« プログラミングに関する12の予言 | トップページ | オトコの光景(再度) »

2014年2月 6日 (木)

コミュニケーションで蘇生した会社

この記事も、当ブログで共有する価値のある記事だと思うので…
(読むためには、会員登録(無料)が必要。)

### 私自身も社員に何かを話した時、相手が本当に理解できるように、一人ひとり、話し方を変えていくように努めました。###

第一回

第二回

第三回

|

« プログラミングに関する12の予言 | トップページ | オトコの光景(再度) »

コメント

ただ自分達の利益のために海外に工場を出すんじゃなくて、私は日本での雇用を守るんだと、、、素晴らしい!こういう女性がもっともっと出て来てほしいです。どこかの大企業の社長さんに聞かせてやりたいものです。

投稿: musataro | 2014年2月 9日 (日) 06時06分

@musataro
> こういう女性がもっともっと
私が全編読み終わったときの感想は、「こりゃーぜったいに、オトコにはできないわ!」でした。筆者も女性で、女性ならではの優れた感性がある。

途上国で、地味に、無名に、地を這うようなボランティア活動を、倦むことなく続けている方も、圧倒的に女性が多いようです。

投稿: iwatani | 2014年2月 9日 (日) 12時58分

やっと読めました。
感心することばかりです。
コミュニケーションが大切だと
今一度、頭に叩き込もうと思いました。
紹介ありがとう

simomitu

投稿: 下光博之 | 2014年2月 9日 (日) 18時06分

読みました。会員登録なんて初めてしましたが、

投稿: bad | 2014年2月 9日 (日) 20時13分

@iwatani
強いですよねぇ。男のが昔っから意気地なしが多い。「女々しい」の言葉の意味を「雄々しい」と同義にした
方がいいな。

投稿: musataro | 2014年2月 9日 (日) 22時56分

中村うさぎのブログをみていたら、なんと人間は他者が気持ち悪いのだと、指摘してあった。えーっそうなの?

投稿: bad | 2014年2月24日 (月) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/59080208

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションで蘇生した会社:

« プログラミングに関する12の予言 | トップページ | オトコの光景(再度) »