« グース | トップページ | 差異社会の自然放置 »

2015年2月26日 (木)

またまたまたまた王子様病

「日教組!」
「ムーディーズによく説明して理解してもらえばいい」

(メルケルさんは、内心、唖然として(日本の将来を真剣に憂えながら)帰国されるだろう。)

|

« グース | トップページ | 差異社会の自然放置 »

コメント

なんかあの顔からは、「こんな俺でいいのだろうか。俺で務まるのだろうか。」という謙虚さというのが微塵にも感じられない。どうにも不快な顔をしていらっしゃる。なんだか早口だし安心感もない。ホントに(orホントは)、日本を良くしたいと思ってないんだろう。

投稿: ohiya | 2015年2月26日 (木) 23時46分

野次を飛ばす首相というのを見たことがないので、是非もう一回天然記念物的にやって見せて欲しいものである。

投稿: ohiya | 2015年2月27日 (金) 04時36分

「子供と老人」
なんだかなぁ。中国の一子政策とおんなじように、日本の夫婦も子供は一人しかつくらない家が多くなってるんじゃなかろうか。経済的な面もあるだろうが大半は楽に子供を育てたいという親のエゴじゃないだろうか。これも将来、典型的な「王子様お姫様病」タイプの大人が多くなっていく下地になるんだろう。怖いよなー。(オレなんか男ばっかしの五人兄妹の末っ子だぜ。後妻の子だからであるが、それはそれで先妻の兄貴らとの隔たりはあったりして。)
で、子供なんてのは小さい時に数人の兄弟とこちゃごちゃやっていた方が、中身の深い人間・コミュニケイティブな人間になれる気がする。
で、問題は老人問題である。前にもあったけど植物人間となったら、もうこの世から開放してあげるというのはどうだろう。うちの母も高齢で生きているけど、上記の状態になり数ヶ月経っても・・・・。いやいやいや。なかなか踏ん切れないところではある。だけどそういう決断力も必要かもしれない。

将来の人間が、王子様お姫様病ばっかしになった方が悲惨な社会のような気がするから。それに、医療の果ての果ての「死」というのは、とても悲惨な気がするから。尊厳死というか、来世に送り出してあげる気概も必要かな。

投稿: ohiya | 2015年4月12日 (日) 03時49分

だいたい昔、子供を多く産んだというのは、成人になる途中で死んでしまうというのも、原因の一つでしょう。医療の発達した現在、そのリスクが減ったために一人でよい、となったのかも知れません。
種というのは、誕生→成長→成熟→衰退から逃れられないのだろうか。またはそれを経過できただけ、幸せなのだろうか。でも衰退に向かいつつある今、幸せとは言っていられないよな。

投稿: ohiya | 2015年4月12日 (日) 04時52分

>高齢で生きているけど、上記の状態になり数ヶ月経っても・・・・。
いやいやいや、うえの一文はif節です。まぎらわしいこと書いて申しわけない。

投稿: ohiya | 2015年4月12日 (日) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまたまたまた王子様病:

« グース | トップページ | 差異社会の自然放置 »