« 旧社会主義共産主義理論の根本的不良性 | トップページ | 平和の色は暖色 »

2013年7月28日 (日)

そのバカはどこまで本当のバカか

3ヶ月前に書いた記事と、ほぼ同趣旨の見解を今日発見したので、引用しておきたい。

書籍「戦後史の正体」amazon.co.jpリビューより、西村良太氏:
(部分太字化は岩谷)
<引用>
米占領軍基地問題は現在の日本社会の病根であり、帝国主義の走狗としての安保村の売国勢力により隠蔽された、他の一切の領土問題の元凶としての核心的な領土問題である。
</引用>

でも、子どもにでも分かるこの単純な状況が、ほんとに、あのおバカ保守たちには分かってないんだろうか? だとすると、なんで、あんなんが国会議員に? 地方の愚民たちと小選挙区制が、バカ菌の温床か。

とにかく、Big Lies(安保、自衛隊 == 憲法違反)を、バカ総理たちとは180度違う方向で解消しないと、日本の、アジアの、そして世界の、明るい未来はない。

|

« 旧社会主義共産主義理論の根本的不良性 | トップページ | 平和の色は暖色 »

コメント

小選挙区制は廃止した方がいいです。地域によっては七割以上が死票になってしまうのは絶対おかしい!・・ん?別のところでも書いたかな?・・とにかく愚民が祭り上げたアホが当選してしまうような仕組みは即刻廃止すべき!

投稿: musataro | 2013年8月 4日 (日) 08時36分

@musataro
選挙制度を法改正など正規の方法で変えることは、まんまと鶏小屋に入ってしまった狼たちに「狼が入れない鶏小屋」を作らせるようなもので、不可能です。

側面作戦しかないと思うので、私がお金とひまの余っている人なら、地域住民教育に力を入れますね。沖縄、広島、長崎その他で悲惨な死に方をした何百万もの人たちの魂の結晶である平和憲法、人類史の宝物であり、これからの世界の世界標準(global standard)になるべき不戦憲法を、足蹴にするような「心のない」人たちをあんたらは選んだんだよ、ということを自覚させたい。そして、次の選挙では彼らが当選しないようにする。

愚民を、すこしずつ賢民にしていくこと。

それにしても、またまた沖縄に軍事的犠牲をぬけぬけと強要しようとしているあの神経は、いったい何だ! 彼らは、人としての心がない、欠陥人間だとしか言いようがない。もちろん、彼らは歴史も勉強していない。

投稿: iwatani | 2013年8月 4日 (日) 13時06分

@iwatani なるほど!強かに、地道に、性急にならずに、奴らの罠にはまらぬよう、平和活動を普及していく感じでしょうか?憲法とか国防の問題になると、途端に所謂インテリと呼ばれてる輩の主張も、「オトコの光景」になってしまうように思うのです。「なめられたら、他国から攻められる!だから自衛隊は必要だし(国防軍にしろ!とか言ってる奴もいる)それが国民を守ることになる!」という、ケンカ(戦争)好きの発想。多少ケンカした方が平和なんです、とか言う学者もいたりする。もう、いい加減そういう発想ではない「まともな人」に投票したいものです。

投稿: musataro | 2013年8月 4日 (日) 23時06分

@musataro
>多少ケンカした方が平和なんです、とか言う学者
お前がケンカしに行って殺されて来い、と言ってやりたいです。happy01

投稿: ohiya | 2015年4月13日 (月) 05時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/57882197

この記事へのトラックバック一覧です: そのバカはどこまで本当のバカか:

« 旧社会主義共産主義理論の根本的不良性 | トップページ | 平和の色は暖色 »