« アベノミクスの被害はついに猫にも | トップページ | パーティション操作顛末記 »

2015年5月 4日 (月)

うーん、格差と地域社会の質

この記事は、アメリカの、ホームレスレベル、あるいはそれに近いボンビー人家庭が、移住先の都市のタイプによって、やや良くなったり、ならなかったり、という調査レポートを紹介している。

良かった都市は、どちらかというと地味な中都市、学校の規模も地域社会の規模も小さい。ボンビー人、ミドルクラス、金持ちクラスがごったになってコミュニティを形成し、一緒に教会行事や地域社会の行事、市民活動なんかに参加している。言い換えると、精神的な格差が厳しくないし、近隣社会的なコミュニケーションが定常化している。

私が気になったのは、日本ではどうか、ということ。経済的に厳しい母子家庭なんかが、比較的住みやすい、都市や地域社会は、どこだろう?

|

« アベノミクスの被害はついに猫にも | トップページ | パーティション操作顛末記 »

コメント

母親も介護施設に入っていて、毎日漂流している様な生活で、非常に不安な日々だ、どうすりゃいいんだろう。

投稿: bad | 2015年5月 5日 (火) 21時53分

常に過度な競争を意識しなくてすんで、かつ村社会過ぎない地方がいいんじゃないですかね。

収入の不満を言ったらキリがないですが、子供を育てる環境には恵まれていると思いますよ。

自分の事だけ考えている大人が少なく他人の子供の面倒見てくれて、子供同士も割りと誰とでも付き合ってくれます。

投稿: aa | 2015年5月 6日 (水) 08時54分

この記事読んで思ったのが、例の大阪橋◎知事の大阪都構想。まさに「近隣社会的な定常化したコミュニティ」をぶち壊す構想だと思いますよ!なんでも効率化すりゃいいっていう発想が駄目なんですよ。それこそ「他者」を封じ込める発想だと思うのです。関西の人は騙されちゃいけないですよ!・・・と私は思いますがねぇ。

投稿: musataro | 2015年5月 6日 (水) 14時07分

@bad
> どうすりゃいいんだろう。
自分が何かボランティア的な忙しいことにコミットすることです。他者を助けること。もーれつ、忙しくなること。

投稿: iwatani | 2015年5月 6日 (水) 20時36分

@iwatani
>地域社会の質
なんか出来すぎで迎合していると思われかねないが、わたしゃ山形県の人って素晴らしいと思うんである。いつものように、催事の朝は逆に早起きして散歩をするのである。今回は川の流れを求めて歩いていたところ、近くに南中学校というのがあった。あさの6時頃かと思うが、女子中学生がクラブ活動の朝練に自転車でやってきた。グラウンドなんかを見ると、ソフトボールやテニスクラブの子らがジャージ姿で練習している。さて、そんなあぜ道みたいな道を一人で歩いている自分みたいな男に、女の子は「おはようございます!」といって挨拶して走り去っていった。金沢の女子中学生には、たぶん考えられないことである。なんというか社会的にしっかり育てられているなー、という気がする。(自分もしっかり育てられなかったクチであるが。)
他にも、白つつじ公園で見た“黒獅子祭り”というのにも、成人近い若い男女が大勢、白い衣装を着て笛や太鼓の演奏をしているのを拝見したりした。地元の昔からの行事にも頑張っているのも頼もしいじゃないですか。

なんかここら辺りの東北の人って、「正しい日本人」が残っているという感じがするんだけれど。

@bad
メール送りました。

投稿: ohiya | 2015年5月 7日 (木) 13時52分

[訂正]
育てられなかったクチ→育てれなかったクチ

投稿: ohiya | 2015年5月 7日 (木) 14時02分

こういう教育は、一家庭だけのとりくみでは弱いので、それこそ社会や学校全体で取り組まないと、定着しない気がする。

投稿: ohiya | 2015年5月 7日 (木) 14時09分

しつこくて申しわけない。

一家庭だけのとりくみでは弱いので、それこそ社会(町内)や学校全体で取り組まないと、ひろく定着しない気がする。

投稿: ohiya | 2015年5月 7日 (木) 15時00分

 わざわざ「ら抜き」に訂正するのを初めて見た(笑)。

投稿: 市川智 | 2015年5月 8日 (金) 11時38分

すいません。受動態と能動態の違いがあると思ったので。

投稿: ohiya | 2015年5月 8日 (金) 18時30分

@iwatani
例えば具体的には、どんな事でしょうか?

投稿: bad | 2015年5月 8日 (金) 23時02分

>一人で歩いている自分みたいな男に、女の子は「おはようございます!」といって挨拶して走り去っていった。

上のことを朝飯時、一緒に来ていた女の人にいうと、「そうやねー、こっちから言うていいのかどうか分からん時があるからねー。」という感想。確かに都会とかで朝、こっちの方から中学生に「おはよう」なんて声かけたら、ドン引きされるだろう。都会とか街中では「見知らぬ人に声かけられたら、避難しましょう。」が標語になっているからね。

メディアの使い方である。前に「アナウンサーは要らない」の記事がありましたが

ーー本稿未完ーー

投稿: ohiya | 2015年5月 9日 (土) 08時06分

@bad
全国誰でも、自分の近傍に、助けを必要としている高齢者や、無名のNPO的活動や、動物などが、いるはずです。

投稿: iwatani | 2015年5月 9日 (土) 08時10分

@ohiya
> ドン引きされる
最近は、ohiyaという人が連日、一方的に大量にしゃべりまくるので、みんな、このブログからドン引きしてまっせ。対話性/会話性をかもす雰囲気がまったくなくて、いかにもオトコ的なんだな、トーンが。

