« thunderbird 迷惑メール 移動しない | トップページ | 「個」と「共同体」(補遺1) »

2012年12月30日 (日)

「個」と「共同体」

今では人並みにお雑煮など食べるが、昔のドクシン時代は、お正月とは大きなフランスパンを買っておいてチープワインで流し込み、どこかのお店が開くまで3〜4日堪え忍ぶものであった。昔は、どのお店も、まじめに正月は休みであった。正月は共同体の歴史的行事であり、断固、私という「個」とは無縁なものだった。

このブログや過去稿などで素描を試みている、人類史上初のコミュニケーション学/コミュニケーション理論においては、「共同体」あるいは「旧共同体」という言葉が、重要な概念の一つだ。人間という動物の根深い悪性の資質であるコミュニケーション不能は、長年の共同体生活が、まるでその“生活習慣病”のように育んだものだ。

そして今日(こんにち)の問題点は、ほぼ世界全域的に、共同体から「個」がぼろぼろとこぼれ落ち、共同体が空洞化無力化しつつある現状において、その個が、生活価値観として旧共同体のそれしか持っていないことにある。個は、個たるにふさわしい新しい生活価値観を、まだ一般的には具有していない。

お正月などの年中行事だけではない。戦争も、トレード(〜〜貨幣制度)も、結婚も、葬式も、等々も、そもそも「個」にはもはや、全然なじめないもの、奇怪な骨董品だ。たとえば結婚(婚姻制度)は、個と個と個が形成すべき社会にとっては、阻害要因(==悪)でしかない。

だが現状の個は、上で述べたように、骨董品をリプレースすべきオルタナティブをまだ一般的には持たない。多くの個が、共同体のものである生活価値観を、無反省に自分でも有価値視している。だからこそ、個を個として支えない骨董品環境の中でさまざまな個の悲劇が起きる。政治が、このことを完全に自覚している国も、この惑星上にたぶんまだ一つも存在しない。

個食ならぬ個生活の蔓延の中で、今では元旦から開いている店も多くなった(というか、正月(等)という制度そのものをなくしてほしいが)。老人の世話は、税による行政ルーチンが担うしかない(消費税増税反対の人が多いのは、個のくせにまだまだ共同体幻想に心を支配されている人が多い、ということだ。結婚==至上の善、説の信者がいまだに圧倒的に多いように)。…これらは個の荒野に生えてきた、小さな草の芽だ。学校やクラスが、いじめともっとexplicitに強力に戦えるようになれば、それもまた芽の一つだ*。

〔*: 学校やクラスがいじめ(共同体性の醜い残滓)とexplicitに強力に戦えるようになってこそ、学校は初めて、「個の味方」、「個の時代に真にふさわしい教育機関」と自称他称できるのである。〕

今は、多くの個が、厳寒の夜の強い寒風のふく荒野に、一人立ちつくしている。Screaming in the Darkness, Talking to My Shadow. Voyant氏がコメントの中で言及しているPauline Murrayのアルバムは、YouTubeで全篇(48分12秒)を聴くことができる。彼女が「地」でやっている表現を、MetricのEmily Hainesは完全な「作品」として彫り込んでいる。つまり主観的な表現を、状況の客観的な把握・定位がつねにささえているしたたかさ、強さと力がある。

|

« thunderbird 迷惑メール 移動しない | トップページ | 「個」と「共同体」(補遺1) »

コメント

@iwatani-san:

Pauline Murrayの1stソロである『Pauline Murray and The Invisible Girls』、そのCD版の全編が、YouTubeにあるとは思いませんでした。遅ればせながら、御指摘有り難う御座います。実際のLP版は、名曲"Judgment Day"で終わり、残りラスト3曲が、貴重なボーナス・トラックで、言う迄もありませんが、これらは、アルバムを通した一連のコンセプトとは無縁の様です。(因みに、"Dream Sequence 1"のみ、一種デモ風で、LP版とは別テイクでした。)以下のWikiは、Just in case, F.Y.I.です:

http://en.wikipedia.org/wiki/Pauline_Murray_and_The_Invisible_Girls_(album)

投稿: Voyant | 2013年1月12日 (土) 22時18分

@iwatani-san:

