« 平和憲法こそ世界標準(global standard)である(続) | トップページ | フェイルセーフ »

2013年7月14日 (日)

Ubuntu 13.04騒動(続)

10.10から13.04にアップグレードしたら、付箋紙がないのである!

さんざん探したら、$HOMEの.gnome2フォルダのstickynotes_appletというxmlファイルに、とりあえず内容は保存されている。日本語文字はなぜかURLエンコードされているので、ブラウザで見れば読める。

13.04には、UbuntuがサポートしていないXpadという付箋紙アプリケーションをインストールできる。しゃーないから、こいつでも使おう。
2003/07/29追記: ほかに、RhinoteというアプリケーションをUbuntuソフトウェアセンターから正規にインストールできる。Tomboyもインストールできる。また、indicator-stickynotesというアプリケーションもある。どちらも、gnome-appletのstickynotesよりは機能が劣るようだ。ググっても、gnome-appletのstickynotesを使う方法は見当たらない。Unityは、クソだ!

----
なお、ワークスペースの直接ジャンプは、マウスではできない(なぜ?なぜ?)ので[Ctrl][Alt][矢印キー]を使う。

開いている目的ファイルのウィンドウを開くには、アプリケーションのアイコンを右クリックするとリストが出る。

Unityは、かなりくだらないし使いづらいし、良かったと思うところは何一つないが、まあ、枯れ木一つも話のタネだから使ってみるか。

なお、ウィンドウにオーバレイされるスクロールバーだけは、もーれつ邪魔なので、http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/ubuntu1304/などのご指導にしたがって退散願った。

|

« 平和憲法こそ世界標準(global standard)である(続) | トップページ | フェイルセーフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 13.04騒動(続):

« 平和憲法こそ世界標準(global standard)である(続) | トップページ | フェイルセーフ »