« I'm afraid | トップページ | 日本の平和憲法を世界の平和憲法に »

2015年3月26日 (木)

誰も言わないことが怪奇

ずいぶん前、「アベノミクスはミニバブルだ」という説をこのブログ上のいくつかの記事で展開したが、最近になって、メジャーな経済学者も言い出すようになった。この記事(野口悠紀雄さんインタビュー)だ。

最近は「王子様病説」をやはりいくつかの記事で展開しているが、これは残念ながらメジャーな人はまだ言い出してない。
# 王子様病 site:http://alga.moe-nifty.com/xor/ でググってみよう。

もう相当経つのに、近傍で誰も「王様は裸だ」を言い出さないのが、怪奇だ。それどころか、今だに、褒めそやす人たちすらいる。単にそれは、発言の経済学か。いよいよ、おとろしいね。

もう一人の、総理歴のある王子様は、「ロシアのクリミア併合は民意だから問題ない」と帰国談を述べた。おいおい、将来日本人が袋叩きに遭うようなことを、軽々と言うなよ。

どこかの集団的王子様は、相変わらず沖縄を米軍基地大盛りオムライスにゴリ押ししながら、ロシアに北方四島を返せと言い張っている。

馬鹿が臨界点に達して爆発することもあるのでは?

☆何よりもまっさきにメジャー化してほしいのは、貨幣の価値の本質が差異であることの認識だ。この差異には、低い方ほど多い、高い方ほど少ない(希少性がある)という性質があるため、ピラミッド的な階層構造になり、底辺ほど分厚い。世界各地のひどいスラム、極貧、飢餓、劣悪な社会・生活環境等々はすべて、貨幣がその価値を持つための必須の基盤である。それらがないと、貨幣も無価値となる。自己の有意な存在のためにそういう大量の極貧層を必要とする貨幣は、恥ずべき、犯罪的な存在である。そのことに、世界中の人びとが気づかなければならない。

# 貨幣 差異 site:http://alga.moe-nifty.com/xor/ でググると、いろんな記事の所在が分かる。


-----【以下は固定フッター】-----

旧ホームページ(あくまでも“旧”!)
コミュニケーション有能への進化(本ブログの前身)
ブックリスト(著書訳書のリスト)
旧「犬と猫」(あくまでも“旧”)
トマスと一緒(筆者: 岩谷啓子, 一部加筆: 岩谷 宏)


|

« I'm afraid | トップページ | 日本の平和憲法を世界の平和憲法に »

コメント

人間は機能が低いから「量」しか認識することができない。

だから、なんでも量に置き換えて考える。

どうすれば人間は進化できる?

投稿: 南 | 2015年3月27日 (金) 08時21分

@minami
このブログより前の時代に書いたと思いますが、量とか数は、「同じもの」がある、(2コ3コ4コ……とある)という概念です。

つまり、他者==絶対的な違い、が存在しない。すなわち、コミュニケーション不能の本質の一つです。

この人とあの人は「違う」なら、量を前提とした政治や制度は無効となります。

工場で量産されたまったく“同じ”壺Aと壺Bも、同じ壺二つ、ではない。それぞれ違うし、互いに他者です。

投稿: iwatani | 2015年3月27日 (金) 14時09分

質が違うから対立否定するのじゃなく、積極的に肯定しんとダメなんじゃないの。

投稿: bad | 2015年3月27日 (金) 17時53分

@bad
質が違うことを肯定的に認識できないから、量でくくろうとする。それが、コミュニケーション不能の特質。

投稿: iwatani | 2015年3月27日 (金) 20時35分

おう、本当にカネに対して大きなX(ばってん)を投げつけたいぞ。ほんとにこんなものが必要なのか。これだけが生きていく手段・メディアなのか。誰がその価値を認定・保証してくれているのか。

