« もうひとつの戦争==貨幣 | トップページ | グローバル無法地帯: インターネット »

2015年6月 5日 (金)

フェミニズム 2.0

これまでのフェミニズム、フェミニズム1.0は、女性の立場を男性と互角にすることを目標としていた。

しかし、オトコ(人類の雄)が地球上(もしくは宇宙内)最悪の害獣であることが明らかになりつつある今日、この、男性と互角路線の価値とイメージは低下している。

本ブログでは、本編やコメントの一部で、「やっぱり女性はエライ!」シリーズを折りにふれ展開しているが、それらの例はいずれも、『女性ならではの』能力や感性に基づく活動例だ。ここに取り上げた少数の例がすべてではなく、地球上各地でさまざまな女性ボランティアが活躍している。

これら、仮称フェミニズム 2.0は、1.0の時代のように、プロパガンダ的な活動、運動、論陣等がなくて、各現場における個々の地味な仕事ぶりがあるだけだ。そのことも、女性ならでは、と言えるだろう。

フェミニズム 2.0は、女性が男性との互角を目指すのではなく、むしろ、女性的な価値が上位に立つことにより、男性主導型の歴史の傷(きず)を、治していくものになるだろう。一部では、傷はますます激症化しつつあるから、その道は前途遼遠だが、でも希望は、そこらの方向にしかない。

でも、頑張るのはよいが、無謀はやめて!と言いたい。自分のイノチも、たいせつに。

|

« もうひとつの戦争==貨幣 | トップページ | グローバル無法地帯: インターネット »

コメント

新たな革命は今までとは全く違った形で起こる本当の革命。

参照、「レヴォリューション」ビートルズ

投稿: 南 | 2015年6月 8日 (月) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/61683592

この記事へのトラックバック一覧です: フェミニズム 2.0:

« もうひとつの戦争==貨幣 | トップページ | グローバル無法地帯: インターネット »