« Another王子様病 | トップページ | 金欲差異欲 »

2015年3月16日 (月)

ギガライン?

この住宅地にNTTがたしか2004年初頭に敷設した光ケーブルのサービス形態は、ひとつのエンドラインをたしか最大30世帯で共用するというやつでありまして、規格上、最大速度は100Mb/sとなっている(“保証速度”ではない)。この場合のbはもちろん、bytesではなくてbitsや。

だいたい昨年ぐらいまでは、WiFi接続のメニューに登場する近隣のエンドポイントは自分の以外は2つか3つぐらいだったが、最近は10前後並んでいる。

たぶん、こういう、ユーザ数の急増により、このところページロードがものすごく遅くなり、動画や音楽などのいわゆるストリーミングの受信は、実用レベル以下のぶち切れ状態になることが多くなった。

必要な出力速度(音楽再生など) > バッファに受信データがたまる速度

という不等式状態なのだ。 

困り果てて、適当にググってNTT東日本のサービス部門らしきところに電話をすると(0120-116-116)、今では最大速度1Gb/sのギガスマートというサービスがあるらしい。

このいわゆるギガラインサービスは、毎月の使用料はこれまでの低速サービスとあまり変わらない。工事費が2万円強、かかる(ルータもNTT提供物を使うなら+3千円)。

毎度毎度、むなしく画面を見つめながら、無為に腕を組んでページロードを待つのは仕事に大いに差し支えるので、早速ギガラインの工事を申し込んだ。3月24日の午前中に、工事に来るという。

たぶん、物理的に新しいラインを敷設するのではなく、既存の光インフラに対するローカルネットワーク機器の交換(==ソフトウェア(ファームウェア)のイシュー)だと思うが、結果はまたこのブログ上でご報告しよう。今は、トラブらずにすんなり工事+屋内セットアップが完了することを、祈るのみだ。

やはり、仕事でインターネットを使う場合は、何らかの形で、予備ラインを持つべきかな、うーん、金かかるね。

|

« Another王子様病 | トップページ | 金欲差異欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギガライン?:

« Another王子様病 | トップページ | 金欲差異欲 »