« 年金を廃止せよ | トップページ | 社畜のアイドル »

2012年4月18日 (水)

こうして「国」は戦争へ滑り落ちていく(いつか来た道)

太古より今日までの人類は、コミュニケーション不能の劣悪な下等動物である。その不能のインプリシットな巨大結晶が貨幣であり、エクスプリシットな巨大結晶が戦争であることは言を俟たない。人類のオトコは、戦争のための使い捨て生物である。言い換えると戦争は、オトコの光景が起こし、オトコの滑稽が起こす。

このたびのphallocentricおバカ都知事の島を買う発言は、オトコの滑稽の精髄であり、このようなことの積み重ねにより、「国」はどんどん戦争へと傾斜していく。こんな人がとても長く知事であることは、東京がもはや固有の都市文化をまったく持たない、単なる、巨大な人間ゴミため場にすぎないことの、表れである*。くやしかったら、もっとすてきな人を知事に選んでね。〔*: なんじゃ!、あのスカイツリー騒ぎは?。あんな、くだらんもんが今の東京の「新」なのか、みっともねー。はずかしー。上を向いて歩くな!、をしっかり読んでほしい。〕

国際司法は、まだごく初期の成長成熟過程にあるにすぎないが、読者のうち、まだ進路を決めかねている若い方々は、ぜひ国際司法(の今後のより充実)を目指して欲しい。

だいたいにおいて土地争いというものは、当事者間の話し合いが不毛なら、司法にゆだねて、その最終審判をあきらめて受け入れるのがもっとも平和なソリューションだ。だから、国と国とのあいだの土地争いは、国際司法にゆだねるのが、オンリーワンのベストソリューションである。未熟甚だしい国際司法が、一歩また前進するよすがともなろう。(しかし、あのファロファロ都知事は、当事者間の話し合いすら念頭にない脳の持ち主のようだ。おとろしい!。)

だが、男根という武器兵器のアナロジーを股間にぶら下げているオトコの光景×オトコの滑稽は、戦争になるものしかおもしろくないし、生き甲斐を感じない。オトコという心性貧しき生き物にとって、唯一の楽しいことが戦争なのだ。都市や国の政治を、今後も長く長くオトコの滑稽にゆだねていれば、この国は再び戦火に見舞われること、間違いなしである。

まじめな話、今度こそ、もっとすてきな人を知事に選んでね、東京都民のみなさま!!! (大阪の、あの、君が代おっさんも、なんか異様にキモチワリー人やけどねー、あんなんが人気投票でトップに選ばれるのもまた、いつか来た道の一環かもしれない。)


|

« 年金を廃止せよ | トップページ | 社畜のアイドル »

コメント

「大阪維新の会」や石原慎太郎は政党政治の終わりの始まりを体現している。

いずれ崩壊→終了となる。

その直前に暴発的なことが起こるかもしれない。

あと、その後どうするか?。

投稿: 南 | 2012年4月19日 (木) 08時18分

資本主義は、男根のすげ替えです。リボルバーの様にくるくると代わります。
歴代首相は構造的に、自分のやったことに責任をとれません。今回の原発事故、あるいは石原都知事の再選について「東京」は責任をとれません。東京都民は流動的で、常に入れ替わるからです。日本の経済が成長さえすれば、それでいいのです。
だから私は今は橋本氏を支持します。地方分権が進んで、東京を含む全国の人が「東京」から当事者性をとりもどしてほしいからです。核の廃棄物をどこに埋めるか、地理が絡む、経済成長では解決できない問題がある。
もちろん血で血を洗うようなことに変りませんが、自国の経済発展(もう無理ですが)のために、モンゴルに核を廃棄しようとして断られたり、中東やベトナムに売ったり、原子力産業を捨てきれない核乱射の今の日本よりは良くなるでしょう。

iwataniさんがおっしゃる国際司法がベストだとは思いますが、まだ実感が湧きません。

投稿: 長谷川 | 2012年4月20日 (金) 07時43分

テレビ無し、新聞無し、
ラジオとスマートフォン、不規則な生活の身には、
このニュースは職場での弁当の時間の食堂テレビで知りました

呆気にとられていると、同僚くんが解説してくれました

そう考えるのか、と、やっぱり情けなく感じました。

いつか来た道ならば、いよいよ人は学ばないもののようです
出来ることは、勉強して、よりよさそうな絵を描けるように
目指すことかな

選ぶなら、美しい緑、水、空気を守ります。
とか
動物虐待反対。
とか
そういう人にしておこうっと

simomitu

投稿: 下光博之 | 2012年4月22日 (日) 00時21分

選挙というのはナニカとてもおもしろいものらしいし、…。

投稿: s.hodo | 2012年4月22日 (日) 09時24分

新聞報道によると、理想の上司1位が大阪の君が代おっさんの橋下徹で、3位がイチローだそうです。

イチローにしても人としては薄気味悪い印象の残る人で、「上司」としてはどうか・・・と私は思いますが、見事に選ばれています。

(イチローの高校時代~ブレーブス・メジャーリーグにおける顔の変化していった様は、まさに「オトコ顔化」といえると思います)

オトコ的言葉・オトコ的顔に対し日本人は感性として、自然になじんでしまっています。せめて私としては「彼ら」を批判する文章の文体はオトコ的でなくありたいと思います。

投稿: nice | 2012年4月22日 (日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうして「国」は戦争へ滑り落ちていく(いつか来た道):

« 年金を廃止せよ | トップページ | 社畜のアイドル »