« 犬猫失敗話(1)木造の小屋は寒暑い | トップページ | トレード絶対普遍思想から醒めることの重要性 »

2012年10月28日 (日)

犬猫失敗話(2)日本の地域コミュニティは遠い

この話は、前にも書いたことがある。いまのところに住んで20年近くになるが、未だに、両隣などご近所の家の家族の、「姓」は分かるが「名」は知らない。お互いにそうだ。だからアメリカの地域コミュニティのように、お互い日常的に、「ハーイ、ジェーン!」とか「ハイ、トム!」という具合にいかない。フレンドリーな日常関係のない日本の地域社会は、冷凍庫の中のようにしーんと凍結している。

だから日本では、地域で誰かが動物愛護活動など始めても、そこらの主婦や高校生などが自然に手伝うようになり、コミュニティの活動になっていく、ということがない。むしろ、近隣社会の中で孤立して、依怙地になってやっているようなところが多いのではないか。これまで、隣近所からの関わりといえば、うるさいとか臭いとかで、市役所、警察、保健所などに匿名でクレームするやつは何人(or何回)かいた。そのたびに、理解を求める文面を印刷して、あたり数十軒の郵便受けに配布したが、そのおかげかどうか、フィジカルな嫌がらせとか脅しなどはない。少なくとも、これまでは。

でもこれは、こっちから積極的に助けを求める、という筋合いの話ではないので、個人の活動を地域の活動に変えていくためのノウハウは、未だによく分からない。もっとみんな、(精神年齢が)若くて、知的水準も高くて、人生経験や意識が国際化グローバル化していれば、日本でもうまく行くのか、という気がしないでもないが、うまく行っている例を、私は知らない(横浜磯子区の「地域猫」活動は、いわゆる保護活動とは少し違う)。

しかし日本を動物愛護先進国(殺処分廃止、ペット業者の標準事業形式の確立遵守、ほか)にしていくためには、もっともっと、全国各地の地域が充実し、アクティブにならないとだめではないか。われわれの次の世代では、冷凍庫がせめて冷蔵庫ぐらいに温度アップすることを期待したい。

動物愛護は、動物だけの問題ではなくて、人間とその社会のクォリティの問題(〜〜ひいては経済の多様な活性化)の問題でもあるのだ。社会が、冷血動物から温血動物に変わっていくこと。


|

« 犬猫失敗話(1)木造の小屋は寒暑い | トップページ | トレード絶対普遍思想から醒めることの重要性 »

コメント

昔でいえば長屋、いまではマンション、木造アパート。フィジカルな距離は日本はどの国よりも近い。 だからメンタル面での摩擦は即フィジカルなケンカへの可能性を含んでいます。だから相手との間に想像上の白紙空間を置いておこうとし、あまり踏み込まないのかも。まずはフィジカルに確固たるプライベートの土地がほしいが!

投稿: 長谷川 | 2012年10月28日 (日) 23時28分

脱資本主義経済という観点からもコミュニケーショナルな地域というものは有意義ですね。

ほんとにそうなればいい、と思います。
ですが、どうすればいいのか?は分かりません。

投稿: 南 | 2012年10月29日 (月) 09時24分

カーペンターズの歌の様な、フレンドリーな関係性が、欲しいな。

投稿: bad | 2012年10月31日 (水) 19時35分

あなたの翻訳された

http://jp.techcrunch.com/archives/20121031a-platform-play-gliffy-moves-its-online-diagram-service-to-html-5-and-says-goodbye-to-flash/

の記事ですが、

> しかしなぜHTML5か? それはまず第一にクロスプラットホームだ。Flashよりも管理がしやすい。ブラウザ上の第一級市民だ(Flashは下層民?)、それに、今ではデベロッパがHTML5の方を好む。

> But why HTML5? Because it works for cross-platform environments; it is easier to manage compared to Flash; is a first-class citizen on the browser; and is attractive to developers.

この原文のどこに「(Flashは下層民?)」というのがあるんですか? 答えてください。
どうしていつもこんなおかしな、恣意的な超訳をされるのですか?

こんな馬鹿なことをやめるまで何度でもコメントします。

投稿: 矢部 雄二 | 2012年11月 1日 (木) 21時31分

あなたのサイトのはてなブックマークにも
「TechCrunchに誤訳記事を上げている方」というブクマがつけられているのですが
http://b.hatena.ne.jp/entry/homepage1.nifty.com/algafield/
こんな評価をもらっていて楽しいですか?

投稿: 矢部 雄二 | 2012年11月 1日 (木) 21時33分

 ぜひコメントを続けてください。岩谷さんの思想が垣間見えて面白そうです。
 それで、僕の意見としては、たとえやりすぎであったとしても、100点満点の模範解答の翻訳で意味が間違っていなくてもわかりずらく、何の個性も感じられない和訳よりも、岩谷さんのように、情熱をもって訳された文章の方が断然読む気にさせられます。
 ただ前提として、基本部分の英文法力や単語のニュアンスを見抜く洞察力は、岩谷さんぐらいの人を探すのは難しいと思っています。
 この部分に関しても「Flashは仮想民?」がなかったら「あっそっか、そういう意味か、第一級市民と言うのは。」と思えなかったと思うので、やっぱり、そういう意味でも賛成です。
 いやあなたが間違っていると言う気は毛頭ありませんが、単に僕としては賛成と言うことです。

投稿: alarky | 2012年11月 1日 (木) 22時33分

@矢部
第一級市民という言葉の意味が、すぐに分かる日本人は少ない、と思われたので、その理解を補ったのです。alarkyさんが言っておられるとおりです。(同様の超訳を、BlueBoxの資金調達記事でもやっております。)

一般的に人の言葉を批判等するときには、発話者がその言葉に込めた趣旨や意図、含意などを十分に理解してからにすべきです。そういう意味で、現状のあなたの態度は、基本的に、ネット社会におけるマナー違反です。

(そもそも、jpTechcrunchの記事に対するコメントは、その記事のページに投稿してください。ここは、全然関係のない場所ですから、このブログのほかの読者が、迷惑します。)

日本はまだまだ、残念ながら、あなたのような方がとても多いです。要するにコミュニケーション能力が未発達で、幼稚なんでしょう。あなたも、もっとご自分を鍛え、成長されてから、インターネットに再参加なされてはいかがですか。

私の訳を直対応的に誤訳と言い張る人たちも、あなたと同じ幼稚さとマナー違反を共有しています。しかし、はてブのページではむしろ、Javaドキュメンテーションにおける私の過去の努力が、正当に評価されているように感じますが。

投稿: iwatani | 2012年11月 2日 (金) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫失敗話(2)日本の地域コミュニティは遠い:

« 犬猫失敗話(1)木造の小屋は寒暑い | トップページ | トレード絶対普遍思想から醒めることの重要性 »