« Ubuntu 14.04の後日談/猫3匹 | トップページ | 金太郎飴 »

2014年7月 2日 (水)

波長が合わへんで

平和憲法(不戦憲法)はもう半世紀近く前から徐々に骨抜きにされて、今の日本には軍隊があるわけですから、軍隊が効率的効果的に役割を発揮すべく、そのためのいろんな枠組みが導入されるのは当たり前。それは、これからももっともっと“本格的”になっていくに決まっている。個々のそれらに、あたふたするのは滑稽だし、無意味、無駄。

根本に戻って、日米安保や自衛隊の憲法違反のThe Big Lieを訴えていくことで、やっと全波長が一致し、反戦勢力は、今のような痩せ犬の遠吠え(==無効果)でなく、真の政治力を持てる。

それが実現するかしないかが、向こう5年ぐらいの正念場。
各県各選挙区の愚民たちと、彼らが選ぶ愚人政治家たちにより、1930年代なみ、あるいはそれ以上の、ひどいド壺にはまっていく可能性も大きい。

それならそれで、どうにも、しょうがないが。(そうなったら、日本国籍を捨てる手はあるかもしれない。)

The Big Lieはすでに、日本社会の相当な部分を腐らせている。

|

« Ubuntu 14.04の後日談/猫3匹 | トップページ | 金太郎飴 »

コメント

いま、正義の眼をして「集団的自衛権反対」を叫んでいるまさに同じ人が、同じ眼をして「戦争やむなし」を叫んでいる光景が目に浮かびます。

思想はファッションだからそのときの風向きでどうとでも変わる。

投稿: 南 | 2014年7月 3日 (木) 08時07分

集団的自衛権といっても日本の政府は直接的に争うことは勘弁してもらって、後方で握り飯にぎって支援しますと言っているように感じます。一番嫌われるタイプです。

投稿: musataro | 2014年8月 3日 (日) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波長が合わへんで:

« Ubuntu 14.04の後日談/猫3匹 | トップページ | 金太郎飴 »