そうはならない、という雰囲気も、最近は感じられるけれども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

ローカル権力

中東や南アジアのような複雑怪奇なところをあえて避けて、ここではシンプルなギリシャで例示しよう。

資本は、本質的にグローバルな力である。従来のローカル権力の政治家や役人などが、思う存分“腐敗”を維持し続けるためには、大きな強い資本を断固、排除しなければならない。

ギリシャには未だに、産業らしい産業がなく、仕事らしい仕事がない。端的にわかりやすく言えば、フォルクスワーゲンギリシャ工場は、ない。

腐敗をほしいままにし続けるために、ローカル権力が資本を門前払いし続けたからだ。

残念がら、ほとんどの地域で、ローカル権力よりは資本主義〜グローバルな貨幣経済の方が、ずっと善である。「すべての地域で」とは言えないまでも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ビールの泡

大きなジョッキにビールを注ぐと、上の方に浅い泡の層ができ、その下に大量のビール本体がある。

ヨーロッパへ、とくにドイツへ流入しようとする難民or難民ふうは、この泡に相当する。

・おそらく、一人につき、または一家族につき、日本円換算で100万円近くの費用がかかっている。金持ちは、欧米や日本以上に、超少数派である。

・密航業者という犯罪者に金を渡すことは、それ自体、犯罪である。

・シリアだけをみても、近隣のレバノンなどで数百万の難民が劣悪な生活を強いられている。

そのビールの泡は、欧米を軸とする国際社会が、問題を本気で解決しようとしないことの、結果でもある。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アメリカ人の馬鹿は某狂信殺人集団の馬鹿と互角

(毎日新聞・2015/09/05):

今月1日、男性の同性カップルが申請した結婚許可証の発行を拒んだ際、「誰の権限か?」と聞かれ、「神の権限よ」と主張する様子が大きく報じられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

傷だらけの20-21世紀

古くて不人気な映画のレビューをAmazonに書いても、読者ゼロという可能性も大きいので、ここなら読んでくれる人が何人かいると思われるので、引用しよう。「フラッシュバック」というイギリス映画のレビューだ。


世紀をまたいでフレッシュに未解決のイシュー、ロックとその世代

テンポも悪く、かったるく、ストーリーのめりはりもなく、くだらないセックスシーンとかも多く、駄作凡作の古いテレビドラマと思って、最初のうちは見ている。カメラワークと編集と音楽とキャスティングがていねいできれいなので、それに惹かれてずっと見入ってしまう。すべての登場人物の演技が、やはりていねいできめ細かくて淡々と自然に見えて、まったくいやな感じはない。それに、心惹かれてしまう。

そして最後のあたりで、主人公のせりふから、この全体の、抑えた、かったるさの真意が語られる。

登場シーンの時間こそ少ないが、あの、何代目かの007でスターになった男優の、唯一最高の佳作ではないか、と思われる(演技も、自然で抑え気味で良い)。「パイレーツオブ…」などで大スターになった男優の、唯一最高の佳作が「ギルバート・グレイプ」であるように。

こんだけ落ち着いた、きめ細かい、レイドバックな、ローキーな作品は売れなくて当然か、Wikipediaで見る興行成績は、両作とも、悲惨である。

テーマ曲であるIf There Is Something(Roxy Music, 1972)や、タイトルバックのIt Ain't Easy(David Bowie, The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars, 1972)は、古さよりも、40年後の今日なお新鮮なまま生き続けている、現代世界の傷口を、あらためて自覚させる。

住宅地近くの海岸に、第二次世界大戦時の機雷が未処理のまま放置されているという、無理と思われる設定(==この映画の悲劇性の核)も、その無理を通した作者の意図を、汲むべきかもしれない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »