« 今度はトイ・プードル | トップページ | オリンピック v.2.0(続) »

2012年7月29日 (日)

人間の一般教養としてのプログラミング

この記事に登場するDouglas Rushkoffという人は、コンピュータのプログラミングに対する考え方が、私の長年の考え方とよく似ている。

ただし、著書をまだ読んでない現段階で言うと、「論理力」とか「コミュニケーション」という視点は、この人の場合、ないのかな?。本のタイトル、Program or Be Programmedがかっこいいよね。プログラミングしろ!、しなきゃお前は一生、プログラミングされる側で終わるぞ!なぁんてね。

ただ、現状は言語(プログラミング言語)が、まだ一般教養に適したレベルにまで精錬されてないよね。テキストの言葉も、最初から今のようなすっきりした(ほぼ)共通語標準語があったわけではないだろうけど。

|

« 今度はトイ・プードル | トップページ | オリンピック v.2.0(続) »

コメント

おはようございます

その本、読みたい、と思います。
邦訳本の予定は無いのでしょうか?

simomitu

投稿: 下光博之 | 2012年8月 1日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140652/55307547

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の一般教養としてのプログラミング:

« 今度はトイ・プードル | トップページ | オリンピック v.2.0(続) »