Pauline Murrayの1stソロである『Pauline Murray and The Invisible Girls』、そのCD版の全編が、YouTubeにあるとは思いませんでした。遅ればせながら、御指摘有り難う御座います。実際のLP版は、名曲"Judgment Day"で終わり、残りラスト3曲が、貴重なボーナス・トラックで、言う迄もありませんが、これらは、アルバムを通した一連のコンセプトとは無縁の様です。(因みに、"Dream Sequence 1"のみ、一種デモ風で、LP版とは別テイクでした。)本Wikiは、Just in case, F.Y.I.です。

投稿: Voyant | 2013年1月12日 (土) 22時36分

ほんとですよね、正月の件。
私、今の職場になって、正月休みなど
無くなりましたが、正月がらみのアレコレは
あって、
それも一段落した、この頃、
楽になった、と感じます。

simomitu

投稿: 下光博之 | 2013年1月18日 (金) 15時24分

二ヶ月前オヤジが死んでしまったが、みんな葬式等に何の疑問も何も持っていない人ばっかりだった。変な感じをもってたのは僕ぐらいだった。

投稿: bad | 2013年11月30日 (土) 20時37分

@bad
私は親の葬儀を中座しました。すでにこの世にいない人より、まだ生きてる犬猫たちの面倒をみる必要があったからです。死の社会的処理は、もっと軽く明るくフレンドリで簡便なものになってほしいよね。

投稿: iwatani | 2013年12月 1日 (日) 08時23分

@iwatani
>個は、個たるにふさわしい新しい生活価値観を、まだ一般的には具有していない。
>政治が、このことを完全に自覚している国も、この惑星上にたぶんまだ一つも存在しない。
ほんとにそうだよね。もはや、個が個として細分化していくのは止められないと思う。そして個が個として充実していくのが、新しい社会の形とも。限りない豊穣なコミュニケを取りながらね。
だけどいずれにしても、いろんな嗜好を持つ人間はいるものだから、ある形に限定はしてはいけないようにも思う。

投稿: ohiya | 2014年9月28日 (日) 02時29分

一月ほど前に町内の家のお葬式に行ってきました。近所で子供の頃駄菓子屋さんをやっていた家でした。遺影には、見覚えのあるおばちゃんの顔が写っていた。
立派な祭壇であった。それに住んでいた場所と全く離れた葬儀所で行われることなんかも、「どうなんだろー」という気がする。大体人が死ぬということは、来世へ生まれ出るという事だと思うのであんなに、しんみりかんみりやらなくていいと思うんだが。どうにも「この世に引き止めておきたかった」的な儀礼臭がプンプンする。俺の場合には、是非ともお祝いムードでやってみたい。というかやって欲しい。BGMは全編ビートルズをかけて欲しいね。ALL YOU NEED IS LOVEからCAN'T BUY ME LOVE, Sgt.PEPPERS, HEY BULDOG, OH DARLIN, YESTERDAY,とガンガンかけて貰いたいね。

投稿: ohiya | 2015年2月11日 (水) 05時00分

そう、この世の人生だけが全てであるかの様に勘違い、思い上がっているからあんなに葬式というものが大げさになるんだろう。バカである。来世はどうなるかは誰にも分からないが、ともかく新しいステージに立てるのである。
それに来世がどうなるのかは、今世をどのように生きたかにかかっているのだから。自業自得というか、全ては自分の内部性しだいじゃなかろうか。

投稿: ohiya | 2015年2月15日 (日) 18時51分

「内部性」とは、自分としては「捉え方」「対応の仕方」という感じで思っているんですけど。

投稿: ohiya | 2015年2月15日 (日) 19時03分

俺ぐらいの年になるといっそ、「人生とは、より良き来世のための準備期間である。」と思った方が良さそうな気がする。10代や20代では全く思えないだろうが。来世のために、徳を積む修行の場を頂いたのだと思う方が、悪業を作らなくて済むし、いざという時に慌てふためかなくて済むと思うのである。だけど煩悩は捨てきれないけどね。

投稿: ohiya | 2015年2月19日 (木) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「個」と「共同体」:

« thunderbird 迷惑メール 移動しない | トップページ | 「個」と「共同体」(補遺1) »