ま、ブログの主宰者の無能、もあるかもしれないけど。

投稿: iwatani | 2015年5月 9日 (土) 08時18分

@iwatani
あ~、よかった、てなもんである。オレも自分のアレには引いていたくちである。だってほかの人が入ってこないんだもん。まー、何をどう書いたって変だろうから、何も言いませんが。
あすは仕事なので、皆さんごゆっくり。わたしも、これからは控えておとなしくしていようと思いますので、・・・・・。

投稿: ohiya | 2015年5月10日 (日) 01時19分

[訂正]
だってほかの人が入ってこないんだもん。→
ほかの人が(その人の)コメントを書かないからである。
(どうも伝えにくいです。コメントへの入口は誰にも平等に開かれているし。)

投稿: ohiya | 2015年5月10日 (日) 02時23分

@ohiya
自分のブログを立ち上げるべきですね。そうすると対話性〜会話性を意識せざるをえなくなるし、目の前にいる読者を意識して、書き方も内容も良くならざるを得ない。

余計なお世話だけど、仕事の方も、独立した方が良いかもしれない。

投稿: iwatani | 2015年5月10日 (日) 18時36分

はぁ、どうも。これまで自分の書き方は、感じたことを書き尽くすのに精一杯でした。なんとか最後まで書くのに気を取られて、対話性は頭になかったです。あと、あっしの特徴として、ケッコウ連想が効くのであります。で、だんだんと文章がながくなる。じぶんで、足りない結論にたどり着いてしまうという感じでした。(連想ゲームなら、得意かも。)
これからは、反省して200文字程にとどめて、まぜてもらえるなら、みんなと対話していきたいと願っておりんす。あと、毎日のアクセス数が100ぐらいになるのを目指したいよね~。

投稿: ohiya | 2015年5月10日 (日) 23時42分

>毎日のアクセス数が100ぐらいになるのを目指したいよね~。
なぜ100にしたいのか。なぜなら、カネのために働きたくないからである。んで、多くの人にカネの無意義性を知ってもらいたいからです。もうちょいましな世界で暮らしたいからです。
@iwatani
>独立した方が良いかもしれない。
あいにく当方、資金も根性もないのですが。しかし、ロックにハマった人ハマる人というのは大なり小なりKYな人じゃないだろうか。「おとなしくしていたい人は、ロックなんか聞くべきじゃない。」とはSさんの名言だと思うけど、ロック好きな人はKY度数の高い人だと思う。自分もご覧のとおり、高くて上司と上手くいくことが本当に少ない。気付いたら言いたくなるし、言わなきゃ変わらないと思うし。で、七転八倒しているんである。

投稿: ohiya | 2015年5月11日 (月) 17時06分

しかし大学が権力的というので、渋谷氏は一週間でやめているが、僕なんかからすると考えられませんね。

投稿: bad | 2015年5月15日 (金) 17時55分

今日は金沢フォーラスにギターの弦を買いに行ったが、フォーラスはもうもう商品の山で、こんなに商品あってどうするんじゃと思った。

投稿: bad | 2015年5月16日 (土) 16時49分

@bad
>こんなに商品あってどうするんじゃ,

昨日の朝、NHKラジオスッピンの「源ちゃんの現代国語」(?)という番組で“ウルグアイ大統領の名演説”というのを聴きました。資本経済、貨幣経済の矛盾・人間に対するバカバカしさについて、納得できる演説でした。ググってもらえば、動画も日本語訳も見ることができます。

やはりこんなバカな経済システムは、放棄しなきゃ生きてる意味はないのでは?。貨幣の持つどうしようもないイヤラシさに気づいて、それを乗り越えていくには自分らがどう変わらなければいけないのか、共に考えてみたいです。

投稿: ohiya | 2015年5月17日 (日) 02時05分

@iwatani
老人関係はいくつか有りましたが、動物関係ひとつぐらいしかない。それと想定されるのは、また変わっているとかで、敬遠される可能性大です。結局障害者作業所的な所に行くしかないんだろうかと考えてます。

投稿: bad | 2015年5月18日 (月) 20時32分

@bad
> また変わっているとかで、
あんたはそうやって、いつも自分のことばっかし気にしてて、他人・他者を見てないから、自分の中から何も生まれてこないのじゃ。

自分ではなく、他者に関心を持てば、やることは山のようにある。そこらの老人にも、ボランティア(無料)やったら、日常的にしてほしいこと、たくさんありまっせ。

今のbadさんは、盲(めくら)だから、なんも見えんと思うけど。

投稿: iwatani | 2015年5月18日 (月) 21時03分

いやきつい事いいますね。そんなに自分の事気にしてないつもりなんやけど、まあそんな事言ってたら何もできませんね。

投稿: bad | 2015年5月18日 (月) 21時38分

@bad
いちばん分かりやすい例は、目の前の池や川で子どもが溺れかかっているときです。その子を救おうとして頑張るとき、つまらない自意識はゼロになる。

投稿: iwatani | 2015年5月19日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーん、格差と地域社会の質:

« アベノミクスの被害はついに猫にも | トップページ | パーティション操作顛末記 »