生活基盤や水準が苦しくなればなるほど、カネが貴重になってくる。なによりも、どんなことをしても、カネが大事となっていく。

「人の欲望原理に沿わない社会なんて、結局ソビエトみたいになるんだよ。」

「公的な欲望・欲求」の拡大・拡充。
「私たちはつながっている。」「ONE HEART. ONE LOVE.」

しれーっと「我が軍」と言ってのける総理大臣、そして「不自然ではない」と言って擁護する官房長官。あー、これはこれは、いつか来た道。

>量を前提とした政治や制度は無効となります。
同じようにパーセンテージなんてのも、全く意味不明な数字じゃないでしょうか。なんじゃ、あたまかず・個数で割るなんて。

あーー、愛し合いたい。しっかりと手をつないで。一人もとりこぼすことなく。肌をふれあって。なにがどうなろうとかまわないけど、目と目で笑みをうかべ、今日と未来のために歩いていきたい。あーあーあ〜。

投稿: ohiya | 2015年3月28日 (土) 00時16分

ドイツにもカタギリキチョーがいるとは知らなかった。

投稿: bad | 2015年3月30日 (月) 21時03分

例えば・・偏差値とか、なんか一つの物差しだけで、人の優劣を判断して、勝手に落ち込んだり、上から目線になったりして。

今の「危ない総理」になってから、前にも言いましたが、なんか色んなものの「格差」が浮き彫りになっているような気がします。マスコミもまやかし的な「景気のいい話」だけを流してる。都市や、大企業だけが潤ってるだけじゃないか!

投稿: musataro | 2015年3月30日 (月) 23時43分

@南
>人間は機能が低いから「量」しか認識することができない。
できないのではなく、「量」にスポットを当てて「質」を軽んじているんだと思います。質をどれだけ追求してもパワーにはならない。逆に無神経ゴーマンに量に変換してしまえば、数による勢力として他を駆逐できると、バカなオトコは考えるんじゃないだろうか。単細胞的に「勝負が大好き」なオトコたちは。あーこりゃこりゃ。なんてったって、戦略的ですからね。

投稿: ohiya | 2015年4月 1日 (水) 02時34分

欧米のロックギタリストだと、あこれあいつだと大体分かるが、日本のギタリストだとあんまり分からんのは何でだろ。

投稿: bad | 2015年4月 1日 (水) 20時04分

花見にも行けないしどんどん書いてみよう。
「質」を追求するとは、優しさ、思いやり、誠実、安全というようなハートウオーミングな方向に進む。オトコにはそんなもの、無用、用無し、ジャマなのだろう。 オイオイ。

投稿: ohiya | 2015年4月 5日 (日) 15時26分

acerのパソコンにlinux入れたらどうなるのか分からないので、入れてない。

投稿: bad | 2015年4月 9日 (木) 18時49分

@kawabata
>「お金とは自然数であり、この世のあらゆる事物の価値を表すのに使われている」(自己論のスケッチ1-1)
@iwatani
>量とか数は、「同じもの」がある、(2コ3コ4コ……とある)という概念です。
つまり、他者==絶対的な違い、が存在しない。すなわち、コミュニケーション不能の本質の一つです。

おもしろいですね。両者のコメントを並べると、また貨幣の無意味さ・無惨さがクリアーになったような気がします。
鑑みて一つのコミュニケーションの場を想像してみる。
「オレとアンタは、全く違う。アンタの考えていることは、全く透けて見えないし、おんなじにオレの考えていることや思っていることもアンタには見えないだろう。二人はこんな意味じゃ隔絶されているよなぁ。
だけど今、この瞬間アンタと仕事をしていて楽しいしやりがいもあるし、これからもやってみたいという、気持ちはある。
まぁなんにしろ、これからのことは分からないけど、人の心の中に「みんなと良くやっていきたい」という強い願いが共有されているんなら、それを信じて持続できるように今日という瞬間を生きていくのが、人生っちゅうもんやないのかなー。」

投稿: ohiya | 2015年4月11日 (土) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も言わないことが怪奇:

« I'm afraid | トップページ | 日本の平和憲法を世界の平和憲法に »