« 中華パッドから考えるagile manufacturing | トップページ | Lou Reed, 2012 »

2012年6月12日 (火)

カリフォルニアのフォアグラ禁止

カリフォルニア州は前にも「トランス脂肪酸」を含む油脂製品(マーガリンなど)のレストランでの使用禁止を法制化するなど、前向きの法律制定に関してアジリティがある。なぜ日本の国や自治体にない前向きのアジリティをカ州が持ちうるのか、ヒマなとき勉強してみたい。なにかご存じの方はコメントで教えていただきたい。

フォアグラの生産方式が動物虐待だという認識の一般化は、なぜか、ここまで遅れた。今の日本の天皇制は人格虐待だから早急に廃すべき、という認識がちっとも広まらないように、「フォアグラは美味であり、生産者は儲かるし、その生産消費は正しい行為である」という間違った認識が何百年も世界を支配してきた。ちょっと見れば誰にでも、ひでえ、かわいそうな、動物虐待だと分かるはずなのに。

なんの根拠もないのに原発の再稼働に…単にのど元過ぎればで…安全宣言を出すような愚々々のニッポンは、フォアグラに関しても、すでに犠牲者が出ている天皇制に関しても、永遠に、知らんふりをし続けるつもりだろう。一刻一刻健康被害が懸念されるトランス脂肪酸についても、大衆無知の維持を永遠に図る。田舎社会の自己欺瞞と足の引っ張り合いで、未来へ向けて一歩も前進できない日本。

私はフォアグラを食べたことがないし、食べたいと思ったこともない。食べ物はすべからく、そこらの海や野で簡単に多量にとれるもの、に準じたものであるべきだ。ついでながら、銚子市の信田(しだ)缶詰(株)の鰯の缶詰などは、安くてとても美味であることをご報告しておきたい。伝統的な鰯の水揚げ地における、鰯のプロたちだ。銚子市から茨城県神栖市波崎にかけての、セグロ鰯の干物も(季節性があるが)、やはり安くて美味である。

|

« 中華パッドから考えるagile manufacturing | トップページ | Lou Reed, 2012 »

コメント

美食って、コストパフォーマンスを考えるだけで、僕は食欲をなくしてしまいます。同様に、ブランド品も。とにかく理解できない!

投稿: alarky | 2012年6月12日 (火) 19時51分

賛成です

自分がとれる可能性のあるもの以外食べなくてもいいのでは?
そんな主張をされている粗食をすすめる文章も
読んだような・・・

鰯は、今が旬ではなかったか?
ウマイっすよね!

その品も食べてみたい。折あれば

simomitu

投稿: 下光博之 | 2012年6月15日 (金) 21時49分

『理解できない』=どうなろうが別に構わない、むしろ無くてもいい という意見に思えますが、それはあまりに浅慮ではないでしょうか。

投稿: nenne | 2012年6月20日 (水) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリフォルニアのフォアグラ禁止:

« 中華パッドから考えるagile manufacturing | トップページ | Lou Reed, 2012 »